【鳴尾記念2021予想】アハルテケステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中京メイン、鳴尾記念の予想を。ブラストワンピース、ブラヴァス、サンレイポケット、クラージュゲリエ、ペルシアンナイトなどが出走する芝2000mのG3レース。

なお、こちらの鳴尾記念の予想に加え、土曜の勝負レースの予想はnote内での公開となります。

【由比ヶ浜特別2021予想他】6月5日勝負レース

先週は白百合ステークスを捨ててしまった事や東京のCコースに泣かされた事など、ここ数週間と比べるとどうにも噛み合わない週末となりました。

ただ、ダービーや目黒記念はおそらく100回予想しても取れないレースだったので、単純に噛み合わない以上に実力不足という事でしょう。

今週は土日共に後半に東京1400m戦が組まれていますので、京王杯スプリング、高尾特別、フリーウェイステークス、そして先週の東京6レースと現在4戦連続でお世話になっている得意の舞台での巻き返しを狙いたいですが、先週と比べるとかなりゆっくりとした週末という事もあってたっぷりと復習も出来ましたので、上手くその復習を活かして攻める事が出来ればと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は荒れるぞ安田記念!

本命は断トツ人気のグランアレグリアではない!

【安田記念注目穴馬】

オークス情報注目馬5選

スルーセブンシーズ
アカイトリノムスメ(2人気)→2着
ユーバーレーベン(3人気)→1着
ソダシ
ステラリア

NHKマイルC注目馬5選

ルークズネスト
バスラットレオン
グレナディアガーズ(1人気)→3着
ソングライン(7人気)→2着
シュネルマイスター(2人気)→1着

桜花賞注目馬5選

ファインルージュ(8人気)→3着
ソダシ(2人気)→1着
アールドヴィーヴル
ソングライン
サトノレイナス(1人気)→2着

フラワーカップ注目馬5選

ホウオウイクセル(5人気)→1着
エンスージアズム(2人気)→2着
ルース
ユーバーレーベン(1人気)→3着
イズンシーラブリー

【安田記念注目穴馬】

アハルテケステークス

人気ブログランキングへ

今回の距離がどう転ぶかはわからないが、この産駒にしては内面が安定しているタイプという事を考えると案外この距離は良い方向に転ぶ事になりそう。

想像以上に相手が揃ったのでメンバー的にもパンパンの良馬場であれば様子見の印でお茶を濁すのが正解かもしれないが、前日の天候からすると当日はパンパンの良馬場でレースが行われる事はないと思うので、多少なりとも雨の影響を受けるようなら馬場を味方に上位に食い込んでくる可能性はそれなりに高いのでは。

サンダーブリッツ

以前に軽く触れた事があるが、過去のユニコーンステークスの内容を見ても秘める能力はまずオープン級の馬だと思うので、昇級初戦となる今回もいきなりから出番がありそう。

こちらも本命馬同様に馬場が渋るのは歓迎なので、この条件なら◎とのセット馬券にも期待が持てるだろう。

デュードヴァン

相手ダウン、コース、距離と買い材料が3拍子揃った今回は当然主役級の扱いをするのが正解かもしれないが、オープンに上がって以降の詰めの甘さだけはどうしても気になってしまうので、確実に人気を集める馬という事を考えると掲示板止まりというパターンも頭に入れて印を打っておくのが面白そう。

☆穴ブランクエンド

オープンに上がって以降は見せ場のない競馬が続いているが、今回の東京ダート16という条件はほぼベストに近いので、変わってくるなら味変をしてきたこのタイミングでは。

スタート直後に芝を長く走る事の出来る外枠を引けた事もプラスなので、この枠を活かして上手く先行出来れば普通に激走がありそうな気もするが。

人気ブログランキングへ
〇サンダーブリッツ
▲デュードヴァン
☆穴ブランクエンド
△メイショウウズマサ
△メイクハッピー
△オメガレインボー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、鳴尾記念の予想に加え、土曜の勝負レースの予想はnote内での公開となります。

【由比ヶ浜特別2021予想他】6月5日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第71回 安田記念(GI)>

グランアレグリア陣営が
恐れる隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、上位人気馬の成績は、1人気[3.2.2.3]、2人気[1.0.1.8]、3人気[1.3.2.4]。
1人気で勝利したのは15年モーリス(海外G1・3勝含むGⅠ・6勝)、14年ジャスタウェイ(海外G1・1勝含むGⅠ・3勝)、13年ロードカナロア(海外G1・2勝含むGⅠ・6勝)の3頭。

昨年はグランアレグリア(3番人気)が断然人気のアーモンドアイ(単勝1.3倍)を負かし優勝、一昨年はGI初出走のインディチャンプ(4番人気)がGI制覇。18年は連闘使いのモスアスコット(9人気)が優勝、17年は7人気サトノアラジンが優勝し3連単28万馬券。
16年は8人気ロゴタイプが優勝し3連単15万馬券。15年はモーリスが1人気で優勝も12人気クラレントが3着に入り3連単12万馬券。14年も16人気グランプリボス2着、10人気ショウナンマイティが3着で37万馬券と波乱となっている。過去10年でも10万馬券以上の決着が6度と人気馬同士の決着が少ない荒れるGⅠである。

過去10年、ステップレース別では京王杯SC・ダービー卿CT・高松宮記念組が2勝。前走国内GI組は【3.5.2.30】と8頭が連対。また、牝馬は16頭が出走し[1.3.0.12]、昨年のグランアレグリア・アーモンドアイのワンツーフィニッシュ、18年17年に2着したアエロリットの3頭が連対している。

過去10年の年齢別の成績では4歳馬が4勝を挙げ、3年連続で優勝している。出走頭数の多い4~6歳馬の活躍が目立つ。

今年は昨年の覇者で前走のヴィクトリアマイルでGI5勝目を挙げたグランアリグレリアが出走。GI5勝中4勝がマイルGIでもありベストパフォーマンスを出せる条件。昨年に続き連覇なるか注目だ。

その他では今年のNHKマイルCの覇者シュネルマイスター、19年の安田記念優勝馬インディチャンプ、19年朝日杯FS優勝馬サリオス、20年NHKマイルC優勝馬ラウダシオン、17年朝日杯FS優勝馬ダノンプレミアムなどのGI馬6頭がスタンバイ!

2017の安田記念は7人気◎サトノアラジンから馬連1万0480円の万馬券をズバリ的中!直近4年で2度的中のマイルGⅠだが、今年も波乱の演出する隠れ穴馬の存在を独占スクープ!隠れ穴馬が馬券に絡めば好配当馬券間違いなし!馬券購入前に「隠れ穴馬」を必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『安田記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第71回 安田記念(GI)>

グランアレグリア陣営が
恐れる隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

スポンサーリンク