【鳴尾記念2020予想】+スレイプニルステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、鳴尾記念の予想を。エアウィンザー、サトノルークス、トリコロールブルー、パフォーマプロミス、ラヴズオンリーユーなどが出走する芝2000mのG3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

今週も土曜は軽くにして日曜が勝負という事になりそうですが、先週の日本ダービーのように強めに勝負したいというレースは今のところ見当たらないので、ベット数を多くするというよりも10万馬券以上の配当を狙って事故を待つような買い方になるのではないかと思います。

まずは軽くですが、重賞の他に2本だけ打っておきます(当初は今週から注目新馬を挙げていく事も考えましたが特に理由もなく回避。需要がありそうならやっていくつもりですが、とりあえず土曜は見送ります)。

由比ヶ浜特別

人気ブログランキングへ

3歳馬と古馬との力差がどのぐらいあるかわからないのであまり強気な買い方は出来ないが、馬券は条件揃った本馬から組み立ててみる。

スレイプニルステークス

マスターフェンサー

前走先着を許したエルデュクラージュとタイム差なしの競馬をしながらもハンデがひっくり返るレースなら、そのまま着順もひっくり返っても良さそう。サトノティターンが59キロを背負うならここはチャンスだろう。

鳴尾記念

本命はテリトーリアル

前走の都大路ステークスでは直線ではもう少し弾けてくるかと思ったが、久々の競馬に加え、重まで悪化した馬場が影響して5着まで。それでも勝ち馬とは0.5秒差と着順ほど大きくは負けていないので、叩き2走目、まともな馬場で競馬が出来そうな今回は巻き返しがありそうな一戦。

ロスなくレース運びが出来たとはいえ、中山金杯ではトリオンフと0.1秒差の競馬に持ち込んでおり、去年のカシオペアステークスでもベステンダンク、ソーグリッタリング、デンコウアンジュといった重賞で上位に食い込んでいる実力馬を相手に勝利した実績もあるだけに、本馬もある程度条件が揃ったレースであれば今年は重賞のタイトルに手が届いてもおかしくないぐらいの力はある馬と言えるだろう。

京都を最も得意としている馬なので一見すると今回の阪神替わりはマイナスのようにも思えるが、実はTeofilo産駒は京都よりも阪神の方が好走率は高くなっているので、前走からあらゆる条件が好転するここはコース替わりもおそらくマイナスになる事はないのでは。

有力馬が休み明け、長期休養明けからの叩き2走目での出走になるレースなら順調に駒を進めてきた馬が有利になるのは間違いないので、波乱があるならこの手のタイプが馬券に絡んだ時になるだろう。ここまで人気が地味なら思い切って狙って損はないとみる。

対抗は人気ブログランキングへ

ベストは京都コースの馬だと思うが、順調に駒を進めてきたという点を考えると本命馬同様に出番があっても驚けない存在。近走は馬券に絡む事は出来ていないが、常に強豪馬を相手に善戦を繰り返している馬なので、一気に相手が楽になる今回は普通に買いでいいのでは。

重賞を勝利した時の内容がなかなか強烈だったので、あの内容からするとこのまま萎んで終わるような馬ではないだろう。

▲にエアウィンザー

久々を使われた上積みには期待が持てるが、今回は人気を考えると半信半疑の3番手という事になる。ただ、得意の阪神ならある程度行きっぷりさえ戻ってしまえば不発はなさそうな気もするので、ガラリ一変に期待して一応それなりの印を打っておく事にした。

☆にサトノフェイバー

なかなか買い時が難しいタイプではあるが、この馬に関しては内面とやる気が全てなので、気分を害する事なくスムーズにレース運びが出来ればいつ大駆けがあってもおかしくない。好走する時は決まって強い競馬をして馬券に絡んでくるだけに、今回の距離延長が良い味変になればそろそろ強いサトノフェイバーが見られても良い気もするが…。

△穴サイモンラムセス

先日の記事で書いたように小倉大賞典や18年のダービー当日の激走を含め、これまで人気薄で好走した時のほとんどのレースで馬券を手にしている非常に相性の良い馬で、個人的現役馬別総額払戻金が断トツ1位である超名馬がこのレースを最後にターフを去るという事なので、当然印は打っておきたい。

激走するタイミングが非常にわかりやすかった馬なので、何故最後の最後までオッズに反映されなかったのかが謎ではあるが、またこの馬のように追いかけるだけでお金になる馬が出てくるのはいつになるのだろうか…。

とりあえずこの馬のお陰で年間回収率が跳ねたという年もあったと思うので、お返しの意味で最後もこの馬からの馬券も買っておきたい。

◎テリトーリアル
人気ブログランキングへ
▲エアウィンザー
☆穴サトノフェイバー
△ラヴズオンリーユー
△穴サイモンラムセス
△レッドガラン
△サトノルークス

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

十中八九大外れだとは思うが、貯金がたっぷりある内に振り回しておきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第70回 安田記念(G1)>

アーモンドアイ陣営が恐れる
隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、上位人気馬の成績は、1人気[3.1.2.4]、2人気[1.0.0.9]、3人気[0.2.3.5]。1人気で勝利したのは15年モーリス(海外G1・3勝含むGI・6勝)、14年ジャスタウェイ(海外G1・1勝含むGI・3勝)、13年ロードカナロア(海外G1・2勝含むGI・6勝)の3頭。

波乱が多い春のマイル王決定戦

昨年はGI初出走のインディチャンプ(4番人気)が優勝。一昨年は連闘使いのモスアスコット(9人気)が優勝、17年は7人気サトノアラジンが優勝し3連単28万馬券。16年は8人気ロゴタイプが優勝し3連単15万馬券。15年はモーリスが1人気で優勝も12人気クラレントが3着に入り3連単12万馬券。14年も16人気グランプリボス2着、10人気ショウナンマイティが3着で37万馬券と波乱となっている。過去10年でも10万馬券以上の決着が7度と人気馬同士の決着が少ない荒れるGIである。

過去10年、ステップレース別では京王杯SC・ダービー卿CT・オープン組が2勝。海外、ヴィクトリアM、高松宮記念、NHKマイルC組が各1勝を挙げている。マイラーズC組は最多の42頭が出走し2着1回3着6回で勝利馬なし。また、牝馬は13頭が出走し[1.1.0.11]で、優勝したウオッカと2着したアエロリットの2頭が連対している。

昨年は不利が響き3着敗れたアーモンドアイ。ヴィクトリアMの勝利でGI7勝目を挙げ、その後の動向に注目されていたが安田記念出走が決定。昨年の雪辱なるか注目だ。その他でも連覇を狙うインディチャンプ、グランアレグリア、アドマイヤマーズ、ダノンプレミアム、ミスターメロディ、ペルシアンナイトなどGⅠ馬7頭がスタンバイ!

2017の安田記念は7人気◎サトノアラジンから馬連1万0480円の万馬券をズバリ的中!直近3年で2度的中のマイルGIだが、今年も波乱の演出する隠れ穴馬の存在が!荒れるGI競走でもあり今年も波乱となるのか!?最終ジャッジは競馬セブンにお任せください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『安田記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク