【日本テレビ盃2020予想】本命アナザートゥルース

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は水曜の船橋メイン、日本テレビ盃の予想を。ストライクイーグル、ヒカリオーソ、ロードブレス、ミューチャリー、ダノンファラオ、デルマルーヴル、サルサディオーネなどが出走するダート1800mJPN2レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

昨日行われた白山大賞典は〇▲☆のド縦目決着。普段はどのレースでもド縦目馬券は必ず購入しますが、このレースに関しては安いと思い残念ながら購入せずでした(本命を含めて印を4頭しか打っていかなったのでこの配当なら元返し的な考えで購入しても良かったですが)。

これで連勝、連勝と続いていた地方の予想もストップ。ただ、幸いにもレースは今日も行われますので、週単位でのプラス収支への望みはまだ残されています。

何としても今日のレースを当てて9月の地方は(週単位での)無敗で終えたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第54回 スプリンターズS(G1)】

軸に相応しい馬は人気のグランアレグリアではない!

今年のスプリンターズステークスはアノ超人気薄馬が波乱の立役者となる!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日本テレビ盃

本命はアナザートゥルース

前走のエルムステークスでは後方でレース運びをした馬が早めに捲ってくる厳しい展開になったが、2番手から抜け出してギリギリまで粘る強い内容で3着を確保。最後は馬体を併せたウェスタールンドを差し返そうとする素振りを見せており、あそこで大きく垂れる事なく馬券圏内に粘った辺りが今のこの馬の充実度を示している。

同じく2走前のアンタレスステークスでも差し馬が台頭する流れの中を先行して2着に残しており、ここでもウェスタールンドに遅れを取ったものの、背負っていたハンデや展開を考えると強い内容だったと言えるのでは。

正直距離はもう少し長い方が合っていると思うが、3走前に強い勝ち方をした相性の良い船橋での競馬ならその時の再現までありそうな気もするので、外からスムーズに先行する形に持ち込めばここも無難に勝ち負け争いに加わってくるだろう。

対抗は人気ブログランキングへ

待望の距離延長、そしてコース替わりと好走する条件が揃った今回は人気以上の結果に期待が持てそう。相手がかなり強くなるので決して楽な戦いにはならないと思うが、メンバー的にも展開には恵まれる可能性が高そうなので、すんなり自分の形に持ち込む事が出来ればここもチャンスは十分にある。

デルマルーヴル

勝ち切れるかどうかは別として、良くも悪くも相手なりのタイプなので、今回も無難にそれなりの着順は拾ってきそう。乗り替わりはあまり歓迎とは言えないが、揉まれない外枠を引けた事はプラスに転ぶ。

ダノンファラオ

前走がかなり楽な競馬だった事と古馬を相手にどうかという不安はあるが、ハンデ差を活かせばここも粘り込みがあるか。ただ、血統的に人気で買いたいタイプではないので、それなりに票を集めるようなら多少嫌ってみるのが面白いのでは。

◎アナザートゥルース
人気ブログランキングへ
▲デルマルーヴル
☆ダノンファラオ
△ミューチャリー
△ストライクイーグル
△ヒカリオーソ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

少し印は多くなりましたが、何となく事故がありそうな気もするので、今日は少し広げて購入します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 スプリンターズS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年に春秋スプリントGIを制したファインニードルが同年に引退し、再び絶対王者を失ったスプリント路線。

ミスターメロディ、タワーオブロンドン、モズスーパーフレアと、その後のスプリントGIは勝ち馬が目まぐるしく変わり、今年の高松宮記念に至っては、1着入線のクリノガウディーが降着するなど、今のスプリント界を象徴するような結末となった。

スプリンターズSにも関わるサマースプリントシリーズは、レッドアンシェルが制することになったが、6頭が11~14ポイントという中での優勝で突出していたわけではない。

ここまでの流れからすれば、やはりと言うべきか、一般マスコミは“大混戦ムードの1戦”と報じるのも無理はなかろう。

このスプリント界の状況を見てか、いよいよ本腰を入れて動き出したのがノーザンFだ。

競馬界を席巻するノーザンFではあるが、最後に生産馬がスプリンターズSを制したのは2008年スリープレスナイトまで遡らねばならない。

高松宮記念も、吉田和美氏所有のキンシャサノキセキが2011、2012年と連覇しているが、この馬はオーストラリア生産馬、厳密に生産馬が制したのは2005年のアドマイヤマックスとなる。

この結果を見ても、ノーザンFの生産や育成のコンセプトとして短距離に力を入れていなかったことがハッキリとわかるだろう。

しかし、だ。

今年は高松宮記念にも参戦させたグランアレグリア、先に名前をあげたレッドアンシェル、態勢が整わず回避とはなったものの、インディチャンプまで参戦させる予定だったのだから、明らかにこれまでとは意欲が違う。

この事実は、今年のスプリンターズSを攻略する上で、重要なポイントとなると確信している。

無論、ノーザンFの思惑を掴むだけでは不十分。

モズスーパーフレア、ダノンスマッシュ、ミスターメロディなどなど、非ノーザンFの有力馬も多数参戦し、各陣営の思惑は多種多様、ましてGIともなれば、いつも以上に表向きに出すコメントは建前となる。

ライトな競馬ファンは、そうした建前コメントを見て馬券を買うのだから、なかなか的中しないのも自明の理なのだ。

一方、弊社シンクタンクには重賞の情報に特化した『重賞特捜部』が存在し、騎手、厩舎、馬主、牧場、エージェントなど、あらゆる関係者から話を聞き出せる態勢が整っており、本音や裏事情といった「本物の関係者情報」をいつでも入手することができる。

注目度の高いGIともなれば、当たり障りのない情報が世間に大量に流布されることになるから、その差はますます大きくなり、我々の情報の馬券妙味も増すこともしばしばだ。

今週のスプリンターズSは、本来であれば無料公開は難しいレースであったが、「本物の関係者情報」を知っていただきたいとの思いから、今回、初めてシンクタンクをご利用される方に限り、馬券候補が簡単に絞れる『情報注目馬5選』の特別無料公開が決定した。

この機会に、ぜひともお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 スプリンターズS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク