【日経新春杯2020予想】本命モズベッロ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、日経新春杯の予想を。レッドジェニアル、サトノガーネット、アフリカンゴールド、ロードヴァンドールなどが出走する芝2400mのG2レース。

土曜は愛知杯の◎レイホーロマンスが11人気で3着に好走。一瞬単勝まであるかと思いましたが、ここは最低限の的中。今更ですが愛知杯は割と相性が良いレースという事に気付きました。

今週はこのまま勝ち逃げするのもアリですが、もともと日曜をメインにと思っていたので、今日もしっかりと結果を出せるように頑張ります。

まずは京都の予想の前に中山でも重賞が組まれていますので、こちらのレースの予想を軽く。

京成杯

◎穴ディアスティマ

あまり大穴を狙うようなレースではないかもしれないが、小波乱ぐらいなら十分ありそうなメンバー構成。正直あまり手を出したくなるようなタイプではないが、この人気なら馬券に絡んだ時のリターンを考えると普通に買いたくなる一頭なので、ここはセオリーに反して最上位の印を打ってみる。

前走の追われてからの反応や最後の伸びを見ると今回のコースや馬場は合いそうなので、ある程度引き締まった展開になればラストはしっかりと脚を使ってくるのでは。

日経新春杯

本命はモズベッロ

ここは何度も馬券をハメているお気に入りの馬が重賞のタイトルに手が届くチャンスとみて本命に。前走のグレイトフルステークスはでは前が残る展開の中をただ1頭後方から強烈な脚を使って4着まで追い上げてくる強い競馬。今回と同じコースで行われた2走前の高雄特別では少頭数だったとはいえ、今の京都と同じような馬場の中で直線馬なりで圧勝しているので、まず前走よりも条件は大幅に好転するとみる。

道中の位置取りやいきっぷりだけは仕方がないにしろ、距離を延ばして明らかに良さが引き出された印象なので、この舞台で裸同然であるハンデ52キロで競馬が出来るなら格上挑戦でも勝ち負け争いに加わってくるのではないだろうか。想像以上に人気になっているが、今回は人気度外視で購入する。

対抗は人気ブログランキングへ

本馬も今回の条件はほぼベストに近く、ハンデや今の京都の馬場を考えると重賞に手が届く大チャンスか。前走も先着を許した馬には上手く乗られてしまっただけなので、ここは力を出し切れば馬券圏内は堅いとみる。

▲にタイセイトレイル

前走のジャパンカップはさすがに相手が強かったが、これまで2400m以上のレースでは非常に安定した成績を残している馬なので、一気に相手が楽になる今回は条件的にも巻き返し濃厚な一戦か。

グリーンステークスではまともであれば重賞での活躍に期待が持てたマイネルヴンシュを外から余力を残したまま差し切った内容と、先行馬が差し馬に飲み込まれる展開の中で55キロを背負いながら3着に残した3走前の内容からしても今回の相手であれば格上と言える存在なので、対抗馬同様にまともであれば馬券圏内は堅そうな気も。

ただ、エンジンのかかりが遅く、追われても伸びてくるのがワンテンポ遅れてしまう馬なので、脚を使っても前を捕まえる事が出来ないというパターンがある事だけは頭に入れておきたい。

☆大穴にサイモンラムセス

3走前の小倉大賞典を含めてこれまで何度もお世話になっている馬で、長期休み明けという点は引っかかるが、今回の条件に関しては合わないという事はないので、人気薄で買えるならダメもとでそれなりの印は打っておく。

◎モズベッロ
人気ブログランキングへ
▲タイセイトレイル
☆大穴サイモンラムセス
△レッドレオン
△レッドジェニアル

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第67回 日経新春杯(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015年に馬連万馬券的中をお伝えしたことがあるように、ハンデ戦らしい高配当決着になる時もあるが、近3年は1番人気が勝利し、4年連続連対中と堅実な成績を残している。しかも、去年の勝ち馬グローリーヴェイズは同年の香港ヴァーズを制し、一昨年の勝ち馬ミッキーロケットは宝塚記念を勝ち、その他にもシュヴァルグラン、ルーラーシップ、ヒルノダムールなどの好走馬がGI馬となっていて、まさに“出世レース”となっている。

その要因の1つとして、外厩施設の充実で調教、育成技術が大幅に向上し、長期休み明けのデメリットが少なくなったことがあげられる。なおかつ、ノーザンファームを中心とした大手牧場は、有力馬を使い分けるのが当たり前で、G2となれば有力なステップとして選択肢になり得る。ローテーションの概念が変わり始めていることは、去年のGIの結果からしても明らかだろう。

今年も、出世が期待される素質馬の存在はカギとなるだろうが、その有無を含めて確かなジャッジができる情報が必要となる。その情報とは、ネット上やスポーツ紙に専門紙といった、誰でも目ができるところにあるものではない。騎手、厩舎、馬主、生産者、エージェント、外厩といったあらゆる競馬関係者と太いパイプを持つシンクタンクだから聞ける関係者の本音なのだ。

日経新春杯は、これからの古馬中長距離路線を占う上で重要な1戦となる。確かな情報を掴んでおくことは、このレースのみならず、今年のGI、重賞の馬券攻略のカギとなりうる。競馬ファンの方々にその事実を知ってもらうべく、今週は日経新春杯の関係者情報と、馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開。愛知杯、京成杯と合わせて、ぜひともご覧頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第67回 日経新春杯(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク