【根岸ステークス2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、根岸ステークスに出走を予定しているコパノキッキング、モズアスコット、ワイドファラオ、スマートアヴァロン、ミッキーワイルド、ダノンフェイスの最終追い切りに関する記事を。

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着

シルクロードSの追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【その他追い切り、週末の競馬予想】

根岸ステークス最終追い切り

コパノキッキング

先週は飛節の伸びと可動域の広さに違和感を感じたが、今週の追い切りは四肢を十分に伸ばす身体を大きく使ったダイナミックな走りとなっている。

ただ、硬さとフォームのブレは相変わらずで、先週よりも負荷をかけられているとはいえ、2週続けて緩めの追い切りとなっている点はマイナスになるか。

それでも脚捌きが硬い割には身体はしっかりと使えており、ジリジリとスピードに乗りながらフォームを沈めて伸び切った辺りからすると前哨戦としての仕上がりで考えると悪い印象は受けない。

モズアスコット

馬場は重かったが、フットワークの軽さと脚捌きのスムーズさはなかなか見どころがあり、頸を上手く使って気分良く走れていた。ただ、明らかに胸前が緩く、完全にもうひと絞り出来るような仕上がりとなっている点は割り引いておきたい。

後輪駆動寄りのタイプでトモもしっかりもしている馬なので、今回初となるダートに関しては全くダメという事はないと思うが、気性面からすると砂を被ると嫌気をさすタイプだと思うので、前に行くスピードがない馬をわざわざ人気で買う必要はないのでは。

ワイドファラオ

先週の動きが圧巻だったが、今週も緩めることなくしっかりと負荷をかけてくる意欲的な追い切り。可動域の広さ、フォーム、脚捌きとどこを見ても大きな隙がない追い切りとなっており、これだけ早めに脚を使っても最後まで全く脚があがらない点が今の出来の良さを物語っている。

先週は気の強さを感じる動きだったが、今週しっかりと内面をセーブして走れていたので、気象面での成長を感じられる点も評価しておきたい。

スマートアヴァロン

2週ということもあって上がりだけの追い切り。ラストの切れはさすがではあるが、少し線が細く馬体に余裕が全く感じられない点がどうか。輸送で馬体を減らしてしまうと怪しい感じもするが、今回の走り方を見ると東京で競馬が出来るのは大幅なプラスになりそう。

ミッキーワイルド

フォームが美しく頸をしっかりと使った迫力のある動きではあるが、少し脚が流れる点と前脚があまり上がらない点はマイナス。

もともと追い切りでは動くタイプで、一番いい頃の動きと比較すると今回は息使いが荒く、動きに柔らかみが足りない印象を受けるので、ここは明らかに次を考えての仕上げとなっている。よってここでそれなりに結果を出す事が出来れば次は相当面白い存在と言える。

ダノンフェイス

間隔が間隔なので馬なりで息を整える程度の追い切りだったが、それでもラストの反応は素晴らしく、追われて一瞬にしてスイッチが入って弾けた点はとても7歳馬とは思えない。

もともと脂肪が付きやすい身体ではあるが、今回はかなり馬体がすっきりとしていて、スムーズに脚も出せているので、出来に関してはほぼピークに持ってきた感じになるか。

馬体や動きからしてもここに来て完全に馬が充実期に入っているので、相手が強くなる今回も非常に怖さがある一頭と言える。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第34回 根岸S(G3)>

フェブラリーS前哨戦は大波乱?
激走穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人馬の成績では、1人気[3.3.0.4]、2人気[2.1.1.6]、3人気[0.3.0.7]。平均配当では、馬連3610円、3連複1万6640円、3連単9万7390円。伏兵馬では16年グレープブランデー(10人気3着)、15年アドマイヤロイヤル(15人気3着)、13年セイクリムズン(10人気3着)、11年ダイショウジェット(10人気3着)、10年グロリアスノア(11人気1着)と5頭が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

過去10年、年齢別の成績では、4歳馬[3.2.0.10]、5歳馬[3.4.2.22]、6歳馬[3.2.2.38]、7歳馬[1.1.1.25]、8歳馬[0.1.4.15]、9歳上[0.0.0.16]と4~6歳馬が3勝を挙げている。

東京ダ1400Mの騎手成績ベスト5(40回以上騎乗)は、1位R.ムーア【9.9.5.17】連対率45.0・複勝率57.5、2位C.ルメール【37.24.27.61】連対率45.9・複勝率59.1、3位M.デムーロ【11.13.11.44】連対率30.4・複勝率44.3、4位福永祐一【19.29.21.114】連対率26.2・複勝率37.7、5位横山典弘【50.51.28.257】連対率26.2・複勝率33.4。

直近4年で3度的中の根岸Sは競馬セブンのドル箱重賞!今年も人気薄激走馬の勝負駆け情報を独占入手済!さらに人気確実はアノ馬の消し情報を極秘入手!フェブラリーSが目標で「ココは叩き台で使うだけ」「GIでは足りないので今回が目一杯の勝負師上げ」と陣営の裏事情も入手済!週末情報は馬券購入前に必ずご確認ください。
v
騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『根岸S・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク