【中山金杯2018】予想考察・セダブリランテス馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は中山金杯に出走を予定しているセダブリランテスの馬体診断の記事を。

まずは中山金杯の穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

条件揃ったここは人気がなくても買っておきたい1頭。ここは注目でしょう。

PR【▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼】

今年1発目の大勝負レース!京都金杯の予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

中山金杯馬体診断

セダブリランテス

アルゼンチン共和国杯のパドック

父父ディープインパクトの影響が大きく反映されている馬で、ディープブリランテ産駒にしては馬体もしっかりしていて歩様も柔らかい馬。この産駒は一見ダート馬っぽい馬体をしてる馬が多いが、この馬は完全に芝馬でトモのつくりと繋ぎは完全にディープブリランテというよりもディープインパクトの血が出ている。首の太さ、柔軟性、胴の詰まりからするとさすがに2500mという距離は長く感じたがまさかの3着。

当日は前走からマイナス10キロと大きく馬体重を減らしての出走。もともと馬格がある馬なので多少馬体重が減っても細くは感じないものの、全く緩みがない点は少し気になってしまう。この血統とは言っても頭の高さや歩様の硬さなどからして仕上がり途上だった事は間違いなく、距離も長いと感じたこの舞台で結果を残した事には価値がある。ここでの相手がスワーヴリチャードぐらいだったとはいえ、2着のソールインパクトは条件が揃っていた事を考えるとやはりこの馬に次いでの3着は悪いものではない。

今回は2000mへの距離短縮となるが、これは間違いなく大きなプラスとなるだろう。血統面からしても中山コースがマイナスになる事も考えられず、期待よりも不安が大きかった前走と比べると条件は全て好転する。後は今後の事を考えると馬体重はしっかりと増やしておきたいところ。

中山金杯の穴馬はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 京都金杯(G3)

<<参加者全員に特別無料公開!>>
万馬券を狙う【お年玉馬券】を
特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『一年の計は元旦にあり』ということわざがあるように、競馬界も『一年の計は金杯にあり』と言われている。格付けだけ見れば、東西共にG3の1つに過ぎぬレースではあるが、やはり新年最初の重賞であることから、他の重賞とは一線を画して、関係者のみならず一般ファンからも大きな注目を集めるのが金杯というレースなのだ。

金杯を勝つ、金杯の馬券を獲れば、誰しもが『新年早々、縁起がいい』と思うことだろう。特に、個人馬主のほとんどは本業を持っているだけに、縁起を担ぐ人間というのは少なくない。場合によって、金杯で勝利を挙げることは、GIを勝つのと同じくらい大きな意味を持つといっても過言ではないのだ。スポンサーである馬主を喜ばせるのは厩舎経営の基本だが、馬主が絡む裏事情というのはほぼ表に出回ることのない話。無論、出走する全ての陣営が勝負というわけではないだけに、どの馬が“勝負”なのかを見極めることが、金杯の馬券的中に繋がる大きなポイントになる。

弊社シンクタンクにはハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二、グリーングラスの安田富男といった、元騎手・元調教師の超大物たちを情報ルートとして擁しており、世間に出回らない関係者の本音や裏話を網羅することが可能。

今年の金杯も、毎年恒例の『お年玉情報』として高配当的中が狙える状況が整っており、本来であれば、このレベルの情報を無料で後悔することはないのだが、それは”新年・お正月”ということで特別も特別。今年は京都金杯の『お年玉情報』を参加者全員に特別無料公開させて頂く。”オトナのお年玉”を入手する年に一度の大チャンス。是非見逃さないで欲しい。(※お年玉馬券の公開は初めてシンクタンクを利用する方に限らせて頂きます)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第56回 京都金杯(G3)

<<参加者全員に特別無料公開!>>
万馬券を狙う【お年玉馬券】を
特別無料公開!

ココをクリック!

PR【▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼】

今年1発目の大勝負レース!京都金杯の予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

 

スポンサーリンク