【根岸ステークス2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、根岸ステークスに出走を予定しているクインズサターン、コパノキッキング、サンライズノヴァ、マテラスカイ、モーニンの一週前追い切りに関する記事を。

かなりどうでもいい話、更に今更ですが、アウトラストが怖すぎてろくに眠る事が出来ません。

内容が内容ですし、ここで画像を載せる事は出来ませんが、こっち系が好きな人にはたまらないでしょう。動画も山ほどあがっているので、気になる方には夜電気を消して鑑賞する事をお勧めします。

では少し脱線しましたが、根岸ステークスの話へ。まずはこちらのレースの予想オッズから触れていきたいと思います。

予想オッズ

1 サンライズノヴァ 2.2
2 コパノキッキング 3.4
3 マテラスカイ 5.7
4 ケイアイノーテック 9.7
5 ユラノト 10.3

1人気は距離短縮、東京替わりでパフォーマンスを上げてきそうなサンライズノヴァ。過去の実績をみてもここは明らかにベストに近い舞台で、派手さがある分人気にも反映されるだろう。これが2倍台前半の人気になると予想。

続いて前走のカペラステークスを勝利して勢いもあるコパノキッキング。距離が少し嫌われそうではあるが、近走の内容からしてかなりの票を集めてくるだろう。

近走はぱっとしない競馬が続くもマテラスカイは極端に人気が落ちる事はなさそうなのでこの馬が3人気と予想する。ここでは詳しく書かないが、初ダートケイアイノーテックはG1馬という事もあって10倍を切るオッズとなるか。

3点勝負買い目を無料公開

根岸ステークス一週前追い切り

クインズサターン

特に癖があるような動きではないが、かなり地味で目立たない動き。それなりに硬さがある馬ではあるが、今回はいつも以上に前脚も上がらず可動域も狭く感じてしまう。反応の鈍さも目に付いており、調教パートナーがある程度負荷をかけていたとはいえ、最後はあっさりと交わされてしまい先着を許してしまう始末。距離を短縮してくるだけに今回のひと追いで内面が活性化しない事には何とも。

コパノキッキング

頭の位置が安定しない事が影響して走るリズムが非常に悪い。胸も広く全く見栄えしないが、脚はよく上がっている。ただ、脚の回転の速さはイマイチで、スピードは勿論、力強さを感じる事の出来ない走りと言える。それでも追われてエンジンがかかるとなかなかのスピードをみせており、反応が良かった点を含めてそれなりに評価出来るポイントと言えるだろう。

馬体にはまだ少し余裕があるも、このひと追いである程度絞れてくるのでは。全体的に馬をみると派手な動きではなかったが、ラスト1ハロンだけは高く評価出来る動きだった。我慢も利いているので今なら距離延長にも対応出来るのでは。

サンライズノヴァ

動きが大きく力強い走りではあるが、まだ一週前という事もあって少し馬体に余裕がある。長く負荷をかけているのはその辺りを考慮してのものだろう。フォーム、リズムとどこも悪い点は見当たらないが、追われても全く伸びない点は当然割り引きが必要となるので、最終追い切りでどこまで素軽さが出るかが課題となるのでは。

ただ、一週前追い切り△、最終追い切り〇といった感じでいつも追い切りの本数を重ねて内面をつくってくるタイプなので、その点を考えると今週の追い切りはこれで十分か。遅れは特に気にする必要はない。

マテラスカイ

頸の可動域が狭く感じるのはいつもの事なので気にする必要はないが、まだ一週前という事もあって若干硬さが残っている。それでも脚を出すリズムは抜群で、適度に活気がある点を含めて既に走れる態勢は整いつつある。脚の回転も速く、長めに追われても最後までフォームが乱れる事なく走りきれた点は評価しておきたい。身体全体を使っての動きもさすがの一言で、シンプルに良い追い切りを消化出来たのでは。

モーニン

良く言えば入りからかなり豪快な動きではあるが、実際はかなり荒々しく雑な走り。頭が高く、いつも以上に頸の可動域がとにかく狭い。地面を蹴る力は決して弱い訳ではないが、後脚が外に流れており、ここが今回の動き全てをダメにしているポイントでもある。身体も使えておらず、とにかく脚だけで走っているという感じで、追われた割に加速出来なかったのはこの辺りが影響しているのでは。まずはもう少し内面を安定させたい。

最後に根岸ステークスの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ある程度人気が落ち着きそうなここは狙い目とみる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第33回 根岸S>

フェブラリーSの前哨戦は大波乱?
穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人馬の成績では、1人気[3.3.0.4]、2人気[1.1.1.7]、3人気[0.2.0.8]。1人気は6連対の成績だが2.3人気は2連対と人気を裏切るケースが多い。平均配当では、馬連3900円、3連複1万7750円、3連単10万4350円。伏兵馬では16年グレープブランデー(10人気3着)、15年アドマイヤロイヤル(15人気3着)、13年セイクリムズン(10人気3着)、11年ダイショウジェット(10人気3着)、10年グロシアルノア(11人気1着)と4頭が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

今年も人気にならない激走穴馬が出走!関係者情報では「フェブラリーSを目標にする馬も多いが、GIでは足りないからココが目一杯の勝負」と豪語!あの鞍上も「自信あり」とV宣言!今年も波乱の立役者となる穴馬を見逃すな!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『根岸S・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク