【根岸ステークス2023予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、根岸ステークスに出走を予定しているレモンポップの一週前追い切りに関する記事と馬券のポイントを軽く。

2023年1月29日(日曜) 1回東京2日
第37回根岸ステークスGⅢ
4歳以上 オープン(国際)(指定)別定
コース:1,400メートル(ダート・左)

シルクロードステークス予想など、今週の勝負レース予想はnoteで公開しています。

【シルクロードステークス2023予想他】1月28,29日勝負レース

長らくブログの更新内容はほぼ

月曜 重賞展望
火曜 地方競馬予想
水曜 地方競馬予想or重賞展望
木曜 重賞追い切り
金曜 重賞追い切り
土曜 中央競馬予想
日曜 中央競馬予想

という感じで更新していましたが、近々

月曜 地方競馬予想
火曜 地方競馬予想
水曜 地方競馬予想
木曜 地方競馬予想
金曜 土曜の中央競馬予想(昼〜)
土曜 土曜の中央競馬予想、日曜の中央競馬予想(17時〜)
日曜 日曜の中央競馬予想、重賞展望(21時〜)

という更新内容に変更する予定です(あくまでも予定ですので、予想するレースがない日は展望記事などを更新します)。

理由は以前から予想の更新数を増やして欲しいという要望があった事に加え、得意の門別、園田をしゃぶり尽くしたい、そして週末の中央の予想も更に充実させたいなどなど、色々とあったりもしますが、展望記事を作成しているよりも予想に時間をかけ、こっそりと勝負レースをブログでも公開したいという気持ちもありますので、更新内容大幅リニューアルにはご期待して頂ければ。

なお、今週はリニューアル前の試走という意味でこの後に木曜の地方競馬の予想を連打更新します。

根岸ステークス過去・追い切り他

【過去5年成績】

18年
ノンコノユメ セ6 6人気
サンライズノヴァ 牡4 1人気
カフジテイク 牡6 2人気

19年
コパノキッキング セ4 2人気
ユラノト 牡5 3人気
クインズサターン 牡6 5人気

20年
モズアスコット 牡6 3人気
コパノキッキング セ5 1人気
スマートアヴァロン 牡8 9人気

21年
レッドルゼル 牡5 1人気
ワンダーリーデル 牡8 10人気
タイムフライヤー 牡6 2人気

22年
テイエムサウスダン 牡5 6人気
ヘリオス セ6 4人気
タガノビューティー 牡5 2人気

1.2.0.2と1人気の信頼度はイマイチのレースで、毎年のように5人気以下の馬が馬券に絡んでくる波乱度はやや高めのレース。

なお、人気薄で激走した馬に共通するのが高齢馬という点になるので、今年も高齢馬の激走には注意しておく必要があるだろう。

【過去5年前走】

18年
チャンピオンズC 9
師走S 2
チャンピオンズC 7

19年
カペラS 1
ギャラクシーS 2
師走S 3

20年
マイルCS 14
カペラS 1
すばるS 3

21年
カペラS 2
武蔵野S 4
チャンピオンズC 8

22年
兵庫GT 1
霜月S 1
ギャラクシーS 3

ローテに極端な偏りがない点がこのレースの予想を難しくさせるが、一応前走チャンピオンズカップ組には注目。

【予想オッズ】

1 レモンポップ 1.7
2 ギルデッドミラー 4.2
3 バトルクライ 6.2
4 テイエムサウスダン 7.3
5 ヘリオス 14.2

有力馬ポジティブポイント、ネガティブポイント

レモンポップ

・待望の距離短縮。
・得意の東京コースでの競馬。
・馬場、展開問わず終いは確実に脚を使える。
・G1で好走している馬を相手にするのは今回が初。

ギルデッドミラー

・前走で重賞制覇と勢いあり。
・ダートで一度も崩れた事がない。
・得意の東京コースでの競馬。
・1400mへの距離短縮への対応。

バトルクライ

・ダートでは一度も崩れた事がない。
・得意の東京コースでの競馬。
・1400mでもパフォーマンスを落としていない。
・相手強化となる一戦。

テイエムサウスダン

・前走から相手ダウンとなる一戦。
・去年勝利した相性のいいレース。
・十八番の1400m戦での競馬。
・去年よりも勢いを感じられない。

ヘリオス

・前走から相手ダウンとなる一戦。
・近走は常にレべルの高いレースで大崩れする事なく走っている。
・得意の1400m戦での競馬。
・勝ち切れない競馬が続いている。

【有力馬追い切り】

レモンポップ

前半は脚もとに硬さが残っている割にはしっかりと身体を使って動けているように見えるが、後半は脚と頸を出すタイミングが合わず、手応えに余裕を感じられなかった点は割り引きが必要。

それでもエンジンがかかってからのスピード、パワー、そして反応の良さと、この年齢の割には何もかもが派手に見えるので、少なくとも前走以上の出来にあるのは間違いなさそう。

更に広い可動域を活かした迫力のある動きを見ていると内面にも完全にスイッチが入っているので、数を使われている強みを活かして上位食い込みを狙いたい。

注目ポイント・注目馬

速い上りを使える馬!

過去5年の勝ち馬は全て上り3位以内の脚を使った馬で、10年に広げても例外はなし。

特に上り1位の脚を使った馬が5勝とかなりの好成績を残しているので、今年も速い上りを使える馬には人気関係なしに注意しておきたい。

=道中の位置取りにも偏りがみられる!

本来であれば逃げ、先行が有利なコースではあるが、このレースに関しては4角10番手以下の馬の方が好成績を残しているので、追い込み馬でも割り引く必要はない。

最後に今年の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 最強ブログランキングへ

ここは現時点では自信ありですので、後は極端な内枠を引かない事を祈りたい。

シルクロードステークス予想など、今週の勝負レース予想はnoteで公開しています。

【シルクロードステークス2023予想他】1月28,29日勝負レース

合わせて読みたい今週の記事

【シルクロードステークス2023展望】

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第37回 根岸S(G3)>

レモンポップ・ギルデットミラーに
割って入る穴馬は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

フェブラリーステークスの前哨戦。2014年からは本競走の1着馬にフェブラリーステークスの優先出走権が付与されるようになった[根岸ステークス]。

過去10年の平均配当は馬連2430円・3連複1万0820円・3連単5万4140円。馬連3桁配当は2度、3連単10万馬券以上が2度。3連単最高配当は15万8760円が出ている。

過去10年の上位人気別の成績は1人気【4.3.0.3】2人気【1.1.3.5】3人気【1.2.0.7】。上位人気馬で6勝(10連対)。1人気で勝ったのは21年レッドルゼル、17年カフジテイク、16年モーニン、15年エアハリファの4頭。直近8年では1人気が6連対。
二桁人気の伏兵馬では21年ワンダーリーデル(10人気②着)、16年グレープブランデー(10人気③着)、15年アドマイヤロイヤル(15人気③着)、13年セイクリムズン(10人気③着)などが馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

過去10年の年齢別の成績は4歳馬【2.2.0.9】5歳馬【4.2.2.21】6歳馬【3.3.3.31】7歳馬【1.1.1.35】8歳馬【0.2.4.19】9歳上【0.0.0.12】。5.6歳馬で7勝(2着5回)しており5.6歳馬の活躍が目立つ。高齢馬では勝ち星こそありませんが6頭馬券圏に好走している8歳馬が要注意。連対馬は2頭ですが3連系の馬券には要注意。

過去10年の枠順別の成績(3着以内)は内枠(1~3)が4勝(2着6回)、中枠(4~6)が4勝(2着4回)、外枠(7.8)が2勝(2着1回)。連対馬9頭が出ている内枠からの好走馬が多い。

今年は、ここまで9戦して6勝2着3回とパーフェクト連対中のレモンポップが出走。初重賞挑戦での前走は勝ち馬とはタイム差なしのハナ差負けも重賞でも即通用。中一週使いを考慮すれば力を見せた一戦。フェブラリーSに向け、ここでも主役の座は譲らない。
前走の武蔵野Sでレモンポップを負かしたギルデッドミラーもダート路線に変更してから3戦して2勝2着1回とダートでは底見せず。同馬もGⅠ級の素質馬だけにココでは無様な競馬はできない。その他ではダートに矛先を変えてから5勝とダート適性の高さを見せているバトルクライ、昨年の覇者テイエムサウスダンやリュウノユキナ、ヘリオス、タガノビューティなどがスタンバイ!競馬セブンでは配当を引き上げる隠れ穴馬の大駆け情報を独占入手済!馬券購入前に必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『根岸S・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク