【オーシャンステークス2018注目馬】ペルシアンナイト敗因

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は先週の重賞の予想結果と中山記念で人気を裏切る形となったペルシアンナイトの馬体回顧の記事を少し。なお、今週からしばらくの間はブログの更新時間が適当になります。以前触れたように一応週末の予想に関しても一旦終了という形とさせて頂きますが、軽くでもいいので続けて欲しいというお声を沢山頂いておりますので、予想するレースの数や記事の内容はかなり薄くにはなりますが時間をみつけて極力更新していこうと思います。また落ち着き次第徐々に以前のペースに戻せていけたらと思いますのでしばらくの間はマイペース更新をお許し頂けたらと思います。

まずは今週一番面白そうな重賞、オーシャンステークスの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは条件が好転するこの馬が面白いでしょう。枠順次第では今週末の勝負レースとなりそうです。さすがに2週続けてマイナス収支を出す訳にはいかないので今週は何としても結果を出します。

【PR:中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼

今週の勝負レースは「オーシャンステークス」です!

是非情報指数をご覧になってみてください!

登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓ 無料登録 ↓

今週から指数情報、無料予想を受け取る

阪急杯予想結果

1着△ダイアナヘイロー
2着△モズアスコット
3着〇レッドファルクス

8着◎ディバインコード

想像していた以上に位置取りが後ろに。最後はジリジリと伸びてはいたものの、さすがにあの展開だと切れ負けしてしまいますね。ここは普通に下手な予想をしてしまいました。

中山記念予想結果

1着△ウインブライト
2着△アエロリット
3着☆マルターズアポジー

4着◎サクラアンプルール

直線ではまず馬券になると思いましたが最後は思ったよりも伸びず。あの展開で来れないのは意外でした。ただ、このレースに関してはかなり収穫があったので次回のレースにしっかりと活かしたいと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

3月4日(日) 中山12R

凄腕馬券師の【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

中山記念馬体回顧

ペルシアンナイト

中山記念のパドック

前走からマイナス6キロでの出走。富士ステークス、マイルチャンピオンシップと比較すれば今回は富士ステークスの時の気配と似ていた。まず前走と比較すると皮膚の厚みが全く別物。

マイルチャンピオンシップのパドック

多少カメラワークなどもあるが静止画でもわかるようにトモの張りと皮膚の厚み(全体的な筋肉の厚み)が全く違って見える。もう一つ大きく違う点はやはり内面で、馬体展望で触れたように、(中山記念で)一つだけ不安点をあげるとするなら前回(富士ステークス)の休み明けで感じた気配で、おそらく休み明けからいきなりスイッチが入るようなタイプではないだけにあまりにも馬がボケっとしているようなら取りこぼしがあっても、という点がそのまま当てはまる。

今回の中山記念のパドックでは馬体は非常に良くみえたが、上のクラスになればパドックは他馬との比較ではなく、その馬の前走、前々走との比較で出来の良し悪しを判断するのが正解。今回のパドックの気配と結果で分かった事は、ペルシアンナイトの出来と状態を判断するのはまず手綱から伝わる力強さ(手綱が緩いと感じるなら内面のスイッチが入っていない)、馬体の厚み(少し重苦しいと感じるぐらいがベスト)、肩とトモの筋肉の張り、この辺りはあまり馬体を見慣れていなくても簡単に判断出来るのではないだろうか。

当然今回負けたのは展開など色々と理由があるのは間違いないが、手綱から伝わる力が物足りない、馬体が薄い、トモの張りもイマイチと感じた=今回の出来と思っていいので、負けた理由は少なからずここにもある。中山記念の馬券は取れなかったがこのポイントをしっかりと押さえて次走以降の競馬に活かしたい。

オーシャンSの注目馬はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第55回 弥生賞(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
弥生賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

牡馬クラシック第一弾・皐月賞の前哨戦となる弥生賞。コースや距離も同条件となり本番前の重要なトライアルレースとなる。過去の勝ち馬には名馬揃い。3冠馬ディープインパクトを筆頭にクラシック路線での活躍馬や古馬でもGI戦線で中心になっていた馬が多く出世レースでもある。弥生賞を勝てば将来の出世は約束されたものになる。

過去20年の弥生賞で成績上位の騎手では武豊(5勝2着4回)、福永祐一(3勝2着1回)、横山典弘(1勝2着4回)と3人が弥生賞での連対が多い。過去10年、中山2000Mでの騎手の成績(20回以上騎乗)、ベスト5はC.ルメール[14.7.5.23]連対率42.9%、M.デムーロ[4.9.1.23]連対率35.1%、川田将雅[6.4.2.21]連対率30.3%、戸崎圭太[28.26.17.119]連対率28.4%、福永祐一[6.9.7.32]連対率27.8%。美浦所属で騎乗回数の多い戸崎の連対率の高さが目立つ。

90年以降、無敗で弥生賞を制したのはフジキセキ、アグネスタキオン、ディープインパクト、ロジユニヴァース、サトノクラウン、マカヒキの6頭。今年は朝日杯FSを制した2歳王者ダノンプレミアム(3戦無敗)、東スポ杯2歳Sの勝ち馬ワグネリアン(3戦無敗)、オブセッション(2戦無敗)、ホープフルS2着馬ジャンダルム(3戦2勝)などの素質馬が激突。無敗馬3頭の対決にも注目が集まるが、前哨戦を制するのは果たして!?

競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済ですので週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済ですので週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『弥生賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第55回 弥生賞(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
弥生賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク