【名古屋グランプリ2020予想】本命サウンドトゥルー

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は10日の名古屋メイン、名古屋グランプリの予想を。ミツバ、マスターフェンサー、ロードゴラッソ、ダイシンインディー、サクラアリュールなどが出走するダート2500mのJpn2レース。

なお、本日大井で行われる勝島王冠の予想は既に更新済みです。

【勝島王冠2020予想】

まずは今日の勝島王冠をサクッと当てて週末の香港国際競争に繋げたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在7年連続的中、阪神JF!

今年の◎は無敗のソダシ、メイケイエールではない!

【阪神JF注目穴馬】

東京スポーツ杯2歳S注目馬5選

ドゥラヴェルデ
タイトルホルダー5人気→2着
ダノンザキッド1人気→1着
レインフロムヘヴン
ジュンブルースカイ3人気→3着

福島記念注目馬5選

バイオスパーク2人気→1着
テリトーリアル5人気→3着
ヴァンケドミンゴ1人気→2着
マイネルサーパス
ドゥオーモ

武蔵野S注目馬5選

ケンシンコウ
エアスピネル8人気→3着
サンライズノヴァ3人気→1着
ワンダーリーデル
タイムフライヤー

富士ステークス注目馬5選

サトノアーサー
ヴァンドギャルド5人気→1着
スマイルカナ
シーズンズギフト
ケイアイノーテック6人気→3着

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

毎日王冠情報注目馬5選

ザダル
ダイワキャグニー4人気→2着
サンレイポケット5人気→3着
サトノインプレッサ
サリオス1人気→1着

【阪神JF注目穴馬】

名古屋グランプリ

サウンドトゥルー

前走のJBCクラシックはさすがに相手が強すぎて歯が立たなかったが、近走のレース内容や結果を見る限り、相手というよりも距離が響いての着順だと思うので、待望の距離延長となる今回は巻き返しに期待が持てそう。

強烈に強かった2走前の東京記念、中央馬に割って入ったダイオライト記念、そしてほぼ馬なりで楽々2着以下をぶっちぎった金盃などこれまで2400m以上のレースでは3.0.1.1とほぼ崩れておらず、最近で勝ち星をあげているのも全て2400m以上のレースとなれば初の名古屋、更に中央馬が相手となるここも上位に食い込んでくる可能性はそれなりに高いのではないだろうか。

相手の緩い勝島王冠ではなく、おそらく距離を重視してこちらの名古屋グランプリを使ってきていると思うので、陣営も色があっての参戦なのだろう。

人気ブログランキングへ

これまでの実績からして初の2500mという距離がマイナスに転ぶ事はないと思うので、どこかのタイミングで上手く内に滑り込めばまず勝ち負け争いに加わってくる一頭と言えるか。ただ、これまで使ってきたレースと今回のレースは条件が全く異なるだけに、何かに足元をすくわれてしまう可能性もそれなりに高そう。

ロードゴラッソ

地方では割り引きたくなる鞍上への乗り替わりはマイナスも、こちらも初の2500mという距離がプラスに転びそうな一頭なので、この距離であれば近走の詰めの甘さが改善される可能性も。

サクラアリュール

まだまだこれからの馬だと思うが、相手が揃わなかったここなら鞍上の腕だけで上位争いに加わってくるか。それでもあまり強い馬だとは思わないので、今回は半信半疑での4番手となる。

◎サウンドトゥルー
〇マスターフェンサー
▲ロードゴラッソ
☆サクラアリュール
△ミツバ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第72回 阪神JF(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

関係者の間では2歳戦は『情報が命』と言われている。

なぜならば、出走馬のほとんどがキャリア数戦しかしておらず、データなど数字面でジャッジする材料が決定的に不足しており、世間一般レベルで入手できる情報量が他のレースに比べて圧倒的に少ないからだ。

しかも、若駒は時計を一気に詰めるなど、隠されていたパフォーマンスをいきなり発揮することもあるため、数字だけでは推し量るには限界がある。

騎手、厩舎、牧場など、直接、馬に関わる人間が知っている情報の非常が重要となってくるのだ。

確かに、新聞などのマスコミのみならず、今は現役関係者もSNSを通じて発信することも多くなり、競馬ファンが情報を入手しやすい時代になった。

だが、誰の目にも触れられる情報はあくまで表向きの建前ばかり、本音を出さないのは不変の事実。

例えば、厩舎が「全然、勝負になりません」などとバカ正直にコメントを出したとすれば、所有する馬主が喜ぶはずもなくマイナスにしからなない。

厩舎にとって一番大事なのはスポンサーである馬主。ファンの馬券ではないのだ。

逆に「絶好調!一発狙ってます」などと強気なことを言えば、他陣営から余計なマークを受けるだけでなく、結果が伴わなかった時、馬主の落胆も大きくなる。

本音を公言することは、自分たちにとっては一銭の得にもならず、むしろ不利益になるリスクの方が大きいのは明らかだ。

こうした本音を教えてもらえるのは、関係者と親しい一部の人間のみ。

弊社シンクタンクにはハイセイコーの増沢末夫を筆頭に数多くの競馬界の大物OBが情報ルートとして在籍しており、厩舎、騎手、馬主、生産者、外厩、生産牧場、エージェントなど幅広い関係者達と信頼関係を築いているから、どの陣営からも本音を聞くことができる。

事実、阪神JFは現在7年連続的中、過去10年でも8勝、万馬券的中3回を誇っている。世間では難解な2歳戦でもジャッジに迷うことなく、儲けやすい当社ドル箱GIとなっている。

論より証拠。今週は特別に阪神JFで弊社シンクタンクだから入手できる関係者情報とともに、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。

特に、去年1番人気リアアメリアから馬券を買って外してしまった方は、ぜひともこの情報を入手することを強くおすすめしたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第72回 阪神JF(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク