【名鉄杯2018予想】本命ラインルーフ

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

続いて日曜の中京メイン、名鉄杯の予想を。ジュンヴァルカン、クラシックメタル、オールマンリバー、ドラゴンバローズ、コパノチャーリー、ローズプリンスダム、カゼノコ、マインシャッツ、アスカノロマンなどが出走するダート1800mのオープンクラスのレース。

当初は予想するつもりはなかったですが、予想してみると意外と買いたい馬がいたので調子も良いですしせっかくなので記事にしておきます。

なお、以前お伝えしたようにそろそろ一口馬主に関する記事を作成していく事もあり、しばらく週末の予想記事の数を大幅に減らす事になると思いますのでご了承ください。

函館記念の予想、その他追い切りなどに関する記事はこちら

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 函館記念(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

名鉄杯

本命はラインルーフ

ここ2走は大きな見せ場をつくれず大敗しているが、持ち場ではない芝のレースという事もあり参考外。ダートのレースに限ると3~5走前はどのレースも先行してしぶとさを活かし、人気薄でもしっかりと馬券に絡んでいる。

当然ではあるが、今回の芝→ダート替わりはプラスといえ、ここは外から楽に先行出来そうなメンバー構成なだけに、この馬本来のしぶとさを活かせるようなレースになる可能性は高いのではないだろうか。

中京コースは初となるが、左回りの適性に関しては未知ではあるものの、これまで坂のあるコースでは崩れていない点を考えると大幅にマイナスになる事は考え難く、むしろ好枠を引き当てた恩恵、更に5勝全て1800m戦であげている点をプラスして考えるとここはまず巻き返してくるのでは。

他の人気馬とは位置取りの差で逆転可能とみての本命とする。

相手を絞るのは少し難しいレースではあるが、ここは人気を考えると人気ブログランキングへが面白そう。

前走は力負けも2走前は力のあるところを見せており、この日も負けてしまったとはいえ、展開を考えるとかなり強いと感じるレース内容。能力はオープンでも十分通用する馬なので、ここも展開一つで上位争いに加わわれるだけの資格はあるだろう。人気落ちのここは狙い目とみる。

◎ラインルーフ
人気ブログランキングへ
▲オールマンリバー
☆ドラゴンバローズ

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 函館記念(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
函館記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去にはエリモハリアーが3連覇するなど、洋芝巧者が活躍する北海道名物のハンデ重賞。直近3年でも波乱続きで二桁人気馬が馬券に絡んでいる。昨年はタマモベストプレイ(14人気2着)、16年ケイティプライド(13人気2着)、15年ハギノハイブリット(10人気2着)と伏兵馬が波乱の立役者となっている。

過去10年の人気別の成績では、1人気[0.2.0.8]、2人気[2.0.1.7]、3人気[3.0.0.7]と1人気馬の優勝馬はなし。また、10~14人気の伏兵馬が5頭も連対している。平均配当では、馬連9840円、3連複3万8060円、3連単21万7380円となっている。

競馬セブンでは、今年も波乱の立役者となる激走穴馬の存在をスクープ!「洋芝適性があるから連れて行く」と当初から狙いを定めていたとある陣営の勝負駆け情報は紙面上には絶対に載らない裏のヤリ話!激走穴馬が馬券に絡めば特大馬券は間違いなし。週末情報がお見逃しの無いようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『函館記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

 

スポンサーリンク