【アクアマリンステークス2019予想】本命アッラサルーテ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、アクアマリンステークスの予想を。イサチルホープ、タケショウベスト、ダイトウキョウ、アッラサルーテ、ニシオボヌール、ショウナンアエラなどが出走する芝1200mの準オープンハンデ戦。

まずは本題の前に阪神メイン、仁川ステークスの予想を軽く。

仁川ステークス

人気ブログランキングへ

何頭か買いたい馬がいるレースではあるが、その中でも1番人気がないこの馬を本命に。近走は全くいいところなしの競馬が続いているが、コース替わりに加えて久々に手の合う鞍上に乗り替わる今回は大きな変わり身に期待が持てそうで、ここは展開もこの馬に味方するのでは。軸が軸なので相手は手広くいきたいが、本線は3枠の2頭、コスモカナディアンアスカノロマンあたりを考えている。

その他週末の重賞に関する記事はこちらから。

【阪急杯2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

【中山記念2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

アクアマリンステークス

本命はアッラサルーテ

前走の南総ステークスは内でレース運びをした馬が上位を占める中、外から追い込んで勝ち馬からタイム差なしの2着と強い競馬で結果を残しており、引き続き同じコースを使ってきた今回は南総ステークスに続いて厚い印を打つ必要があると判断。牝馬で54キロを背負うのは楽ではないが、他に買いたい馬が思いのほか人気になっているレースなので、ここは一番無難な本馬に本命を打つことにした。ただ、スパッと勝ち切ってくるタイプではないので、単というよりも複向きの馬か。よって相手は勝ち切る可能性が高そうな馬から選択する。

対抗は人気ブログランキングへ

前走の結果からもう少し人気を落とすと思っていたがこの人気であれば印は対抗まで。ただ、適性距離に戻る今回は巻き返しに期待が持てそうで、極端な展開にならない限りはラストは確実に脚を使ってくるのでは。

▲にショウナンアエラ

こちらも予想以上に人気になっているが距離短縮で巻き返しに期待が持てそうなので無難に評価しておくが、先行馬が少ないとは言っても今回の枠順はあまり歓迎とは言えないので、出方次第では惨敗まであっても。楽に前で競馬が出来ればバタッと止まる事はなさそうではあるが…。

☆大穴にサンクタリリアス

久々の芝と今回の相手関係がどう出るかわからないが、裸同然のハンデ50キロに加えて穴をあけるにはもってこいの内枠を引けたここは大敗覚悟で上位評価しておく。先週のダイヤモンドステークスのサンデームーティエもそうだったが、この手のタイプはテルヲのツボでもあるので、とにかく手の合う馬に乗った時は積極的に狙うのがセオリーだろう。当然馬券はここからも軽く買っておく。

◎アッラサルーテ
人気ブログランキングへ
▲ショウナンアエラ
☆大穴サンクタリリアス
△ダイトウキョウ
△イオラニ
△ニシオボヌール

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第93回 中山記念>

GI馬6頭が参戦する豪華メンバー
危険な人気馬の存在とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

GI大阪杯、ドバイ遠征の前哨戦としてGI馬が今年緒戦として始動する。昨年はヴィブロス、ペルシアンナイト、アエロリットのGI馬が参戦したが、今年もスワーヴリチャード、ステルヴィオ、ディアドラ、エポカドーロ、ヴィブロス、ラッキーライラックなど6頭のGI馬が参戦する豪華メンバー。

10年には13人気トーセンクラウンが1着、12人気テイエムアンコールが2着となり馬連1万8080円、3連単6万6160円、3連単53万4940円の大波乱となったが、近年は伏兵馬の激走もなく比較的順当な結果となっている。近10年の人気別の成績では、1人気[2.0.1.6]、2人気[4.1.1.4]、3人気[3.1.2.4]と上位人気馬が9勝しており馬券圏に外れたのは1度のみ。平均配当は馬連4830円、3連複1万6300円、3連単10万9200円。

同レースは、過去10年でも前走GI戦出走馬が7勝(2着5回)を挙げており格の違いを見せつけている。年齢別の成績では4歳馬(4勝)、5歳馬(3勝)、6歳馬(2勝)、8歳馬(1勝)と4歳馬が一歩リードしているが、4~6歳馬は連対率6割と互角。

昨年はウインブライトがGI馬に勝利。叩き台で使う陣営、ココが目イチ勝負の陣営など、勝負度合いは明白。今年も6頭のGI馬が出走するが危険な人気馬の存在を独占入手!各陣営の思惑を知っている競馬セブンに買っていい、買ってはいけない実績馬のジャッジはお任せ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク