【NHKマイルカップ2020予想オッズ】追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、NHKマイルに出走を予定しているサクセッション、ルフトシュトローム、レシステンシアの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

今週はゴールデンウィークという事もあって交流重賞が大量ですので、追い切り記事は程々にして地方の予想をメインに更新していく予定です。

なお、本日名古屋で行われるかきつばた記念の予想は既に更新済みです。

【かきつばた記念2020予想】

天王山ステークス予想結果

3着◎ヴァニラアイス

出来れば2着だった時の3連単が欲しかったですが、ド本線は逃したものの、そこそこの点数でそこそこの配当だったので土曜はこの一本に救われました。

青葉賞予想結果

8着◎フライライクバード

さすがに位置取りも厳しかったですが、それにしてもダメ。

京都6R予想結果

2着◎サウンドテーブル

※レース番号を間違えていました。すみません。

連ベースを含めて単勝以上に人気がなかったのでここはそこそこプラス。今週はこの一本がかなり大きかったです。

端午ステークス予想結果

2着◎メイショウテンスイ

本命馬が頭ならドデカい3連単まで刺さりましたが、ここは3連複や馬連のみの的中で大爆発はお預けという結果に。

晩春ステークス予想結果

4着◎レッドイグニス

ここはいつもの3着固定の3連単があと一歩で刺さりそうでしたが、僅かな差で逃げてしまいました。先々週の1400m戦もそうでしたが、勝ち馬も読めていて後は少しの運が味方すれば…という感じですが、その運がなかなか来ない状況。

ただ、読みは間違っていないので、ここは刺さるまでの我慢だと思っています。

スイートピーステークス予想結果

1着〇デゼル
2着▲スマートリアン

16着◎キングスタイル

本命馬は見せ場なしでしたが、いつものド縦目馬券がまぐれで刺さってラッキーという結果かと思いましたが、☆クリスティがまさかの4着。勝ち馬はオークスでもそれなりにやれるのではないでしょうか。

天皇賞春予想結果

7着◎モズベッロ

ほぼ想像通りの展開、結果だったので本命馬は単純に力負けでしょう。土曜の馬場を確認した段階で勝ち馬はほぼ★フィエールマンだと思っていましたが、この馬から馬券を組み立てる事が出来ないのが自分。この悪い癖は一生治りません。

先週は追記で更新したレースが3戦3勝とかなり好調で、この3本の的中で他の不的中をカバー出来た土日でした。おそらくオッズや馬場をじっくりとみて予想しているレースなので、前日予想との差が出てこのような結果になったと思っています。

なかなか時間の関係もあって細かいフル予想までは更新出来ませんが、逆に今の時期しか公開出来ないレースでもありますので、また今週末も時間があれば同じような形で追記する予定です。後はもっといい形で更新出来る機会があればタイミングを見計らって数も打っていきますのでご期待ください。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

3点勝負買い目を無料公開

NHKマイルカップ一週前追い切り

サクセッション

トモなどのむくみなどを考慮しての調整となっているので、負荷をかける事なく馬なりでの追い切りとなった。相手に遅れは取っているが、手応えをしっかりと残したまま走り切っているので、今回の遅れに関しては全く気にする必要はないだろう。

ただ、鞍上のコメントでちょっとトモが甘いという言葉が出たように、まだまだ全体的に緩さが残っている余裕のある馬体となっているので、この馬に関しては来週しっかりと追われてからの馬体、動きで全てを判断したい。

ルフトシュトローム

前走後に疲れが出てしまった事が影響してなのか、一週前は終い重点の軽い追い切りとなった。それでも動きは素軽く、キビキビとした活気のある走りとなっているが、全体的に馬を見るとまだまだ硬さが残っており、一週前にしては少し気が表に出すぎている印象を受けた。

それ以上に気になるのが発汗になるが、これだけ気が表に出ていればそれも仕方なしという感じもするので、最終追い切りで負荷をかけた時の動きや内面の変化に期待したい。

レシステンシア

いつも以上に線が細く、馬体に余裕を感じられない点は気になるが、馬場が渋った桜花賞を使ったダメージはそこまでは感じられない。今回も身体を大きく使った力強くパワフルな走りと、乗ってからのスピードはさすがの一言で、全く癖を出す事なく真っ直ぐ安定して走れている点には好感が持てた。

ただ、最後は脚が若干あがっており、少しバランスを崩しながらゴールした点はある程度の減点は必要となるか。

予想オッズ

1 レシステンシア 3.7
2 サトノインプレッサ 3.9
3 タイセイビジョン 4.0
4 ルフトシュトローム 6.5
5 サクセッション 13.1

最後にNHKマイルの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

アエロリットの年のように数年に一度馬券が事故るレースなので、今年も当然狙っていきます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第25回 NHKマイルC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

創設から早くも四半世紀、古くは『マル外ダービー』として名馬を輩出してきたが、時を経て意味合いも変わってきた。近年はクラシックにこだわらず、適性重視でレース選択をすることが増えたため、桜花賞、皐月賞から有力馬を駒を進めてくることも当たり前となった。

今年も、2歳女王レシステンシアが桜花賞からコチラへ矛先を向けることに。血統面、馬の個性を考えると、この選択もほぼ既定路線と言えるが、その裏には大手牧場の使い分け、すなわちノーザンファームの思惑が見え隠れする。

GI馬だからといって即信用できるかと言えば、そう簡単な話ではない。もともと、目標としていないレースを楽に勝たせてもらえるほど、GIは甘くない。

去年、桜花賞馬グランアレグリアが敗退し、40万馬券決着となったことは記憶に新しいが、NHKマイルCは昔から波乱決着が起こりやすい条件が揃っている。

攻略のカギは、各陣営の思惑を把握すること。すなわち、本物の関係者情報が必要となる。

しかし、5月末まで無観客競馬が続き、トレセンでの取材規制が厳しくなっている中、一般ファンの方々が知ることができる情報は、ますます少なくなってしまっている。

こんな状況でも、こんな状況だからこそ、ぜひとも弊社シンクタンクの情報を頼りにしてもらいたい。

ハイセイコーの主戦騎手だった増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二など、競馬界の大物OBが在籍し、古くから関係者達と信頼関係を築いてきた弊社は、情報ル―トたちが電話、メール、LINEなど個別に連絡をとって話を聞くことができる。これまで同様、シンクタンクの情報力は十二分に生き続けている。

少しでも競馬ファンの助力になるべく、今週はNHKマイルCの関係者情報、そして馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。この機会に、“本物”を体感していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第25回 NHKマイルC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク