【新潟記念2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の新潟メイン、新潟記念に出走を予定しているメートルダール、アイスバブル、ジナンボー、ブラヴァス、ワーケアの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着
ベストアプローチ 4人気10着
ミッキーブリランテ 7人気5着
ゴールドクイーン 4人気16着
カリビアンゴールド 5人気5着
穴レッドアネモス 11人気1着
アナザートゥルース 5人気3着
ミヤジコクオウ 2人気2着
アストラエンブレム 7人気9着
ノーブルマーズ 5人気5着
ブライティアレディ 16人気11着
ノームコア 2人気1着
フィアーノロマーノ 3人気10着
ブルーバード 5人気10着

先週の追い切り注目馬はどちらもダメ。肝心の馬券も◎フラーズダルムから無難に勝負するも3着止まりという結果だったので、夏競馬ラストの今週末は何とか良い結果を出して気持ちよく締めくくりたいと思います(今週の地方競馬の予想2つがどちらも◎〇▲のド本線決着だったので、再び波に乗る事は出来たと思います)。

3点勝負買い目を無料公開

新潟記念最終追い切り

メートルダール

2週続けて鞍上を乗せて負荷をかけていた事もあって今週は軽めの反応を確かめる程度の追い切り。全体的に硬さがある分追っても伸びないように見えるが、この馬はいつもこんな感じなのであまり気にする必要はなさそう。当日はチークをつけてレースに臨むとの事だが、追い切りの動きをみる限り内面はしっかりとセーブ出来ているので、少なからず効果はあるのではないだろうか。

以前のような弾ける動きとはいえないのでピークは過ぎているかもしれないが、それでも年齢を感じさせないキビキビとした動きが目に付いているので、この馬なりに力は出せる出来にあるとみる。

アイスバブル

ゆったりとした大きなフォームで走れているが、内面にスイッチが入り切ってない事もあってかいつも以上に追われてからの反応が悪く、馬体を見ても多少緩さが残っている印象を受ける。

馬なりの調教パートナーにあっさりと突き放されてしまった点もマイナスで、ステッキを入れても食らい付けなかったのがいかにも久々という感じなので、休み明けの分だけ多少の割り引きは必要となるのでは。

ジナンボー

頸差しが硬く脚も動きの割には前に出ていないが、おそらく渋った馬場などが影響しての動きと言えるのでは。馬体やトモの張りは十分で、手綱を緩めるといつでも弾ける事が出来るぐらいの手応えはしっかりと残していたので、追い切りの内容次第ではもっと派手な動きになった可能性は高かったのではないだろうか。

前走を使って動きや馬体は一変しているので、当然出来は七夕賞以上と思っていい。まず好調とみる。

ブラヴァス

先週の追い切りは少しちぐはぐな内容となってしまったが、最後までしっかりと負荷をかけられた事で動きがかなり軽くなっており、ひばらのラインをみても馬体がすっきりとしたように見える(悪く言えば線が細くなった)。今週は馬なりでしっかりと加速し、最後も手応えを十分に残したまま走り切っているので、先週のように負荷をかけていればそれなりに時計も出た事が予想される。

前走からの上積みに関してはあまり期待は持てないかもしれないが、それでも今回のレースに向けてしっかりと馬をつくってきた感はあるので、七夕賞と同じぐらいの出来にはあるのでは。

ワーケア

間違えて一週前追い切りを再生してしまったと思う程、内容が良く似た最終追い切りとなった。動きに大きな変化もなく、胸前が広く、脚を出すタイミングが全く合わない点も相変わらずといった感じ。更に調教パートナーと馬体を併せたタイミングで多少ヨレる点まで内容が同じで、その後追われても反応がイマイチな点はまさにデジャヴ。

ただ、先週よりもしっかりとスピードに乗れていた事や着差を詰めてきた点に関しては少なからず評価は出来るので、一応前哨戦としての仕上がりとして考えるとあまり悪い印象は受けないが、逆にこのレースに向けて馬を完全に仕上げてきた感じもしないので、良くも悪くも目標は先といった出来での出走となるのでは。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

追い切りの内容を見ると大波乱までありそうな気もするが…。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 新潟記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマー2000シリーズの最終戦ではあるが、一昨年は3歳馬ブラストワンピースが菊花賞のステップとして参戦し圧勝するなど、レースの位置付けもやや変わりつつある。その大きな理由となっているのが、ノーザンファーム生産馬による使い分けだろう。

今やトレセンよりも優れた設備を有する外厩が増え、調教、育成技術も格段と上がり、既存のトライアルを使う必要性が薄れつつあることは、過去のGI戦線でフィエールマンやグランアレグリア、サートゥルナーリアらが証明した。新潟記念はハンデ戦ではあるものの、秋のGI戦線を見据えるステップレースとすれば時期的には丁度良いと言える。

事実、去年もノーザンファーム生産馬のワン・ツー決着であり、有力馬の大半もノーザンファーム生産馬。今年もジナンボー、ブラヴァスといった重賞常連など、有力視される馬たちがエントリーしている。ノーザンファームの思惑だけ知っていれば馬券を獲れるわけではないが、今年も馬券を考える上で決して見逃してはならぬ大きなポイントとなるだろう。

しかし、取材範囲がほぼトレセンに限定される一般マスコミのレベルでは、生産者サイド、馬主サイドの思惑を入手することは困難。すなわち、大勢の一般ファンも知ることができない情報と言える。そういったことに早くから着目していた弊社シンクタンクは、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二など、競馬界の大物OBの人脈などを駆使し、騎手情報、厩舎情報、馬主情報や生産者情報、外厩情報と、あらゆる情報を入手できるよう、日々情報ルートを強化。“ココだけ”の関係者情報を入手している。

一般マスコミが世間にお伝えする情報と、我々シンクタンクがお伝えする情報がどう違うのか。それを知って頂くべく、今週は新潟記念の【情報注目馬5選】を無料公開する。小倉2歳S、札幌2歳Sと合わせて、自身の目で情報力の差を確認していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 新潟記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク