【NHKマイル2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

いつもよりも遅くなりましたが、本日は日曜の東京メイン、NHKマイルに出走を予定しているアドマイヤマーズ、イベリス、ヴァルディゼール、ヴィッテルスバッハ、ハッピーアワーの最終追い切りに関する記事を。今週は少なめでいきます。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着

ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着

ラッキーライラック 1人気8着
メイショウショウブ 3人気2着
シゲルピンクダイヤ 7人気2着

ヴァンドギャルド 3人気9着
アナザートゥルース 6人気1着
ファンタジスト 5人気13着

フローレスマジック 1人気2着
パクスアメリカーナ 4人気3着
セラピア 1人気14着

ウーリリ 2人気12着
メイショウテッコン 5人気11着

先週の注目馬はどちらもダメでした。今週から令和という事で気持ちを入れ替えて再び波に乗っていきたいと思います。

3点勝負買い目を無料公開

NHKマイルカップ最終追い切り

アドマイヤマーズ

自分のリズムで走れてはいるが、脚捌きが悪い意味で軽く、回転もやや鈍い。フォーム、頭の高さ、身体の使い方に隙はないので、ここだけ何とかなればという感じ。ただ、ラチ沿いを走ってはいるが、外へもたれている様子もなく、真っ直ぐ走れている点には好感が持てる。脚の出し方をみていると多少身体の硬さが出たかなという感じはするが、走りに違和感はないので、高いレベルでの平凡としておく。

イベリス

線が細く馬体の筋肉量はやや物足りないが、動きは軽く脚捌きはスムーズ。硬さがあるのがこの産駒らしいが、牝馬らしいピリッとした面と弾むようなフットワークからすると仕上がりはそれなりのもので、付け根からしっかりと脚を出せている点にも好感が持てた。もう少し馬体は詰まって欲しいが、現時点でやれるだけの事はやったという追い切りだった。

ヴァルディゼール

頭が高く少し内へ刺さっているが、重心に大きなブレはみられない。ただ、頸の可動域は狭く、フォームが沈まない点は割り引きが必要か。イベリスとは違ってこちらは走りに素軽さがなく、どちらかと言えばパワー寄りに出たタイプといえるので、今回のコースでその点がどう転ぶか。全体的にこれといって目立った動きではなかったので、前走からの変わり身にはあまり期待が持てないかも。

ヴィッテルスバッハ

この馬場の割には動きが軽くスピード感は抜群。調教パートナーも軽く捻っており、手応え以上に反応や動きは良い。前走の動きや出来と遜色ないというコメントが出ているが、動きだけみるとむしろ調子は上向いているのでは。脚もよく上がっていて身体の使い方も上手かった。特に嫌うポイントは見当たらない。

ハッピーアワー

頭が高いが脚もととのリズムはしっかりととれていて動きに違和感は感じない。ただ、この産駒らしく脚があまり上がっておらず、身体全体をみても硬さが残っている。柔らかみとスピード感を割り引いて考えると悪い点だけが目立ってしまうので、結果動きからはこれといって特別なものは感じなかったという事になる。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

京都新聞杯、ケンタッキーダービーの予想はnote内で公開しています。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第24回 NHKマイルカップ(G1)

グランアレグリア?
アドマイヤマーズ?それとも…
【◎-穴1点馬券】を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞を完勝したグランアレグリアが早々と参戦を表明した後、皐月賞からはアドマイヤマーズらの参戦が決まり、朝日杯FSの再戦と言えるメンバーが顔を揃えることに。そこにトライアルで権利と取った面々など新興勢力が加わり、クラシックに勝るとも劣らない好メンバーが集まり、レベルの高い1戦となりそうだ。

当然、レースとしての注目度は高くなるが、必然的に馬券的な面白さも十分となる。近年は育成技術の向上や、外厩施設の充実により、レースを使わずに仕上げることが普通になりつつあるため、前哨戦の段階で有力馬同士がぶつかるというケースが減っている。そこには、ノーザンファームなど大手牧場グループの使い分けといった意図もあり、一介のマスコミや一般ファンのレベルでは、その思惑は言うまでもなく、力関係すらジャッジすることも困難となってきている。今年もGI馬が参戦したからと言って、『それで決まり!』と簡単に結論づけるのは早計と言うものだ。

事実、NHKマイルカップは昔から波乱決着が少なくないレースであり、過去10年でも二桁人気馬が8頭も馬券に絡んでいて、10万馬券以上での決着が頻発している。この事実は見落としてはならないだろう。馬券的中に近づくためには、確かな関係者情報を元にジャッジする必要があるのだ。

しかし、確かな関係者情報を入手するのは、先にも申し上げたように、一介のマスコミや一般ファンのレベルではまず不可能。一方、ハイセイコーの主戦騎手だった鉄人・増沢末夫、無敗の名馬マルゼンスキーの中野渡清一、2冠馬サクラスターオーを育てた平井雄二など、元調教師・元騎手など競馬界の大物OBや現役関係者、馬主関係者などが情報ルートとして在籍するシンクタンクは、トレセン内外から情報を入手する態勢を整えているので、一般では入手できない確かな関係者情報も聞くことができる。

今週のNHKマイルカップでは、既に「東京なら一発ある」と、密かに大駆けを目論む穴情報馬の存在をキャッチしている。この馬が馬券に絡めば、今年も高配当決着となる可能性は高い。本来、この手の情報を無料で公開するのは極めて難しいのだが、新元号『令和』となって最初のGIということも記念して、特別にNHKマイルカップの【◎-穴1点馬券】を無料公開することが決定した。確かな関係者情報を知る絶好の機会となるだけに、ぜひとも入手して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第24回 NHKマイルカップ(G1)

グランアレグリア?
アドマイヤマーズ?それとも…
【◎-穴1点馬券】を無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク