【新潟大賞典2018予想】本命トーセンマタコイヤ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の新潟メイン、新潟大賞典の予想を。トリオンフ、アウトライアーズ、マイスタイル、スズカデヴィアス、ステファノス、ステイインシアトルなどが出走予定。

時間の関係もあって今週は早めに予想を更新していきます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第23回 NHKマイルC(GI)

世間ではラッキーライラックの一強と見られていた今年の桜花賞では「決して“一強”ではない」と断言し、アーモンドアイを確信の本命に指名。その結果は言わずもがな。どちらが“1強”であったかハッキリとわかる完勝劇を挙げている。

そして、今週のNHKマイルカップでは「鉄板級と言える軸馬が存在する」とのこと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第23回 NHKマイルC(GI)

先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

新潟大賞典

本命はトーセンマタコイヤ

前走の中山金杯では向正面でマイネルミラノにハナを奪われてしまう展開になりながらも、直線ではセダブリランテスと共に前へ取りつこうとするような場面もみられる見せ場をつくっての6着。

最後は後ろから一気に来られてしまい飲み込まれてしまったものの、それでも大きく垂れる事なく勝ち馬から0.3秒差の競馬に持ち込んでおり、ラストはまともに追われていなかった事を考えるとレース内容としては悪いものではないだろう。

右回りよりも左回りでパフォーマンスを上げてくるタイプで、東京コースでは中山金杯4着のブラックバゴに先着、中日新聞杯の勝ち馬メートルダールと差のない競馬をした経験もあり、更に新潟コースを経験したのは僅か1戦ではあるが、この時の阿賀野川特別ではトーセンバジル、ワールドインパクトに次いでの3着とこれらの馬の能力を考えるとG3のハンデ戦なら十分足りる馬だろう。

この時期のハンデ重賞にしては少しメンバーが揃った感はあるが、まず前走からパフォーマンスを上げてくるであろう今回が絶好の狙い目とみて本命を打つ。

対抗はトリオンフ

前走の大阪杯は力及ばずの8着も、3連勝の内容からしてG3のここなら能力は頭一つ抜けている印象。

ただ、大阪杯の出来が抜群に良かったのでここで上がり目に期待が持てない点だけは引っかかってしまうが、それでも出来7分ぐらいであれば十分勝ち負けになるだろう。

▲にスズカデヴィアス

初の新潟コースがどうかも2000m戦の内枠と最低限の買い材料は揃っており、左回りの東京、中京で結果を残している馬だけに大きく割り引く事もないか。

前走の小倉大賞典でも絶望的な位置取りから3着まで追い上げており、勝ち馬は別として2着のクインズミラーグロとの差は能力ではない事は確か。

☆は人気ブログランキングへ

鞍上がなかなか悲惨ではあるが、単純に馬の力だけならこの馬も上位。前走も負けたとはいえ、展開を考えると強い競馬をしており、ここも同じような競馬が出来れば上位争いになるか。距離もこれぐらいが合っており、他馬とのハンデ差もある今回はチャンスだろう。

◎トーセンマタコイヤ
○トリオンフ
▲スズカデヴィアス
人気ブログランキングへ
△ハクサンルドルフ
△ナイトオブナイツ
△カレンラストショー
△ステイインシアトル
△ステファノス
△アウトライアーズ
△ケントオー

☆はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第23回 NHKマイルC(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
NHKマイルCを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬ではシーキングザパール、エルコンドルパサー、クロフネ、テレグノシス、キングカメハメハ、ラインクラフト、ディープスカイ、グランプリボス、カレンブラックヒル、ミッキーアイルなど、GI戦線で活躍した素質馬が揃っている。

過去10年の人気別の成績では、1人気【6.0.0.4】、2人気【1.2.1.6】、3人気【1.2.1.6】と1人気が好成績も勝つか馬券圏外の成績となっている。また、17年リエノテソーロ(13人気2着)、16年レインボーライン(12人気3着)、14年タガノブルグ(17人気2着)、キングズオブザサン(12人気3着)、13年マイネルホウオウ(10人気1着)、12年クラレント(15人気3着)、09年ジョーカプチーノ(10人気1着)、グランプリエンゼル(13人気3着)、08年ダノンゴーゴー(14人気3着)など2桁人気が馬券圏に好走し波乱を演出している。馬連万馬券が4度、3連単では100万馬券を超える特大馬券が2度出ている。

ステップレース別では(過去10年)、最も出走頭数が多い(69頭)ニュージーランドT組みが4勝とトップ。桜花賞、毎日杯組みがそれぞれ2勝。アーリントンC、皐月賞組がそれぞれ1勝を挙げている。勝ち星こそないが、スプリングS組み(2着2回)、ファルコンS組み(2着1回)、フラワーC組み(2着1回)と連対している。

今年は朝日杯FS・3着でアーリントンCの勝ち馬タワーオブロンドン、ニュージーランドTの勝ち馬カツジ、ファルコンSの勝ち馬ミスターメロディー、クイーンCの勝ち馬テトラドラクマなどの重賞ウイナーが参戦するが、確固たる本命馬不在で混戦模様。

昨年は13人気のリエノテソーロの激走情報を入手し馬連1万7290円、3連複5万0600円の万券ダブル的中をお届けした競馬セブンでは、今年も波乱の立役者となる人気薄の激走情報を独占入手済!昨年同様、一撃で帯封獲得の大チャンス!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞(春)・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第23回 NHKマイルC(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
NHKマイルCを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク