【鳴尾記念2020予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、鳴尾記念に出走を予定しているエアウィンザー、サイモンラムセス、サトノルークス、パフォーマプロミス、ラヴズオンリーユーの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

予想オッズ

1 ラヴズオンリーユー 1.8
2 サトノルークス 3.7
3 エアウィンザー 6.2
4 レッドジェニアル 9.2
5 レッドガラン 13.7

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着
フライライクバード 2人気8着
モズベッロ 5人気7着
ディープボンド 4人気1着
タイセイビジョン 2人気4着
レッドアンシェル 5人気11着
ラヴズオンリーユー 3人気7着
スワーヴアラミス 4人気5着
クラヴァシュドール 3人気15着
コントレイル 1人気1着
ボスジラ 4人気9着

安田記念の穴馬3頭

安田記念(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

安田記念(G1)の予想を無料で見る

鳴尾記念最終追い切り

エアウィンザー

久々を一度使われた事でかなり馬体がすっきりした印象を受けるが、動きに関してはまだ脚だけで走っているような感じ。可動域も狭く、全体的にちょこちょことしたこじんまりとした動きとなっているので、出来は上向いていてもまだまだ完成途上と言えるか。

ただ、2度使えばさすがにもう少し動きも変わってくると思うので、是非宝塚記念に向けて少しでも内容のある競馬をしてもらいたい。

サイモンラムセス

小倉大賞典や18年のダービー当日の激走を含め、これまで人気薄で好走した時のほとんどのレースで馬券を手にしている非常に相性の良い馬で、現役馬別総額払戻金も断トツ1位の超名馬がついに引退レースを迎える。

頭の位置が安定せず、追われてフラつくなど相変わらずの癖を出してくるが、この馬にしては脚捌きはスムーズで、全体的な動きも素軽い印象を受ける。長く追われても最後までしっかりと脚も持たせているので、最後の最後のお釣りのない渾身の仕上げで出走してくるか。

さすがに年齢的に上積みなどは感じられないが、久々、更に高齢馬でこれだけつくって来れば何にも文句はないだろう。他馬と比べると動きはかなり地味ではあるが、この馬の過去の動きとの比較になれば相当動いた。

サトノルークス

頭の位置が安定せず、頸の可動域も狭い。まだまだ馬体に余裕もあるので今回はあくまでも前哨戦としての仕上がりとなりそうだが、最後まで抜け出したペルシアンナイトに食らい付こうという姿勢が見られた点は評価出来る。

ただ、脚の回転が速い割には全体的にもさっとした動きとなっているので、ここは見た目通り休み明けという評価が相応しいのでは。

パフォーマプロミス

パワフルで力強い走りとなっているが、胸が広く、追われてから何度もフラつく場面が見られる点は当然マイナス。頸もほぼ使えていない点も気になるポイントで、脚を出すリズムも崩れている辺りからしてもさすがの長期休み明けといった感じ。

ラヴズオンリーユー

前半はゆったりとしたフォームの割には頸に力が入りすぎている印象を受けたが、最後スイッチが入ってからの伸びは素晴らしく、飛節をグーンと伸ばして身体を大きく使いながら駆け抜ける姿はさすがの血統馬という感じ。

前走の追い切りも相当良くみえたので案外調教お化けなのかもしれないが、良くも悪くもその前走から大きく変わった様子が感じられない点からすると今回の仕上がりも悪い訳がないだろう。使われた上積みはあまり感じられないが、この動きならやれていい。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第70回 安田記念(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

もとより豪華メンバーが揃う見立てではあったが、出走予定馬のほとんどがGI馬という錚々たる顔ぶれに、ヴィクトリアマイルを制したアーモンドアイの電撃参戦が決定。最大の注目を集める存在になることは間違いない。

前走はノーステッキで4馬身差、GIとも思えぬ楽勝のインパクトは大。一般マスコミもその内容を手放しで称賛、言い方は良くないが、過剰に感動をアオるような報道も散見された。

『あの再現を……』という、世間の期待感は高まっている。

しかし、そう簡単に勝たせて貰えるほど、安田記念は甘いだろうか?

ヴィクトリアマイルはあくまで牝馬同士、今度はGI馬がずらりと揃い、去年の覇者インディチャンプ、香港マイルを制したアドマイヤマーズなどの実力馬たちが待ち構えている。

また、アーモンドアイにとって初めてとなる中2週での参戦。レース間隔を詰めるリスクを冒してまで参戦する意図とは……。

リスグラシューから5万馬券的中を掴み獲った有馬記念で、弊社シンクタンクはなぜ、9着に敗れたアーモンドアイを軽視したのか。

そして、ヴィクトリアマイルでは、アーモンドアイに迷わず本命を打ち3馬券種完全的中となったのか。

それは、表には出ない、陣営の思惑や裏事情をしっかりと把握し、的確にジャッジできる情報網を持っているからに他ならない。

無論、安田記念の焦点はアーモンドアイだけではない。去年は使い分けを続けてきたダノンが、いよいよ3頭出しに踏み切ったことや、今の競馬界において、その存在を無視することができないノーザンファームの思惑など、攻略には様々な情報を掴んでおく必要がある。

こういった関係者の思惑を、トレセンの取材に偏るマスコミだけでまかなえるはずもなく、そこから発信される情報を頼りにする一般ファンでは、ほぼ知る術がない。

だからこそ、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二など、名馬を育てた競馬界の大物OBを筆頭に、厩舎や騎手、馬主や牧場、エージェントや外厩と、あらゆる関係者から電話、メール、LINEなどで個別に情報を聞くことができる情報ルートが多数在籍するシンクタンクの情報を頼りにしていただきたい。

少しでも多くの競馬ファンの方々に、もっと競馬を楽しんでもらう、奥深さをしってもらうため、弊社が独占的に入手している関係者情報を特別無料公開している。

今週は特別も特別、安田記念の関係者情報と馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を無料公開する。アーモンドアイから馬券を買う方も買わない方も、とにかく必見だ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第70回 安田記念(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク