【新潟記念2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の新潟メイン、新潟記念に出走を予定しているカデナ、クリンチャー、ショウナンバッハ、ジナンボー、センテリュオ、ダイワキャグニーの最終追い切りに関する記事を。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着

先週の追い切り注目馬は人気でしたがダノンスマッシュが1人気で1着と最低限。上半期の勢いがなかなか戻りませんが、夏競馬ラストの今週はビシッと決めたいと思います。

新潟記念最終追い切り

カデナ

フォームは可もなく不可もなくも全体的な走りとしてのバランスは悪くは感じない。脚捌きもスムーズで胸前もすっきりとしているが、長めに追われた分だけ最後は脚があがっており、バタバタになる一歩手前でフィニッシュ。目立った追い切りとは言えないが、いい意味で平凡といえる動きだった。

クリンチャー

頸と脚を出すリズムは崩れているが、前走時ほど大きくフォームが乱れるような事はない。馬場の影響もあってスピードには全く乗れないが、最後まで脚を取られる事なくしっかりと走れており、身体をしっかりと使った力強い動きは評価出来るだろう。出来だけなら間違いなく前走以上といえる。

ショウナンバッハ

途中脚もとを気にする場面はみられたが、前半からスピードに乗りながら軽快な脚捌きで走れており、しっかりと負荷をかれられた分だけ伸びていた。線は細いがそれでも身体を大きく使って走れている点を評価したい追い切りで、追われた時の反応もなかなか素晴らしいと感じた。まず好調とみる。

ジナンボー

動きは可もなく不可もなくという感じではあるが、馬場を考えるとそれなりに良い動きで、脚捌きも非常にスムーズだった。身体に硬さは残っているが、これといって大きく割り引くポイントも見当たらないので、この馬なりに力は出せる出来にあるとみる。

センテリュオ

外へ大きくヨレながら走っていて脚も流れてスピードに乗り切れない。ただ、馬場が相当悪い中での追い切りだったので、仮に馬場が良ければまた違った動きになったのでは。ただ、この馬場で最後までしっかりと走り切れた事は評価するが、以前のような軽さは戻ってこない。

ダイワキャグニー

頸に硬さがあってフォームは沈まないが、身体には柔軟性があって可動域も広い。脚捌きはちょっと軽すぎる印象も、スピードにはしっかりと乗れており、脚もとには最低限の力強さも兼ね備えた走りと言える。馬体は少し余裕があるも、トモの貼りは上々なので、久々でも力は出せる出来と言えるのでは。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは馬券も込みで狙っていいでしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 新潟記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマー2000シリーズの最終戦ではあるが、去年は3歳馬ブラストワンピースが菊花賞のステップとして参戦し圧勝するなど、レースの位置付けもやや変わりつつある。その大きな理由となっているのが、ノーザンファーム生産馬による使い分けだろう。

今やトレセンよりも優れた設備を有する外厩が増え、調教、育成技術も格段と上がり、既存のトライアルを使う必要性が薄れつつあることは、春のGI戦線でフィエールマンやグランアレグリア、サートゥルナーリアらが証明した。新潟記念はハンデ戦ではあるものの、秋のGI戦線を見据えるステップレースとすれば時期的には丁度良いと言える。

事実、去年もノーザンファーム生産馬のワン・ツー決着であり、有力馬の大半もノーザンファーム生産馬。今年もユーキャンスマイル、レイエンダといった重賞ウィナーなど、有力視される馬たちがエントリーしている。ノーザンファームの思惑だけ知っていれば馬券を獲れるわけではないが、今年も馬券を考える上で決して見逃してはならぬ大きなポイントとなるだろう。

しかし、取材範囲がほぼトレセンに限定される一般マスコミのレベルでは、生産者サイド、馬主サイドの思惑を入手することは困難。すなわち、大勢の一般ファンも知ることができない情報と言える。そういったことに早くから着目していた弊社シンクタンクは、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二など、競馬界の大物OBの人脈などを駆使し、騎手情報、厩舎情報、馬主情報や生産者情報、外厩情報と、あらゆる情報を入手できるよう、日々情報ルートを強化。“ココだけ”の関係者情報を入手している。

一般マスコミが世間にお伝えする情報と、我々シンクタンクがお伝えする情報がどう違うのか。それを知って頂くべく、今週は新潟記念の【情報注目馬5選】を無料公開する。小倉2歳S、札幌2歳Sと合わせて、自身の目で情報力の差を確認していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 新潟記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク