【新潟大賞典2020予想】本命インビジブルレイズ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の新潟メイン、新潟大賞典の予想を。ダイワキャグニー、エアウィンザー、ギベオン、レッドガラン、メートルダールなどが出走する芝2000mのG3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

正直予想に時間がかかりまくってしまったのでこちらの記事の更新は見送る予定でしたが、自粛の関係もあって暇なので数を打って欲しいというリクエストも頂いておりますので、今回は何とか更新に間に合わせた感じです。

なお、土曜は大きな壁をぶち破る一歩手前まで来ましたが、結果は…

京都新聞杯予想結果

1着☆ディープボンド
2着△マンオブスピリット
3着◎ファルコニア

3連複 4,540円 3連単 39,450

プリンシパルステークス予想結果

1着◎ビターエンダー
2着△ポタジェ
3着〇穴ディアセオリー

3連複 18,800円 3連単 64,540

ワイド 3,260

という感じ。

その肝心の大きな壁をぶち破れたかどうかなど、詳しい話に関してはまたNHKマイルの記事、もしくは月曜の記事で触れます。

NHKマイル穴馬3頭

NHKマイルカップ(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

NHKマイル(G1)を無料で見る

新潟大賞典

本命はインビジブルレイズ

前走の白富士ステークスは鞍上のサポートがあってこその内容ではあるが、それでもマイネルサーパス、レッドガラン、ダイワキャグニー、ミライヘノツバサなどその後のレースで好走している馬を相手に差し切っているので、着差や内容以上に価値が高く、中身の濃かった一戦と言える。

新潟での競馬は今回が初となるが、ここまで左回りでは2.0.1.0と一度も崩れた事のない得意な条件。更に馬場や展開を問わずに結果を残している点からしても当日の雨もまずマイナスになる事はないと思うので、血統的を含めても力が求められるようなレースになるのは大歓迎と言えるのでは。

ローカルのハンデ重賞という事もあって印の付け方が非常に難しいが、この2連勝の内容や3走前にサウンドキアラと0.4秒差の競馬に持ち込んだ内容はまず本物だと思うので、前走に続いてハンデ56キロで競馬が出来る今回は勢いそのままに重賞のタイトルに手が届いてもいい気もするが…。

対抗はカツジ

ダービー卿チャレンジトロフィーはスタートで出足が付かずに最後方からレースを進める事になったが、直線で大外をぶん回して勝ち馬から0.5秒差の競馬に持ち込む負けて強しの内容だったので、休み明けを2度使われた上積みを考えると今回の相手なら久々の好走がみられても。

兄のミッキーグローリーが新潟を含めて左回りで3.0.2.0という好成績を残していたので、本馬も初の新潟で大きく化けてくる可能性は十分あり得る話では。

▲に人気ブログランキングへ

通ったコースと道中の位置取りを考えるとかなり強い競馬をしていた2走前のレースから注目していたが、前走の内容を見るとやはりという感じなので、相手一気の強化でもハンデ重賞なら勝ち負け争いに加わってくる一頭と言えるだろう。雨で馬場が渋っても全く問題ないタイプなので、ある程度の位置を取りに行けば不発はないとみる。

☆にブラヴァス

ハルーワソング系牝馬なのでこの血統通りの遅咲きタイプ。馬体を見るとまだもう一段階成長する余地を残している感じもするが、使われて徐々に力を付けているのは間違いないので、ハンデにも恵まれた今回は初重賞挑戦でもいきなりから出番がありそう。ただ、鞍上の大幅弱化だけはどうしても割り引く必要があるので、ここはその分だけ評価を落として印を打った。

◎インビジブルレイズ
〇カツジ
人気ブログランキングへ
☆ブラヴァス
△ギベオン
△エアウィンザー
△アトミックフォース
△ダイワキャグニー
△ケイデンスコール

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第25回 NHKマイルC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

創設から早くも四半世紀、古くは『マル外ダービー』として名馬を輩出してきたが、時を経て意味合いも変わってきた。近年はクラシックにこだわらず、適性重視でレース選択をすることが増えたため、桜花賞、皐月賞から有力馬を駒を進めてくることも当たり前となった。

今年も、2歳女王レシステンシアが桜花賞からコチラへ矛先を向けることに。血統面、馬の個性を考えると、この選択もほぼ既定路線と言えるが、その裏には大手牧場の使い分け、すなわちノーザンファームの思惑が見え隠れする。

GI馬だからといって即信用できるかと言えば、そう簡単な話ではない。もともと、目標としていないレースを楽に勝たせてもらえるほど、GIは甘くない。

去年、桜花賞馬グランアレグリアが敗退し、40万馬券決着となったことは記憶に新しいが、NHKマイルCは昔から波乱決着が起こりやすい条件が揃っている。

攻略のカギは、各陣営の思惑を把握すること。すなわち、本物の関係者情報が必要となる。

しかし、5月末まで無観客競馬が続き、トレセンでの取材規制が厳しくなっている中、一般ファンの方々が知ることができる情報は、ますます少なくなってしまっている。

こんな状況でも、こんな状況だからこそ、ぜひとも弊社シンクタンクの情報を頼りにしてもらいたい。

ハイセイコーの主戦騎手だった増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二など、競馬界の大物OBが在籍し、古くから関係者達と信頼関係を築いてきた弊社は、情報ル―トたちが電話、メール、LINEなど個別に連絡をとって話を聞くことができる。これまで同様、シンクタンクの情報力は十二分に生き続けている。

少しでも競馬ファンの助力になるべく、今週はNHKマイルCの関係者情報、そして馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。この機会に、“本物”を体感していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第25回 NHKマイルC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク