【長岡京ステークス2019予想】+サウジアラビアロイヤルカップ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、長岡京ステークスの予想を。アドマイヤキズナ、ミッキーブリランテ、ムーンチャイムなどが出走する芝1600mの3勝クラス、ハンデ戦。

今日のメインは少頭数ばかりなので土曜は無理せずに明日の3重賞に備えます。ただ、一応東京でサウジアラビアロイヤルカップがありますので、そちらの予想から軽く。

サウジアラビアロイヤルカップ

人気ブログランキングへ

例のごとく2歳戦のここは能力ではなく経験値を重視して印を打つ。異なる馬場、展開を経験している点と今回の枠順を評価しての本命。1戦1勝馬が人気を集めるようなら面白いレースになるのではないだろうか。

長岡京ステークス

本命はインスピレーション

前走の湘南ステークスは道中掛かり気味に追走し、向正面でハナに立つ競馬になってしまいラストは失速する形に。ただ、当日は内が荒れており、外が伸びる馬場だった事も着順に影響しているので、力を出し切っての結果ではないだろう。

2走前の1000万クラスのレースでも途中抑えが利かなくなってしまったが、内で何とか折り合いをつけて最後は前の馬を一気に飲み込む強い競馬で勝利しており、あの内容からすると3勝クラスでも能力はまず通用すると思うので、間隔をあけてガス抜きが出来ていればここは大駆けがあってもいいのでは。

今回は手の合う鞍上に手綱が戻るのもプラスになるので、道中リラックスして走る事が出来れば直線で弾けてもいい。

対抗は人気ブログランキングへ

展開不向きの中を直線外に出すロスがありながらも最後はしっかりと前との差を詰めてきた本馬が今回も怖い。脚質を考えると少頭数での競馬は歓迎といえ、マイルへの適性も非常に高いタイプなだけにまともならここは勝ち負け争いに加わってくるだろう。ただ、そのまともという言葉がこの鞍上に通用するとは思えないので、どちらかといえば脚を余して着を拾ってくるようなイメージか。

▲にサウンドキアラ

前走タイム差なしの競馬をした馬達のレベルを考えるとここは負けられないぐらいの存在なので、今回は人気でも無難に評価しなければならない。ほぼ崩れ知らずの京都での競馬も大幅なプラスで、ディープインパクト×サウンドバリアーなら間違いなくこの条件がツボの馬だろう。ハンデ53キロも明らかに恵まれた。

☆にアバルラータ

大外から上がり最速の脚を使って4着まで追い上げてきた前走の内容がなかなか強く、徐々にこのクラスにも慣れてきただけにそろそろ馬券圏内がありそうなタイミングでは。得意のマイル替わりとなる今回は前走以上の結果にも期待が持てるだろう。

◎インスピレーション
人気ブログランキングへ
▲サウンドキアラ
☆アバルラータ
△クライムメジャー
△ミッキーブリランテ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 京都大賞典(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつては秋の天皇賞へ向けた西の重賞なステップレースであったが、古馬中長距離路線もより細分化されることになり、2400mという距離から、天皇賞よりもジャパンカップ、有馬記念、牝馬であればエリザベス女王杯を意識する陣営の参戦が大半を占めるようになった。

やはり別定戦のG2と言うべきか、万馬券的中となった去年はサトノダイヤモンドが制し、キタサンブラック(2016年)、ラブリーデイ(2015年)など、近年の勝ち馬にはGⅠ馬が名を連ねるように、決してレベルの低いレースではない。

だが、今年の出走予定馬の中にGI馬の名が見当たらず、例年よりも頭数が多く、フルゲートもあり得る様相。例年とは違ったレースになることも、頭に入れておく必要があるだろう。

無論、前哨戦である以上、GIに向けた叩き台に徹する陣営もいれば、「本番では足りないのでココで勝負!」と勝負をかけてくる陣営も存在する。しかし、マスコミや新聞に出す陣営のコメントは、本音ではなく建前であることがほとんど。誰の目にも触れることができるだけに、危険コメントを出してスポンサーである馬主に余計な不快感を与える必要もなければ、他陣営から勝負気配を悟られてむざむざマークをキツくする必要がないからだ。

そもそも、近年の馬の仕上げは外厩主導、マスコミでは取材の手が及ばぬ部分で、確かな馬の状態、陣営の本音など、裏付け取りができない、無論、シンクタンクは早くから外厩の存在に注目し、しっかりと情報を収集できる態勢を整えている。

そこで、今週は京都大賞典の関係者情報を【情報注目馬5選】とともに無料公開させていただく。今後のGI戦線を占う上でも重要な1戦、しっかりと情報には目を通しておいた方がいい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 京都大賞典(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク