【中山記念2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、中山記念に出走を予定しているウインブライト、エポカドーロ、ステルヴィオ、スワーヴリチャード、ディアドラ、ラッキーライラックの最終追い切りに関する記事を。

何とか画像は追加出来るようになりましたので、今後不具合がなければ画像がイメージになる事はないと思います。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

その他週末の重賞に関する記事はこちらから。

【阪急杯2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

中山記念最終追い切り

ウインブライト

今週も身体全体を使った動きが目に付く。フォームも安定しており、脚捌きのスムーズさをみてもやはり出来落ちはないと思っていいだろう。追われてからの反応がイマイチのように感じたが、エンジンがかかるとしっかりとスピードに乗って脚を使えており、強く追われた調教パートナーを相手に馬なりで抜き去るところまでやれた点は評価しておく。

エポカドーロ

前半は霧の影響で動きが確認出来ず。後半は今週も活気があるキビキビとした動きで楽な手応えの割には身体の使い方が美しく感じた。ただ、先週よりも内面が表に出ており、多少うるさい面が出てきた事が当日どこまで影響してくるか。おそらくここが久々の分だろう。

先週同様にラストの弾け方も甘く感じるので、同じ休み明けである神戸新聞杯との比較になると一段階劣っていると思っていいのでは。それでも高いレベルで馬体、動きは安定しているので、7割ぐらいの出来での出走となるか。

ステルヴィオ

今週は3頭併せの真ん中で負荷をかけてきた。先週の段階ではまだまだ馬にスイッチが入っていなかったが、一度動かした事で内面がかなり活性化しており、追われた時の反応や脚捌きにかなりの違いを感じた。

今週も調教パートナーを突き放す程の動きではなかったものの、強めに追った相手を馬なりであっさりと交わしており、これだけ手応えに余裕があれば前哨戦の出来としてはほぼ完璧と思ってよさそう。お釣りを残しつつの仕上げではあるがそれにしても良くつくられた。

スワーヴリチャード

相変わらず硬さは残っており、可動域が狭い事が影響して動きがいつも以上に小さく感じる。いつもなら調教パートナーをぶっちぎるぐらいの馬ではあるが、今回は結局最後まで相手に食らい付かれてしまい、本来の弾けっぷりはみられず。

ただ、調教パートナーもかなり走れている部類に入るので、今回の着差だけで動きなどを判断するのは危険と言えるが、去年のいい頃との比較になると比べ物にならないぐらいの出来である事は確か。

ディアドラ

霧の影響で前半は動きが全く確認出来ず。動きが確認出来た頃にはもう馬が軽く流す態勢に入っているので、さすがにここだけで動きを評価する事は出来ないが、おそらく前半はそれなりに負荷をかけて追っていたのではないだろうか。

硬さも全く感じられない柔らかみのある動きで、ゆったりと大きなフォームはいい意味で牝馬らしくない。内面にもある程度スイッチが入っているので、前哨戦とは言っても恥ずかしい競馬にはならないのでは。

ラッキーライラック

しっかり負荷をかけてきた事は評価出来るが、脚が外へ流れているので手応え以上にスピードが出ない。前の馬がラッキーライラックの追い出しを待つような場面がみられるも、結局馬なりで千切られてしまい、最後まで並びかける事は出来ず。馬体に緩さも残っているので、出来に関してはまだ完調一歩手前といったところでは。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

中山記念ではこの馬に注目。案外人気的にも狙えそうなので面白いのでは。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第93回 中山記念(G2)

スワーヴリチャードの
首を狙う激走穴馬が!?

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年はドバイ遠征の前哨戦として一線級の参戦が増えていたが、一昨年に大阪杯がGIに昇格したことにより、大阪杯の前哨戦という位置づけも加わったことで、更に好メンバーが揃いやすい条件となった。しかも、1800mという施行距離からマイル路線の有力馬たちも参戦することになり、今後を占う上でも非常に注目度の高いレースとなっている。

今年の参戦予定馬にはスワーヴリチャード、ディアドラ、ステルヴィオ、エポカドーロ、ラッキーライラックなどGI馬の名前がズラリ。春競馬を占う一線級のメンバーが揃うことになった。

ただ、留意しておかねばならないのは、多くの陣営にとって、ココはあくまでも“前哨戦”であるということ。実は、過去10年で1番人気は3頭しか馬券に絡んでおらず、これは実績馬が活躍できていないことを如実に表している。GI馬を始め、既に賞金を持っている実績馬にとって、あくまでも目標はこの先で、前哨戦の結果に拘る必要はないのだ。

しかし、公正競馬を謳う以上、レースに出走するからには「ココは叩き台で次が勝負」「結果には拘っていない」というホンネを、公に伝えるわけにはいかない。だから、世間一般に出回る話は当たり障りのないものが大半となり、一般ファンは”一銭もイラナイ”ような人気馬を買ってしまう羽目になるのだ。

無論、元騎手・元調教師を始めとした競馬界の大物関係者が情報ルートとして在籍しているシンクタンクにとって話は別。騎手、厩舎はもちろんのこと、一般ファンでは関わることが難しい馬主、近年重要視されている外厩などにもパイプを持ち“本当の関係者情報”を入手している。

今週の中山記念でも、虎視眈々と一発を狙っている『激走穴馬』の情報を既にマーク済み。大物競馬関係者が『鉄板級』と評価する本命馬との1点で決まれば、高配当決着になる可能性も十分だ。そこで、今週は【中山記念・◎-穴1点馬券】を特別無料公開させて頂く。このチャンスに、是非シンクタンクの情報力を体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第93回 中山記念(G2)

スワーヴリチャードの
首を狙う激走穴馬が!?

ココをクリック!

 

スポンサーリンク