【中山牝馬ステークス2021予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、中山牝馬ステークスに出走を予定しているアブレイズ、サトノダムゼル、ドナアトランテ、リアアメリアの最終追い切りに関する記事を。

なお、こちらの中山牝馬ステークスの予想や土曜、日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【中山牝馬ステークス2021予想他】3月13,14日勝負レース

昨日行われた名古屋大賞典は一応的中したものの、相手の印が微妙で微プラ。

名古屋大賞典予想結果

1着◎クリンチャー
2着△バンクオブクラウズ
3着☆ロードブレス

3連単 2,400円

無難に☆ロードブレスに対抗を打つ事も考えましたが、ここはあえて攻めました。結果を見た瞬間トリガミかと思いましたが、2着馬の人気が案外地味だったので、ここはダサイですが配当に助けられる形に。

これでフジノウェーブ記念に続いて2日連続の微プラとなりましたが、中央と同じくヒットを繰り返してホームランを打つのが自分のスタイルでもありますので、ここは負けなかった事が全てでしょう。

地方でもハマればユングフラウ賞のような特大ホームランが出ますので、連勝を伸ばせた事を素直に喜んでおきます。

これで地方は6連勝。ここから去年のような無双が続くはず。

【中山牝馬ステークス2021予想他】3月13,14日勝負レース

2021年追い切り注目馬

ククナ 1人気4着
ベッラノーヴァ 6人気3着
グラティアス 1人気1着
アナザートゥルース 7人気2着
サトノフラッグ 2人気11着
モズスーパーフレア 1人気17着
レッドルゼル 1人気1着
トリプルエース 2人気7着
ヨーホーレイク 2人気2着
ククナ 1人気3着
モズベッロ 5人気8着
エフフォーリア 4人気1着
マリアズハート 11人気12着
レッドルゼル 3人気4着
レシステンシア 1人気1着
トーセンスーリヤ 4人気5着
テンハッピーローズ 6人気10着
カレンモエ 1人気2着
ダノンザキッド 1人気3着

──────────────

馬券の中心はデアリングタクトではない!

【金鯱賞買い目無料公開】

先週も勝負レースで特大万馬券的中!

3/7 阪神10レース

◎ソシアルクラブ
穴ジュランビル

3連単 9万660円
3連複 1万8800円
馬連  4830円

勝負レースで
毎週のように万券的中!

【金鯱賞買い目無料公開】

中山牝馬ステークス最終追い切り

アブレイズ

これといって目立つ追い切りではなく全体的に地味な印象を受けるが、胸が広い割には動きに力強さを感じられるので、徐々に良い頃の動きに戻りつつある。最後まで馬なりの楽な調整だったが、しっかりと身体を使って動けているので、負荷をかけていればまた動きも違ったのでは。まずまずの出来か。

サトノダムゼル

全体的な時計は地味ではあるが、動きは軽く、馬体以上に大きさを感じる迫力のある追い切りとなった。脚、頸を出すリズムも合っており、追われてからスッと加速してきっちりと脚を使い切れた点にも好感が持てるので、この出来ならまず力は出し切れるだろう。

胸は狭いが、脚もとに硬さを感じる訳ではないので、ここに関しては大きく割り引く必要はない。

ドナアトランテ

馬なりの楽な調整だったので今回の動きだけでは出来を判断するのは難しいが、最後までしっかりと相手と馬体を併せて負荷をかけられている点はプラス。ただ、馬体が少しギリギリのようにも見えるので、もしかすると馬体重の維持に苦労している可能性もなくはなさそうな気も。

リアアメリア

身体がひと回り大きくなった事で動きに迫力を増しているが、以前感じられた素軽さもしっかりと引き継がれているので、これは非常に良い歳の取り方をした。

ただ、癖の強い走りは相変わらずで、内面が大きく成長していない点にはやはり不安を感じてしまうというのが正直な答えとなる。

それでもグイグイと手応え以上に力強く伸びていく姿を見ると積まれているエンジンの大きさはさすがという感じなので、本馬の良さを削ぐ事なくスムーズな競馬に持ち込めばあっさりまであってもいい気もするが…。どちらにしてもピンパータイプか。

予想オッズ

1 リアアメリア 3.0
2 ドナアトラエンテ 3.4
3 フェアリーポルカ 5.1
4 シャドウディーヴァ 7.4
5 ランブリングアレー 12.5

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

中山牝馬ステークスの予想や土曜、日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【中山牝馬ステークス2021予想他】3月13,14日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第57回 金鯱賞(G2)>

3冠牝馬デアリングタクトを
脅かす穴馬は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

大阪杯のステップレースとなる金鯱賞。12月開催で行われていたが17年から新設されてGI大阪杯のステップレースとして3月開催に移行。

2000年以降の勝ち馬では、メイショウドトウ(GI・1勝)、ツルマルボーイ(GI・1勝)、タップダンスシチー(GI・2勝)、エイシンデピュティ(GI・1勝)、アーネストリー(GI・1勝)、ルーラーシップ(GI・1勝)、スワーヴリチャード(GI・2勝)、ダノンプレミアム(GI・1勝)、サートゥルナーリア(GI・2勝)などのGI馬(海外含む)が多数。

過去10年、人気別の成績では、1人気[5.1.1.3]、2人気[1.1.2.6]、3人気[1.0.1.8]と上位人気馬で7勝。平均配当では馬連3760円、3連複1万1970円、3連単5万6490円。馬連3桁配当は1度のみ、3連単最高配当は19万2050円。

二桁人気馬は17年スズカデヴィアス(13人気③着)1頭が馬券圏に好走したが、大荒れになるケースは少ない。直近7年でも1人気が5連対しておりヒモ荒れ傾向のレース。

今年は昨年の3冠牝馬デアリングタクトがスタンバイ!ジャパンカップでは古馬相手に初黒星を喫した。今春は金鯱賞から始動する。レース間隔が詰まるため大阪杯出走は微妙だが、東京開催のヴィクトリアM・安田記念が視野に入っており今年緒戦の走りは注目。その他では、グローリーヴェイズ、キセキ、ペルシアンナイトなどのGI馬やサトノフラッグ、4連勝中の上がり馬ポタジェなどが出走予定。

競馬セブンでは、ここが目一杯勝負の大駆け馬や人気薄の勝負情報を独占入手すみ。人気薄の勝負馬が馬券に絡めが好配当間違いなし。週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『金鯱賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第57回 金鯱賞(G2)>

3冠牝馬デアリングタクトを
脅かす穴馬は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク