【鳴尾記念2018予想オッズ】穴馬最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、鳴尾記念に出走を予定している有力馬、トリコロールブルーと穴馬、ストロングタイタンの馬体診断、最終追い切りの記事を。

少し長めに取った日本ダービー遠征の休暇もそろそろ終了。リフレッシュできたので帰り次第がっつり競馬モードに入ります。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第68回 安田記念(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

鳴尾記念馬体診断

トリコロールブルー

大阪城ステークスのパドック

馬体重496キロ、マイナス4キロ。この産駒にしては骨格がしっかりとしており、馬格もあるタイプ。菅自体の細さもそもまで感じられないが、少し脚元がもやっとした感じや繋ぎの怪しさなどは母ペンカナプリンセスがモロに出ており、ダノンジェラートやワールドインパクトよりもヴァシリーサっぽく出た馬体。

よって使って良くなるというよりも出たとこ勝負感が非常に強いタイプといえ、腰のブレなどをみても全体的に疲労が抜けにくい馬と言えるので、この辺りは母の血が大きく遺伝していると言える。

ただ、ステイゴールドの丈夫さとペンカナプリンセスの繁殖能力の高さが上手く噛み合ったような馬と言え、ダノンジェラートやヴァシリーサのように常に脚元に爆弾を抱えながら走るというタイプではない点はかなり大きな強み。

この母の産駒だけあって当然馬体は映えるので、順調に使えてさえいれば重賞でもまず足りる。問題はその順調に使えているかどうかという点になるが、ここは馬体をみて良し悪しを判断するしかないので、続きは最終追い切りの欄で触れる。まともならここでは一枚抜けた馬体だけにあっさりがあっても驚けない。

最終追い切り

前半はかなりもっさりとした動きも追われてからの反応はなかなか良かった。全体的に柔らかさは感じられないが、可動域の広さはそこそこで、後脚も最低限伸びた。フォームの硬さも気になるが、頸と脚のリズムはしっかりと合っており、ラストにこれだけ追えるという事はまず脚腰に不安はないとみる。頭の位置も安定しており軸のブレもなし。

ストロングタイタン

都大路ステークスのパドック

馬体重522キロプラス12キロ。前走から大きく減った馬体が戻っただけなので太め感はないが、馬体の緩さはとにかく目立つ。トモの張りや踏み込みも物足りなさを感じ、歩くスピードや歩様の硬さからしてもまず仕上がり途上。

2走前の気配などをみても出来落ちとが続いている事もあり少し調整に苦戦している様子が伺えるが、この厩舎だけあってさすがに重賞を使う事となればここはしっかりと立て直してくるか。

これまで1800〜2000m戦を使われてきた馬ではあるが、馬体全体に薄く筋肉がついたタイプで、この血統の割には内面にもゆとりがあるので、距離に関してはもう少し延びた方が良さが引きでると思われる。

胸が深く背中がしっかりとした馬なので、エネルギーの蓄えは上手いタイプと言え、一度馬体をつくってしまえば調子が長くキープ出来る馬なので、仮にここで好走した場合は距離延長の宝塚記念でも警戒が必要となる1頭では。

最終追い切り

全体的にごとごとした動きも脚捌きは軽く力強さも感じられる。重心もブレず頭の位置も安定しており、状態面に関して不安はなさそう。脚もしっかりと上がっており、可動域もこの馬なりに広く感じる。馬体ははっきりと確認は出来ないが、トモの張りからして緩さはみられない。力は出せる状態だろう。

予想オッズ

トリコロールブルー 3.0倍
トリオンフ 3.1倍
マルターズアポジー 4.2倍
サトノノブレス 6.8倍
タツゴウゲキ 8.1倍

1人気はトリコロールブルーとトリオンフが分け合う形になりそうではあるが、トリオンフの前走の内容が嫌われて最終的にはトリコロールブルーが1人気に支持されるか。続いて能力上位マルターズアポジー、サトノノブレスは年齢から考えても4人気までとみる。

最後に鳴尾記念の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

展開、人気を考えればまずここに目がいく。能力的にもまず勝ち負けになるか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第68回 安田記念(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
安田記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、上位人気馬の成績は、1人気[4.1.0.5]、2人気[2.1.0.7]、3人気[0.2.2.6]。1人気で勝利したのは15年モーリス(海外G1・3勝含むGⅠ・6勝)、14年ジャスタウェイ(海外G1・1勝含むGⅠ・3勝)、13年ロードカナロア(海外G1・2勝含むG1・6勝)、09年ウオッカ(G1・7勝)の名馬4頭。G1で主役を張る実力馬ばかり。

昨年の1人気イスラボニータは8着に敗れ7人気サトノアラジンが優勝し3連単28万馬券。一昨年は8人気ロゴタイプが優勝し3連単15万馬券。15年はモーリスが1人気で優勝も12任期クラレントが3着に入り3連単12万馬券。14年も16人気グランプリボス2着、10人気ショウナンマイティが3着で37万馬券と波乱となっている。過去10年でも10万馬券以上の決着が8度と人気馬同士の決着にが少ない荒れるG1である。

過去10年の年齢別の成績では6歳馬4勝を挙げている。6歳馬の優勝馬は昨年のサトノアラジン、16年ロゴタイプと2年連続で優勝。5歳馬ではジャスタウェイ、ロードカナロア、ウオッカなどの優勝馬がいる。出走頭数の多い5.6歳馬の活躍が目立つ。

昨年は7人気◎サトノアラジンから馬連1万0480円の万馬券をズバリ的中!
今年は、大阪杯の連対馬ペルシアンナイト、スワーヴリチャードが参戦。昨年のマイルCSの覇者ペルシアンナイトは春秋マイル王に輝くことができるのか?スワーヴリチャードは大阪杯に続きG1連勝なるか?強力馬2頭の対決は注目だ。その他ではマイラーズC組みからモズアスコット、サングレーザー、京王杯SC組みからムーンクエイク、キャンベルジュニア、ヴィクトリアM組みからは2着馬リスグラシュー、アエロリットや、レッドファルクスなどG1馬4頭が参戦。昨秋のマイル王はペルシアンナイトに輝いたが、今年の春のマイル王は果たして?

競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を入手可能。公にはならない関係者情報は馬券に直結する裏ネタばかり。昨年は馬連で万馬券的中の安田記念、今年も帯封獲得可能な勝負情報を入手しているのでお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『安田記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第68回 安田記念(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
安田記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク