【日経新春杯2019予想考察】一週前追い切り・調教評価など

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、日経新春杯に出走を予定しているアフリカンゴールド、グローリーヴェイズの一週前追い切りと中山で行われる重賞、フェアリーステークス、京成杯に関する記事を少し。

まずはフェアリーステークスと京成杯の予想オッズなどから触れていこうと思います。

フェアリーステークス予想オッズ

1 タニノミッション 2.9
2 コントラチェック 3.7
3 レーヴドカナロア 5.0
4 アクアミラビリス 5.7
5 アマーティ 8.4

1人気は母vodkaの良血馬、タニノミッション。かなりの好馬体馬としてデビュー前から注目を集めていましたが、動かしてもなかなかの素質を感じる馬なので血統抜きにしてもそれなりに票を集める事になるのでは。1戦1勝で臨んだ阪神ジュベナイルフィリーズでも5人気となったぐらいの馬なので、ここでは少しだけ抜けた人気になると予想する。

2人気はクラブ期待馬のコントラチェック。特別実績が豊富というタイプではないが、鞍上が鞍上なだけに必要以上に人気になると予想。クラブの馬なので単勝はそれなりに売れるでしょう。

続いて母レーヴドスカーのレーヴドカナロア、抽選待ちになるが、抽選突破なら血統的にも筋が通っているアクアミラビリス辺りが上位人気に支持される事となりそう。アマーティも当然ここを使うようなら10倍を切るオッズになるだろう。

京成杯予想オッズ

1 シークレットラン 3.3
2 ランフォザローゼス 3.9
3 ラストドラフト 4.0
4 ダノンラスター 4.8
5 カテドラル 7.3

1人気はこのレースと相性の良い葉牡丹賞の勝ち馬、シークレットラン。ただ、血統が地味な事に加えて前走が人気薄での勝利だったので、2着馬であるランフォザローゼスの方が人気になる可能性も。

ルメールがラストドラフトを選んだという事でこの馬が葉牡丹1,2着馬よりも人気になる可能性もあるが、どちらにしてもかなり混戦オッズとなるのでは。

3点勝負買い目を無料公開

日経新春杯一週前追い切り

アフリカンゴールド

頭は高くないが頸の可動域が狭く、フォームが全く沈まない。脚と頸のリズムが悪い訳ではないが、前脚があまり上がらない事と飛節が伸びない事が影響してややこじんまりとした動きに見えてしまう。身体が使えてないといえばそれまでになるが、いつも以上に脚が上がり切らない点は割り引く必要があるだろう。

ただ、もともと血統の関係で非力なイメージがある馬ではあるが、ラストはしっかりと負荷をかけられて最低限の動きは披露しており、硬さがあるなりによく動けていた印象を受ける。

どちらかといえば調教映えするようなタイプではないので、この馬としてはそれなりに動けていた部類に入るのでは。ある程度硬さが解消されれば仕上がると思うが、馬体には多少緩さが残っているので、少なからず久々の影響はあると思った方が良さそう。

グローリーヴェイズ

2頭併せで前半からかなり強烈に負荷をかける追い切り。力強い走りとは言えないが、脚の回転は速く、乗った時のスピードはなかなかのもので、可動域がやや狭く感じる割には身体は使えている動きと言える。

頸差しの影響でフォームは沈まないが、硬さはほぼ感じられないので、ここに関しては特別割り引く必要はなさそう。ただ、ラストもかなり強めに追われた割には伸びがイマイチで、調教パートナーの手応えの差をみると大きな違いを感じられるだけに、反応の鈍さが久々の分と言えるだろう。

これだけしっかりと追われた後なので最終追い切りではあまり負荷をかけてこないかもしれないが、馬体に緩さは感じられないので、今回のひと追いで内面にある程度スイッチが入ればいきなりから勝負になっても良さそうではあるが。

最後にフェアリーS、京成杯の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第66回 日経新春杯>

正月開催の目玉★大人のお年玉馬券★

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の優勝馬パフォーマプロミスは日経新春杯で初重賞制覇。後にアルゼンチン共和国杯を制し有馬記念にも出走。また、17年の優勝馬ミッキーロケット(皐月賞13着・菊花賞5着)、16年の優勝馬レーヴミノル(ダービー5着)、15年の優勝馬アドマイヤゼウス(皐月賞9着・ダービー7着)、14年の優勝馬サトノノブレス(菊花賞2着)は3歳時にクラシック路線に出走していたように、クラシック出走馬の活躍が目立つ。

ここ10年、人気馬の成績では、1人気[3.4.1.2]、2人気[4.1.0.4]、3人気[0.3.0.7]と1.2番人気の活躍が目立つ。また、15年フーラブライド(10人気2着)、13年カポーティスター(10人気1着)、10年レッドアゲート(12人気3着)、09年テイセムプリキュア(11人気1着)など、ニ桁人気馬が好走。平均配当では、馬連3480円、3連複1万0890円、3連単6万3290円。馬連万馬券が2度、3連単では10万馬券を超える特大馬券が2度出ている。年齢別の成績では4歳馬が7勝(2着6回)、5歳が2勝(2着3回)、6歳馬が1勝(2着1回).7歳上は連対なしと4歳馬が圧倒的に強い。

今年の日経新春杯には人気にならないとある厩舎の隠し玉が出走!競馬セブンでは早くからココ狙いの激走穴馬のスクープ情報を極秘入手!正月開催の目玉となるお年玉情報『日経新春杯』は絶対にお見逃しの無い様にご注意下さい。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日経新春杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク