【日本ダービー2018予想考察】穴馬オウケンムーン、エタリオウ馬体診断

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

続いて27日の東京メイン、日本ダービーに出走を予定している穴馬、オウケンムーン、エタリオウ、テーオーエナジーの馬体診断の記事を。これで出走予定馬全ての診断を終えました。

その他日本ダービーの馬体診断、最終追い切り、目黒記念の記事に関してはこちら

PR【▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼】

今週の大勝負レース!日本ダービーの予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

日本ダービー馬体診断

オウケンムーン

皐月賞のパドック

馬体重454キロ、前走からマイナス4キロ。走り方もそうだが、パドックでも一癖ある馬。特別馬格がある馬ではないが、それ以上に大きく見せるタイプで、いい意味でも悪い意味でも常にマイペース。

この日もリズミカルに自分ペースを崩さず周回しており、オウケンブルースリ産駒のサンプルがないので比較が難しいが、同じ時期のダンビュライトと気配は非常よく似ている。そのダンビュライトがトニービンの血の影響を大きく受けている事を考えると、本馬もトニービンの血が大きく馬体に反映されていると思っていいのでは。

過去にあの馬を東京の1800mでみたいと思った事を考えると偶然ここにも共通点があり、本馬が共同通信杯を勝利している点からしても適性も似た感じでは?と思ってしまうが。

東京コースの適性の高さは言うまでもなく、距離に関しても延びてこそ。前走を使われて状態が上向いてくるであろう本番は、人気はあまりないとは思うが特に大きな不安はなく、逆に買い材料が揃ったと言える。後は能力が足りるかどうか。

エタリオウ

青葉賞のパドック

馬体重450キロ、前走からマイナス6キロ。この父というだけあっていつもうるさいが、この日も相変わらず気難しい面をみせる。

気配に関してはいつもの事なので大きく割り引く必要はないが、この日かなり気になったのが馬体重。ひばらをみても全く余裕がなくなっており、ゆきやなぎ賞でも大きく馬体重を減らしていたように、明らかに馬が細い。

もともと骨格が細く出るタイプではあるが、これだけ馬体に余裕がないとなると本番への仕上げが非常に難しくなるのは目に見えているので、お釣りという点で考えるとかなり不安になる。

ただ、背中をみてもブレているような感じはしないので、疲労という点に関しては心配なさげ。とにかくタフな馬なので、当日逆に馬体重が大きく増えなければそれなりに力は出せそう。

テーオーエナジー

500万のパドック

馬体、繋ぎどこを取ってもダート馬。ここに出てくる事に対して色々と言われそうな馬ではあるが、例え記念出走だとしても約7000頭いるサラブレッドの中の選ばれし18頭の中に入れた事を褒めるべき。この馬が出たお陰で◯◯が出れないと文句を言うのはおかしな話。怪我なく無事に。

枠順確定後の注目馬はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第85回 日本ダービー(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

皐月賞は7番人気馬エポカドーロが制し、2着は9番人気のサンリヴァルで、3連単の配当は【37万2080円】と波乱の決着に。「最終週に雨が降って馬場が悪化した影響が大きかった。皐月賞の結果がそのままダービーに直結するとは思わない」と関係者は口を揃えており、今年の日本ダービーはますます混戦の様相を呈してきたと言えるだろう。

そして今回、皐月賞馬・エポカドーロ以上に注目を集めるのは、皐月賞に出走していれば1番人気濃厚だった、無敗の2歳王者ダノンプレミアムだろう。挫石でレース回避が決まった後、ほぼ2週間、馬房から出すことができなかった調整過程を考えれば、今回は決して順調なローテーションとは言えない。それでも、時計を出し始めてからは流石の動きを披露している。

かつて、フェノーメノ陣営が「本当は自信があったがプレッシャーをかけないように煙幕を張った」とレース後に関係者に明かしていたように、大レースになればなるほど、各陣営の本音は表に出づらくなる。ホースマンが誰しも憧れる日本ダービーの大舞台であれば、表に出ないような陣営の本音が、いつも以上に多く存在するのは間違いないだろう。

競馬関係者の裏の裏まで知ることができるのは、当社シンクタンクには、これまでサクラローレル、サクラバクシンオーなど数々のGI馬を育てた境勝太郎元調教師や、“関西のドン”として知られた柳田次男元調教師といった競馬界のレジェンド達が情報ルートとして在籍し、現在もハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元調教師を筆頭に、史上最強馬との呼び声も高いマルゼンスキーの主戦騎手を務めた中野渡清一元騎手、伝説の名馬サクラスターオーを手がけた平井雄二元調教師といった業界最高峰と言われる人脈と情報力を擁しているからこそ。

ある大物関係者は「今年のダービーはまず荒れる」と断言しているだけでなく「これは本当にオフレコ情報なのだが、○○○○○○○○陣営が実は……」という、とんでもない強力情報も既に掴んでいる。レースそのものはもちろん、馬券的にも非常に妙味のある1戦となったのは間違いない。

本来であれば、日本ダービーの関係者情報を無料で提供することはないが、今回は特別も特別、弊社の情報を初めて入手される方に限り、日本ダービーの【◎-穴1点馬券】の情報を先着100名様限定で特別無料公開することが決定した。競馬の祭典である日本ダービーの馬券を購入される方は、是非とも”本物の関係者情報”を味わって頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第85回 日本ダービー(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク