【ながつきステークス2019予想】+大阪スポーツ杯

スポンサーリンク


案の定風邪を引きめちゃくちゃな高熱です、おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、ながつきステークスの予想を。ウインオスカー、カフジテイク、ゴールドクイーン、シュウジ、ヒロシゲゴールド、ラインシュナイダーなどが出走するダート1200mのオープンクラスのレース。

今週も土日どちらかは雨の影響をモロに受けそうなので強気に攻める事はしませんが、とりあえず様子見という感じではなく土曜からある程度買っていこうと思います。

まずは中山メインの予想の前に阪神メイン、大阪スポーツ杯の予想を軽く。

大阪スポーツ杯

人気ブログランキングへ

ベタでもここは条件揃った本馬から。馬場が渋っても問題ない馬で、好枠を引き当てる事が出来た今回は難しい事は考えず素直に印を打つ。相手はメイショウギガースフィールドセンスの2頭。

3点勝負買い目を無料公開

ながつきステークス

本命はヴァニラアイス

この名前は何度見ても幽波紋と思ってしまうのは自分だけではないはず。冗談はさておき、前走のエニフステークスではハンデや展開など色々と恵まれての好走ではあったが、重賞級の能力の持ち主であるエアアルマスからタイム差なしの競馬に持ち込んだ点はどう考えても評価出来るもの。

2走前のユニコーンステークスでも掛かり気味になりながらも3着馬とは差のない競馬をしており、ここ2走の内容からすると本馬の能力もまずオープン級なのは間違いないので、叩き2走目の上積みに期待が持てる今回は前走以上がありそうな気も。

立ち回りが上手い点や脚抜きの良い馬場になっても対応出来る点は今回の舞台を考えると非常に魅力で、再びハンデ52キロで競馬が出来るここなら素直に軸でいい。

対抗は人気ブログランキングへ

近走の内容は冴えないが、前走をひと叩きされ得意な条件を使ってきた今回は巻き返しに期待が持てる。こちらも仮に馬場が渋っても問題ない馬で、ある程度の位置で競馬が出来る強みを活かせば簡単に垂れる事はないのでは。

ゴールドクイーン

前走の大敗は自分の形に持ち込めなかった事に加えて1600mという距離が影響したか。よって距離短縮に加えて展開面も味方しそうな今回はさすがに前走のような事にはならないだろう。

クイーンズテソーロ

今回のメンバーで雨で大きくパフォーマンスを上げてきそうなのが本馬。パンパンの良馬場であればここまでの印は打たないが、馬場が渋るようなら穴馬として思い切って評価を上げてみたい一頭で、逆に雨が降らないようであれば普通に評価を下げてシュウジの評価を上げるのもありと思っている。

◎ヴァニラアイス
人気ブログランキングへ
▲ゴールドクイーン
☆クイーンズテソーロ
△シュウジ
△シャインヴィットゥ
△ラインシュナイダー
△ナンチンノン
△ヒロシゲゴールド
△ベック

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第65回 オールカマー(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年の競馬は、外厩制度と仕上げ技術の向上によって、いわゆる王道ローテーションが形骸化しつつある。天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念からなる秋古馬三冠だが、3戦全て出走するような有力馬はホボいなくなった。そこには、有力馬を多数抱える大手生産者グループ、中でも今の競馬界を席巻するノーザンファームの“使い分け”によるところが大きい。

かつて、オールカマーは天皇賞にあまり直結しないステップとして知られていたが、去年の勝ち馬レイデオロはココから始動して本番もキッチリと制覇。2着アルアイン、3着ダンビュライトと、ノーザンファーム生産馬が上位を独占する結果となった。2万0150円的中となったその前年も、ルージュバックとステファノスのノーザンファーム生産馬によるワン・ツー決着と、やはり古馬中長距離路線はノーザンファームの思惑抜きで馬券を考えるのは極めて難しいと言えるだろう。

今年も連覇がかかるレイデオロが参戦。宝塚記念の敗戦からリスタートとなる1戦だが、主戦のルメール騎手は同日の神戸新聞杯のサートゥルナーリアに乗るため、代打として福永騎手が手綱を取ることになった。これまで、騎乗停止以外ではルメール騎手以外が乗ることのなかった馬に、別の騎手が乗るという意図はどこにあるのか。まして、ルメール騎手はノーザンファームの主戦である。この表にまず出ない思惑は重要なポイントとなるだろう。

もちろん、ノーザンファームの思惑だけで的中を掴めるわけではない。中山はトリッキーで適性が大きく影響するコースだけに、「中山なら一発あっていい」「ウチはココ狙い」と大駆けを狙う陣営が例年少なくない。高配当決着の可能性も秘めているレースなのだ。

競馬界の大物OBや大物関係者が情報ルートとして名を連ね、業界最高峰の情報網と自負するシンクタンクには、あらゆる関係者から話を入手することができ、世間一般には公表されないような陣営の思惑、裏ネタなども把握することができる。そうした情報を、我々は公開できる限りでお伝えしている。今週はオールカマーの関係者情報と、【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。毎年、天皇賞、ジャパンカップといったGIにも繋がる情報も少なくないので、チェックしておくことを強くオススメする。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第65回 オールカマー(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク