【目黒記念2020予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京最終レース、目黒記念に出走を予定しているタイセイトレイル、ステイフーリッシュ、オセアグレイト、ウラヌスチャーム、ボスジラの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

予想オッズ

1 タイセイトレイル 4.0
2 オセアグレイト 4.3
3 ステイフーリッシュ 4.4
4 ウラヌスチャーム 6.5
5 ボスジラ 8.1

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着
フライライクバード 2人気8着
モズベッロ 5人気7着
ディープボンド 4人気1着
タイセイビジョン 2人気4着
レッドアンシェル 5人気11着
ラヴズオンリーユー 3人気7着
スワーヴアラミス 4人気5着
クラヴァシュドール 3人気15着

日本ダービーの穴馬3頭

日本ダービー(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

日本ダービー(G1)の予想を無料で見る

目黒記念最終追い切り

タイセイトレイル

前半は調教パートナーに馬体を併せて気分よく走っていたが、途中負荷をかけた時に重心のブレや走りのリズムが崩れてしまった。その後は追っても追っても反応がイマイチで、結局相手に大きく先着を許してしまって最後は脚もバラバラになる始末。馬体はしっかりと出来ているが、今回の動きに関しては勿論高い評価は出来ない。

ステイフーリッシュ

少し頭が高く頸を使えていない点は気になるが、気分良く自分のリズムで楽に走れている点には好感が持てる。ただ、予想以上に軽い追い切りという点はマイナスで、馬なりとはいえ、最後まで加速出来なかった辺りからするとちょっと不安が先行する追い切りとなっているが…。

とはいえ、もともと追い切りで派手に動くようなタイプではないので、大きく割り引くポイントが見当たらない事がプラス材料とも言える。ただ、どちらにしても目立つような追い切りではない。

オセアグレイト

フォームの安定感と軽快な脚捌きは素晴らしく、脚捌きが軽い割には力強さのある走りとなっている点は高い評価が必要となる。相手に馬体を併せると一瞬でスイッチが入り、馬なりのままスピードに乗るとその後はあっという間に着差を広げて一人旅。

丸みのある身体とパンパンに張っているトモをみるとまずここはお釣りなしの仕上がりとなっているので、今回は前走からの上積みに相当期待が持てるのでは。まず好調とみる。

ウラヌスチャーム

フォームは沈まないが、身体を大きく使った柔軟性のある動きと軽い脚捌きが目に付く。馬体の張りはイマイチではあるが、毛艶は良好で最後まで気分を害する事なく走れているので、調子に関してはまずまずといった感じではないだろうか。

もう少し素軽さと強さが加わればほぼ完璧な追い切りと言えるが、ここに関しては特別目立っている訳ではなかったので、今回はあくまでもお釣りを残しつつの仕上がりと言えるだろう。

ボスジラ

頸の可動域は少し狭く感じるが、脚を出すリズムと軽快な脚捌きは素晴らしい。フォームに全くブレもなく、身体全体を使って馬体以上に大きく動けている点も高い評価が必要となる。相手に並びかけた時に一瞬置かれそうになったものの、その後エンジンがかかるとあっと言う間に相手の前へ出てすっと交わし去る。毛色の関係で馬体の張りは確認出来ないが、動きからすると今年一番の出来での出走になりそう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは文句無しでしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第87回 日本ダービー(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

無敗の2歳王者同士の対決となった皐月賞は、コントレイルがサリオスを半馬身差で下す結果に。3着ガロアクリークは3馬身半も後ろと、この時点では2頭の力が抜けていたことは否めない。

そこから約1ヶ月、その差を埋めることができる馬が存在するのか。はたまた、未対決の新興勢力の台頭があるのか。ダービー攻略の1つのポイントと言えるだろう。

青葉賞を制したオーソリティは戦線離脱、プリンシパルSは皐月賞9着のブラックホールが制し、京都新聞杯も皐月賞10着のディープボンドが制した。この結果からすると、『皐月賞組強し』とも見えるが、前哨戦は前哨戦。結論づけるのは早い。

また、皐月賞から2ハロン延びる距離も、大きなポイントと言えよう。コントレイルにせよサリオスにせよ、2歳時は『距離が延びていい』とのジャッジはされていなかった馬。無論、能力の高さと成長分は考慮すべきだが、気にすべき点ではある。

ダービーを攻略する上で、他にもまだまだポイントとなる点は多いが、昔から『全てのホースマンの夢』と言われる日本ダービーでは、各陣営の思惑や本音が、普段以上に表に出て来なくなることは、想像に難くないだろう。

日本ダービーは世間にも認知されているビッグイベントの1つで注目度が高いゆえ、新聞を売りたい日刊紙などが週頭から集中して取り上げる。他のスポーツがほぼ行われていない現状からすると、より力を入れることになるだろう。

だが、今年は厳しい取材制限、無観客競馬で行われるため、一般マスコミが入手できる情報はどこも同じようなものばかり、建前だけがズラリと並ぶことになる。そんな情報を頼りにしていては、運を天に任せるような行為に等しい。

弊社シンクタンクには、ダービー2勝の鉄人ジョッキー増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二、グリーングラスの安田富男といった元騎手、元調教師だけでなく、数多くの大物関係者が情報ルートとして在籍。

後輩にあたるトレセン内の関係者や、馬主や牧場、エージェントや外厩などといったところまで、電話、メール、LINEなど個別に連絡を取り話を聞くことができる情報網を確立している。

シンクタンクが入手する情報は、一般マスコミとは一線を画する、的中へと繋がる情報なのだ。

今年の日本ダービーも、多くの方々が馬券を買い、競馬を楽しまれることだろう。せっかく馬券を買うのであれば、

『本物の関係者情報を知って欲しい』

そんな思いから、今週の日本ダービーでシンクタンクが掴んでいる関係者情報と馬券候補が一気に絞れる“情報注目馬5選”を、特別に無料公開することが決定。競馬をもっと楽しみたいなら、絶対にオススメだ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第87回 日本ダービー(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク