【名古屋大賞典2021予想】

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は11日の名古屋メイン、名古屋大賞典の予想を。メイショウカズサ、ウインユニファイド、クリンチャー、ロードブレスなどが出走するダート1900mのJpn3レース。

なお、こちらの名古屋大賞典の予想はnote内での公開となります。

【名古屋大賞典2021予想】

先日のユングフラウ賞の大爆発を含めて地方は現在4連勝と完全に波に乗り返しました。

金盃予想結果

1着☆マンガン
2着○トーセンブル
3着◎サウンドトゥルー

3連複 1,960円

3連単 14,450円

雲取賞予想結果

1着〇ランリョウオー
2着◎トランセンデンス
3着△タブラオ

3連単 1,170円

ユングフラウ賞予想結果

1着▲ウワサノシブコ
2着◎ケラススヴィア
3着〇グロリオーソ

3連複 1,980円

3連単 32,680円

更に先日川崎で行われたエンプレス杯は大きな馬券を後一歩で逃してしまいましたが、こちらもそこそこ上手くいきました。

エンプレス杯予想結果

1着◎マルシュロレーヌ
2着▲サルサディオーネ
3着△マドラスチェック

3連単 14,920円

▲サルサディオーネが頭なら、△ダノンレジーナが3着なら、という結果でもありましたが、この組み合わせで万馬券なら上々でしょう。

予想にプリンシアコメータかサルサディオーネの食い込みがポイントと書きましたが、この読みが当たって今週も美味しい配当にありつけました。

この配当なら3連複も…と思ってしまいますが、余ったお金で買い足した馬連などもハマり、地方はこれで4連勝。中央の勝負レースでも弥生賞の◎タイトルホルダーの頭の馬券で勝負など良い感じに乗れているので、この勢いで地方は大井のフジノウェーブ記念を含めて6連勝を狙います。

【名古屋大賞典2021予想】

今回の名古屋大賞典も先日のエンプレス杯のようにちょっとしたズレ、印の付け方がポイントになるレースだと思いますので、ここも噛み合えば美味しい配当にありつけるのではないでしょうか。

──────────────

馬券の中心はデアリングタクトではない!

【金鯱賞買い目無料公開】

先週も勝負レースで特大万馬券的中!

3/7 阪神10レース

◎ソシアルクラブ
穴ジュランビル

3連単 9万660円
3連複 1万8800円
馬連  4830円

勝負レースで
毎週のように万券的中!

【金鯱賞買い目無料公開】

名古屋大賞典

地方競馬2021年予想結果

報知オールスターカップ ◎タービランス△マンガン▲サウンドトゥルー
ニューイヤーカップ 〇トランセンデンス◎ジョーロノ▲サヨノグローリー
船橋記念 競争中止
TCK女王盃 ◎マルシュロレーヌ▲レーヌブランシュ☆プリンシアコメータ
川崎記念 ハズレ
シンデレラオープン トリガミ
佐賀記念 ハズレ
報知グランプリカップ ハズレ
金盃 ☆マンガン○トーセンブル◎サウンドトゥルー
雲取賞 〇ランリョウオー◎トランセンデンス△タブラオ
ユングフラウ賞 ▲ウワサノシブコ◎ケラススヴィア〇グロリオーソ
エンプレス杯 ◎マルシュロレーヌ▲サルサディオーネ△マドラスチェック

ここまで地方は12戦7勝と勝ち越せていますので、今週もガッツリ貯金を増やして週末に向かいたいと思います。

最後に名古屋大賞典の注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

相手はかなり強いが、ハンデやコース適性を活かせば上位食い込みがあっても驚けない。

なお、名古屋大賞典の予想はnote内での公開となります。

【名古屋大賞典2021予想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第57回 金鯱賞(G2)>

3冠牝馬デアリングタクトを
脅かす穴馬は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

大阪杯のステップレースとなる金鯱賞。12月開催で行われていたが17年から新設されてGI大阪杯のステップレースとして3月開催に移行。

2000年以降の勝ち馬では、メイショウドトウ(GI・1勝)、ツルマルボーイ(GI・1勝)、タップダンスシチー(GI・2勝)、エイシンデピュティ(GI・1勝)、アーネストリー(GI・1勝)、ルーラーシップ(GI・1勝)、スワーヴリチャード(GI・2勝)、ダノンプレミアム(GI・1勝)、サートゥルナーリア(GI・2勝)などのGI馬(海外含む)が多数。

過去10年、人気別の成績では、1人気[5.1.1.3]、2人気[1.1.2.6]、3人気[1.0.1.8]と上位人気馬で7勝。平均配当では馬連3760円、3連複1万1970円、3連単5万6490円。馬連3桁配当は1度のみ、3連単最高配当は19万2050円。

二桁人気馬は17年スズカデヴィアス(13人気③着)1頭が馬券圏に好走したが、大荒れになるケースは少ない。直近7年でも1人気が5連対しておりヒモ荒れ傾向のレース。

今年は昨年の3冠牝馬デアリングタクトがスタンバイ!ジャパンカップでは古馬相手に初黒星を喫した。今春は金鯱賞から始動する。レース間隔が詰まるため大阪杯出走は微妙だが、東京開催のヴィクトリアM・安田記念が視野に入っており今年緒戦の走りは注目。その他では、グローリーヴェイズ、キセキ、ペルシアンナイトなどのGI馬やサトノフラッグ、4連勝中の上がり馬ポタジェなどが出走予定。

競馬セブンでは、ここが目一杯勝負の大駆け馬や人気薄の勝負情報を独占入手すみ。人気薄の勝負馬が馬券に絡めが好配当間違いなし。週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『金鯱賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第57回 金鯱賞(G2)>

3冠牝馬デアリングタクトを
脅かす穴馬は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク