【鳴尾記念2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、鳴尾記念に出走を予定しているギベオン、ステイフーリッシュ、タニノフランケル、ノーブルマーズ、プラチナムバレット、メールドグラースの最終追い切りに関する記事を。

予想オッズ

1 ステイフーリッシュ 3.2
2 ギベオン 3.3
3 メールドグラース 3.7
4 タニノフランケル 5
5 ノーブルマーズ 9

とても宝塚記念のステップレースとは思えないメンバー。阪神大賞典もそうでしたが最近は王道路線のメンバーが酷すぎますね。ここはオープン特別のような感覚で予想するのが正解でしょう。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着
グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着
チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着
ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着
ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着
タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着
ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着
ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着
ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着
ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着
ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着
マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着
ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着
ラッキーライラック 1人気8着
メイショウショウブ 3人気2着
シゲルピンクダイヤ 7人気2着
ヴァンドギャルド 3人気9着
アナザートゥルース 6人気1着
ファンタジスト 5人気13着
フローレスマジック 1人気2着
パクスアメリカーナ 4人気3着
セラピア 1人気14着
ウーリリ 2人気12着
メイショウテッコン 5人気11着
フランクリン 5人気13着
イベリス 11人気16着
ロードクエスト 5人気12着
レッドオルガ 3人気11着
チュウワウィザード 1人気1着
コントラチェック 3人気9着
サートゥルナーリア 1人気4着
ルックトゥワイス 3人気1着

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はG1馬が多数参戦!

第69回 安田記念 (G1)

昨年は9番人気の関西馬モズアスコットが激走して


3連単【6万3280円】決着


最強の関西情報社チェックメイトが導き出した

安田記念の3連単勝負買い目

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

鳴尾記念最終追い切り

ギベオン

少し動きは硬く感じるがフォームに違和感はなく、可動域の広さもそこそこ。ただ、過去の動きと比較するとまぁこんなものかもしれないが、追われた時の反応も決して悪くはなかったが逆に何かに特化したような動きではなかったので、これといって特別目立ちはしなかった。馬体の張りは前哨戦としては良く見えるが、もう一段階上の出来がありそう。

ステイフーリッシュ

この馬としては珍しくフォームが非常に安定している。道中もこれといって大きな癖を出す事なく走れており、脚を出すリズムや回転の速さも良い意味で平凡。追われた時の反応だけはイマイチだったが、エンジンがかかってからの伸びは素晴らしく、ゴール前で調教パートナーをしっかりと捕まえて楽々交わし去った。この馬に関しては次というよりも今回という気持ちが強そう。

タニノフランケル

少し気性面が表に出すぎているが、休ませた事で馬に活気が戻り動きに躍動感が出た。筋肉量から少し身体は硬く感じてしまうが、脚はしっかりと前へ出せていて、地面を蹴る力も相当強く感じる。フォームもそれなりに良くみせており、加速してからのスピード感もなかなかのものだった。

もともとは休み明けから動くようなタイプではないが、今回は前走と動きを比べるとかなり良くなっている印象を受けるので、いきなりから力を出せる出来ではある事は間違いないだろう。ただ、フォームは安定している割には頸の可動域がかなり狭く感じたので、一応次を考えてのつくりとなっている。

ノーブルマーズ

走りとしてのバランスは良いとはいえないが、重心のブレはなく脚捌きも安定している。フォームの違和感と追われた時の反応が比例しないので評価が難しい一頭となったが、この馬は案外これでいいのかもしれない。少なくとも今回の動きを見る限り前走の影響はなさそうなので、普通に力は出し切れるとみた。

プラチナムバレット

頭が高くフォームが全く沈まない。脚もとにも硬さが残っており、可動域もかなり狭く感じる。デビュー前からとにかく追い切りだけは動く馬だったが、今は本当に普通の馬。調教パートナーにも軽く捻られており、先着出来なかった事は勿論だがラストはバタバタになってついていけなかった事は大幅に割り引く必要があるだろう。本来の出来には程遠い。

メールドグラース

先週ある程度時計を出しているので今週はCW馬なりで流す程度。それでもラストの反応は素晴らしく、身体を大きく使ってダイナミックに走り切った。身体に柔らかさもあり、可動域の広さをみても馬は完全に出来ている。本格化した今ならノンストップで本番まで駒を進めてくる可能性も十分では。まず好調。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第69回 安田記念(G1)

激走穴馬情報で好配当を狙い撃つ
【穴の3連単馬券】を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

一時、出走が取り沙汰されていた、香港最強マイラーのビューティージェネレーションの来日は残念ながら実現しなかったが、現役最強馬と目されているアーモンドアイに、復帰2戦を圧巻のパフォーマンスで制したダノンプレミアムが激突。更には、アエロリット、ケイアイノーテック、ステルヴィオ、ペルシアンナイト、モズアスコットなどのGI馬が多数参戦を予定しており、例年に比べても注目度は俄然高いと言えよう。

注目度が高くなればなるほど、世に出回る情報は多くなる。しかし、それが有益かどうかの話は別。本音を世間に語るメリットのない関係者がマスコミに語る大部分は建前コメントでしかなく、いわゆる毒にも薬にもならないモノばかり。そこから確信に至る結論を導き出すのは相当困難な話であり、それらを参考に馬券を買っていては、大部分が運に左右されると言わざるを得ない。

また、今の競馬界で最も注目されるべき存在がノーザンファームだ。GIを席巻するノーザンファームの思惑を知らずして馬券購入することなど考えられない話だが、ノーザンファームが有する天栄、しがらきは“外厩”であり、トレセン内の施設ではない。すなわち、新聞記者の取材が及ばないことを意味している。無論、シンクタンクは早くから“外厩”の重要性に着目しており、そこからも情報を入手できるような態勢を整えてきている。競馬界の新たな時代の波にもシッカリと対応している。

マスコミは『アーモンドアイVSダノンプレミアム』の2強対決として煽り立てるかもしれないが、9番人気モズアスコットから的中をお伝えしてた去年や、圧倒的1番人気モーリスが8番人気ロゴタイプに敗れた2016年など、そもそも安田記念はひと筋縄ではいかないレースであり、まだ結論を下すのは早計だと断言しよう。

現段階では公表できないが、ある有力馬の「実は◯◯が良くないのでは……」という話や「ウチの馬が勝ちますよ」と豪語する陣営の存在など、安田記念の情報は続々と入ってきている。

少しでも多くの競馬ファンの方々に、確かな関係者情報があることを知って頂くべく、今週の安田記念【穴の3連単馬券】を特別に無料公開する。前哨戦の京王杯スプリングCの3連単2万0940円的中、3連単1万8190円的中の東京新聞杯などでも確かな実績を残しているので、ぜひともこのチャンスをお見逃しなく。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第69回 安田記念(G1)

激走穴馬情報で好配当を狙い撃つ
【穴の3連単馬券】を無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク