【武蔵野ステークス2018予想】本命ユラノト

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、武蔵野ステークスの予想を。インカンテーション、ウェスタールンド、クインズサターン、サンライズノヴァ、メイショウウタゲ、ユラノトなどが出走するダート1600mのG3レース。

一応土曜でがっつり3連系まで手を出したいと思うのはこのレースぐらいで、その他のレースは単勝や馬連をメインに購入する予定です。

京都メインの重賞も少頭数という事もあってイマイチ買いたい欲が出てこないので、予想してしっくり来ない場合は見送る事も考えていますのでご了承ください。

追い切り、その他重賞予想の記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

武蔵野ステークス

本命はユラノト

エルムステークスを快勝したハイランドピークを下した前走のマリーンカップの内容が優秀で、意外と並んでからしぶとく食い下がられてしまったが、最終的につけた着差や直線での手応えを考えると素直に強い競馬だったと言える。

2走前の麦秋ステークスでも降級馬を相手に直線で内の狭いところを突き、外に進路を切り替えると一瞬で前を捕らえて差し切り勝ち。初重賞挑戦となったアンタレスステークスでも最後は上位に入線した馬には離されてしまうが、直線ではしっかりと見せ場をつくっており、昇級初戦での競馬としては十分すぎる内容と、ここ3走を見る限り能力は重賞でも十分足りるだけの馬だろう。

今回は初の東京ダート1600mへの対応が課題となるが、母は芝とはいえ、東京1600mの重賞を2賞しているコイウタならむしろ歓迎では。ライバル馬よりも前でレース運びが出来る利点を活かして粘りこみに期待したい。

対抗は人気ブログランキングへ※ナムラミラクル

ここは展開、鞍上を考えると本馬もそれなりに評価せざるを得ないか。着順だけみると重賞では足りない印象も、あの時はスタート直後に立ち上がってしまうぐらいの不利を受けて位置取りが悪くなってしまった事が結果に大きく影響しており、決して力負けではない。東京マイルという舞台も合っており、ここも流れに乗ってスムーズにレース運びが出来れば上位争いに加わってくるのでは。

▲にサンライズノヴァ

出遅れて後方からの競馬になったが、直線で前が残る展開の中で外から34.7秒の脚を使って完勝した去年のグリーンチャンネルカップの勝ち方が強烈だったが、今年のグリーンチャンネルカップも着差こそ僅かとはいえ、インパクトはなかなかのもの。

負けたレースでも師走ステークスやオアシスステークス、欅ステークスなど展開不向きの中でもしっかりと馬券には絡んでおり、いつも位置取りだけは気になるが、ラストの脚はG1でも通用するものを持っている馬だろう。

ただ、以前から書いているように、東京ダート1400m戦で勝つ時の内容が鮮やかすぎる点を考えるとやはりベストはそこという印象が強く、今回の距離も問題はないとはいえ、マイルがプラスに転ぶ事は考え難い。能力は間違いなく高いが、この距離、脚質、そして人気で飛びつく程の馬ではないだろう。枠もかなり微妙なだけにぶっ飛ぶ事も頭に入れておいた方がいいかも。

☆にインカンテーション

去年マーチステークスを勝って以降、馬が非常に充実しており、去年のこのレースでもサンライズソア、ノンコノユメといった馬を相手に勝利と得意の東京コースならそれなりに警戒が必要となるだろう。前走もマテラスカイには離されてしまったが、直線では致命的な位置から脚を使って2着まで追い上げており、かしわ記念、フェブラリーステークスの内容や当時の相手関係を考えると今回は当然能力上位と言える存在。

ただ、中間の動きがどうもぱっとしなかったので、いかにも休み明けという仕上げで出走してくる事も頭に入れつつの4番手となった。

◎ユラノト
人気ブログランキングへ※ナムラミラクル
▲サンライズノヴァ
☆インカンテーション
△ウェスタールンド
△イーグルフェザー
△メイショウウタゲ
△クインズサターン

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第43回 エリザベス女王杯>

アーモンドアイ不在で
浮上する穴馬とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

3冠馬アーモンドアイはジャパンCに参戦のため不在で混戦模様のエリザベス女王杯。3歳馬VS古馬勢の戦いとなるが、過去10年の成績では、3歳馬(4勝)、4歳馬(4勝)、5歳馬(2勝)となっており古馬勢が一歩リードしている。

過去10年、1人気で勝ち上がったのは11年スノーフェアリーのみ。人気馬の成績では、1人気[1.4.2.3]、2人気[1.2.2.5]、3人気[2.0.1.7]と人気馬が総崩れするケースはないが、16年は12人気シングウイズジョイが2着し3連単では15万馬券、09年には11人気クイーンスプマンテが1着、2着にも12人気テイエムプリキュアが入り馬連10万馬券、3連単150万馬券の特大馬券が出ているように大波乱になるケースもある。

ステップレースでは秋華賞組(3勝)、府中牝馬S(2勝)、オールカマー(2勝)、京都大賞典(1勝)となっている。3歳馬は秋華賞、古馬は府中牝馬Sからのローテが主流となっているが、オールカマー組からの優勝馬が2頭出ているように牡馬混合戦を戦って来た出走馬にも注目。

3歳馬VS古馬勢の戦いとなるエリザベス女王杯。秋華賞上位組からミッキーチャーム(2着)、カンタービレ(3着)、紫苑Sを勝ったノームコアなど3歳馬3頭がスタンバイ。古馬勢からは昨年の覇者モズカッチャン、昨年のヴィクトリアMを勝ったアドマイヤリードやリスグラシュー、ミスパンテール、スマートレイアーが参戦。

混戦模様で人気割れ必至だが、競馬セブンでは確信の◎「断然1強」と言える強力情報馬の勝負情報を極秘入手!週末の情報はお見逃しの無いようにご注意ください。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『エリザベス女王杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク