【日本ダービー2018予想考察】穴馬ゴーフォザサミット、グレイル他馬体診断

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて27日の東京メイン、日本ダービーに出走を予定している穴馬、ゴーフォザサミット、グレイル、アドマイヤアルバの馬体診断の記事を。

その他馬体診断、目黒記念の記事に関してはこちら

第85回 日本ダービー(GI)

ある大物関係者は「今年のダービーはまず荒れる」と断言しているだけでなく「これは本当にオフレコ情報なのだが、○○○○○○○○陣営が実は……」という、とんでもない強力情報も既に掴んでいる。レースそのものはもちろん、馬券的にも非常に妙味のある1戦となったのは間違いない。

本来であれば、日本ダービーの関係者情報を無料で提供することはないが、今回は特別も特別、弊社の情報を初めて入手される方に限り、日本ダービーの【◎-穴1点馬券】の情報を先着100名様限定で特別無料公開することが決定した。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

日本ダービー馬体診断

ゴーフォザサミット

青葉賞のパドック

馬体重496キロ、前走からマイナス4キロ。これはかなり仕上げてきた。というよりもスプリングステークスの出来がいかにも前哨戦という仕上げだった事に対して、青葉賞ではダービートライアルという感じの仕上げ。よって本番でお釣り無しという感じは全くなく、ここはさすがにダービーを知る調教師の馬というだけあって次をピークに持ってこれるようなつくり方だった。

皮膚の薄さや脚の長さからするとしっかりと父ハーツクライの影響が馬体に反映されており、長く寝た繋ぎと広い可動域を兼ね備えた抜群の馬体。

この時期のハーツクライ産駒は少し踏み込みが浅く軽い動きをするタイプが目に付くが、この馬に関しては既にしっかりと後脚で地面を捉え力強く踏み込めており、後ろから馬を見た時にもブレがなく真っ直ぐ脚を下ろして歩けているので、スピードとパワーが無駄に外に逃げる事なく全ての力をレースへと活かす事が出来ている。

トモも肩も筋肉が薄く感じてしまうが、これは馬体全体に筋肉が分布している為であって、決して筋肉量が足りないという事はない。ここがいかにも長距離を走る馬という感じ。

今回は前走と同じ舞台での競馬だけあってコース適性、距離に関しては何も不安はない。更に前走からの上積みも見込めるので、馬体から別路線組で最も警戒すべき馬はこの馬となる。終わってみれば一番強いというパターンすら考えられるだけに、今回は注目の一戦となる。


3点勝負買い目を無料公開

グレイル

新馬戦のパドック

初戦は494キロでの出走。初出走の割には集中して歩けているが、全体的に馬がふわっとしており、この辺りはいかにも新馬戦という感じ。

仕上がりが甘いというよりも馬が身体の使い方がわかっていない。ただ、かなり馬体のバランスが良く、非常に見栄えもする馬で、ハーツクライ産駒っぽくすらっと長い脚が特徴で、まだまだ未完成ながらも可動域の広さは目立つ。

すらっとした脚をしているがこの産駒にしては少し骨格は太め。胴のつくりなどをみると母プラチナチャリスからのデインヒルの血が影響している為と思われるので特に気になるようなポイントではないと思うが、先々はスピードに不安が残る可能性も。

京都2歳ステークスのパドック

気性面は新馬戦時と比べるとレースを使って少し集中力が欠けた印象も、悪さを見せることなく周回は出来ていたのでこちらは現時点では不安はない。おそらく成長とともにハーツクライ産駒っぽい馬体になってくると思うが、馬体のバランスを考えるともっと距離を延ばして良さが出てくる馬だろう。

とにかくこの日も可動域の広さと馬体の張りが目立っており、踏み込みの深さや頸の使い方などをみても1度使われて馬が抜群に良くなっている。

パドックよりも返し馬で後ろから馬を確認するとわかりやすいが、地面を蹴った時の力の凄さ、脚で地面を捉えた時のバランスがかなり良い馬で(上手く説明するのが難しいですが地面を蹴った時にお尻から脚先に伝わる力が分散しにくい走り方)前走の回顧でも書いたように、個人的にレース内容などは抜きとして馬体や今後の成長力だけで言えばワグネリアンよりもこちらを推したいぐらい馬は良い。

共同通信杯のパドック

494キロ、前走からプラス2キロ。輸送があったにも関わらず、気配はいつもと同じでこの日は内面も非常に安定している。パドックでは馬格があるとはいってもそれ以上に大きくみせるタイプで、可動域の広さから来るダイナミックなフォームは群を抜いて目立つ。

さすがに少し余裕のある馬体ではあるが、仕上がりに関しては悪いものではなく、叩き台としてはほぼ完璧。踏み込みは明らかに深いが、身体全体に柔軟性があり、その深い踏み込みをも飲み込んでしまうぐらいバネが利いている馬で、やはり地面を蹴る時の力は相当と感じた。

これで負けてしまったので能力に疑問が残ってしまうが、去年もスワーヴリチャード、アルアイン、ダンビュライト、サトノクロニクルと馬体が映える馬はほぼ結果を出したように(残るはあの馬1頭)、これだけの好馬体を持つ馬が駄馬とは思えず、条件さえ揃えば普通に巻き返して来ると思うが。

皐月賞のパドック

馬体重494キロ、前走から馬体重の増減なし。いつも以上に踏み込みが深い感じはするが、背中は全くブレず、非常に集中して周回出来ている。ただ、その分覇気をあまり感じる事が出来ず、気合乗りという点では少々物足りなさを感じてしまった。

仕上がりが甘いと感じる事は一切なかったものの、新馬戦の時に感じたふわっとした馬体が目につくので、2戦目で馬がガラッと変わった京都2歳ステークスの時のように、使われた今回こそが絶好の狙い目ではないだろうか。

今年ベスト5に入る程の好馬体の持ち主なだけに前走の着順は当然と言えば当然。むしろもう少しやれる力がある馬と思っているので、今回も不安よりも明らかに期待が大きい。

ただ、以前から言っているように、パワー、スタミナ寄りの馬体、フットワークなので、今回のコース替わりはあまり歓迎とは言えない事も事実。少し評価に迷う1頭。

アドマイヤアルバ

京都新聞杯のパドック

馬体重464キロ、前走からマイナス4キロでの出走。この日は本命にしたように力は認めている馬ではあるが、馬体は決して素晴らしいと言えるようなタイプではなく、どちらかといえばまだ未完成、完全に発展途上という感じ。

内面が大きく乱れるようなタイプではないものの、気性は非常に幼くこの日も集中力に大きく欠けている。可動域もこの産駒にしてはやや狭く、距離が延びて悪いタイプではないが、経験を積んで徐々に馬体、身体をつくっていく馬だけに今は完全に中距離向きの馬と言える。

よって今回は距離延長がプラスになるとは思えず、更に初の東京コースが大きな壁になりそう。能力の絶対値は高いが経験値の低さや完成度で大きく劣ってしまうので、ここは馬体から買える材料はない。

最後に目黒記念の注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

格下のように思えるが能力は重賞でも通用する。人気に支持される事もないと思うので狙う価値は十分あるでしょう。

【PR】―――――――――――――――
凝縮された濃厚な情報公開まで…残り僅か!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
競馬は「実益」になる!

少しでも多くの方へ
的中する喜びを届けたい!

鉄板級とも言える極秘情報を無料でお届け!

今週は【日本ダービー】

の、濃厚な情報を公開決定!!

※時間がありません。お急ぎください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■最近の的中実績の一部がこちら!

05/20・新潟10R  1万7300円的中
05/20・京都09R  17万6300円的中
05/13・東京07R  19万9100円的中
05/13・京都11R  46万8200円的中
04/29・東京03R  15万500円的中
04/29・新潟02R  21万4300円的中

その他の的中実績はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

この馬券はあなたでも取れているんです!

▼凝縮された濃厚な情報を受取る▼

 

スポンサーリンク