【日経新春杯2021予想】門司ステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中京メイン、日経新春杯の予想を。ダイワキャグニー、エアウィンザー、ヴェロックス、サトノソルタス、アドマイヤビルゴ、サトノインプレッサなどが出走する芝2200mのG2レース。

なお、こちらの日経新春杯の予想や中山メイン、京成杯の予想など日曜の勝負レースの予想に関してはいつものようにnote内で公開しています。

【京成杯2021予想他】1月17日勝負レース

土曜は後一歩で大爆発までありそうでしたが、その後一歩が…という感じ。

虹の松原ステークス予想結果

2着◎ミスニューヨーク

愛知杯予想結果

1着△マジックキャッスル
2着◎ランブリングアレー
3着△ ウラヌスチャーム

馬連 3,470円

痛恨の2列抜け。ただ、何となくこの結果は想定していたので、珍しく馬連を広げて購入した事が功を奏す形に。

タンザナイトステークス予想結果

1着…レジェーロ
2着◎ダイメイフジ
3着…エレナアヴァンティ

直線では帯が見えましたが、まさかまさかの相手抜け。年明けから中穴に本命を打ちまくって好走、好走、また好走が続きますが、後一歩噛み合わず超回収を逃していますね…。

ただ、何度も言うように本当に馬場や傾向は読めている。更に去年からの好調がもう3ヶ月ほど続いていて、嬉しい事に恐ろしいほどプラス収支も続いています。

今週も当然手応えしか掴めていませんので、日曜も強気で自分らしい印で取れそうで取れない帯取りを目指します。

2021年勝負レース結果

1/5○
1/9×
1/10◎
1/11◎
1/16○

去年も18戦13勝(微プラの2勝も面倒なのでカウントしました)と勝ちに勝ちまくって結果圧勝で終わった勝負レースですが、今年も非常に良い流れです。

このまま週単位での全プラスを目指し、11月に続いて無敗で終えてやりましょう。

【京成杯2021予想他】1月17日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は波乱!日経新春杯!

有馬記念も◎クロノジェネシス穴サラキアで的中!

今週の重賞も全て無料で公開します!

【日経新春杯注目穴馬

阪神JF注目馬5選

ソダシ1人気→1着
サトノレイナス2人気→2着
シゲルピンクルビー
ユーバーレーベン6人気→3着
メイケイエール

カペラステークス注目馬5選

スズカコーズライン
ダンシングプリンス2人気→3着
テーオージーニアス
レッドルゼル1人気→2着
ジャスティン4人気→1着

天皇賞秋注目馬5選

ダノンキングリー
フィエールマン5人気→2着
クロノジェネシス2人気→3着
アーモンドアイ1人気→1着
スカーレットカラー

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

【日経新春杯注目穴馬

門司ステークス

ソリストサンダー

前走は会心の◎だったが、ある程度買い材料が揃った今回も前走に続いての本命に。

以前差し馬の割には立ち回りが上手く、ある程度の位置で溜めて終いは確実に伸びてくるローカル向きのタイプと書いたように、どちらかといえば前走の大箱よりも今回の小回り向きのタイプなので、あらゆる条件が好転する今回は当然人気でもそれ相応の印が必要となる。

武蔵野ステークスは多少展開は味方したものの、サンライズノヴァ、エアスピネルに割って入った内容まずフロックとは思えず、昇級初戦となった2走前の福島民友カップでもこの馬よりも内を通っていた2頭がそのまま流れ込んだような結果だったので、内外フラットな馬場であればまた着順も大きく違った可能性が高かったのでは。

その福島民友カップで先着を許したオーヴェルニュ、スマートセラヴィーがその後のレースを勝利している事を考えれば、かなりレベルの高いレースを経験している事になるので、このレースで一番強い競馬をした本馬もこの2頭に続いて勝ち星を重ねる、というパターンはごく自然な話になるか。

以外にも小倉の中距離は初となるが、これまでダート1700mではほぼ崩れていないので、ハンデ58キロを背負っても今回はまず恥ずかしい競馬にはならないだろう。

人気ブログランキングへ

待ちに待ったローカルダート1700m戦。前走も着順は微妙ではあるが、勝ち馬との着差はそこまで大きなものではなかったので、この条件であれば大きくパフォーマンスを上げてきても驚けないだろう。ここ2走で相手にした馬のレベルも相当高いので、今回の相手であれば案外あっさりまであっても良さそうな気もするが。

スズカフロンティア

前走は人気薄での好走だったが、出遅れながらの競馬だった事を考えると着差以上に強い内容だったので、今回の相手であればもう一発があってもよさそう。

サトノギャロス

少し距離が長く感じた前走も力のある馬を相手に見せ場をつくっていたので、今回の距離短縮はまずプラスに転ぶ。

◎ソリストサンダー
人気ブログランキングへ
▲スズカフロンティア
☆サトノギャロス
△ペオース
△カラクプア
△アンリミット
△オメガレインボー
△キメラヴェリテ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

日経新春杯の予想や中山メイン、京成杯の予想など日曜の勝負レースの予想に関してはいつものようにnote内で公開しています。

【京成杯2021予想他】1月17日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第68回 日経新春杯(G2)>

正月開催の超目玉
大人のお年玉馬券

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

19年優勝馬グローリーヴェイズ(菊花賞5着)、17年優勝馬ミッキーロケット(皐月賞13着・菊花賞5着)、16年優勝馬レーヴミストラル(ダービー9着)、アドマイヤゼウス(皐月賞9着・ダービー7着)、14年優勝馬サトノノブレス(菊花賞2着)は前年のクラシック路線に出走していたように、クラシック出走馬の活躍が目立つ。今年はサトノインプレッサ(ダービー4着・菊花賞12着)、レクセランス(皐月賞11着・ダービー15着・菊花賞16着)が参戦予定。

また、過去10年の連対馬で後にGI馬となったのはグローリーヴェイズ(19年香港GI)・ミッキーロケット(18年宝塚記念)・シュヴァルグラン(17年JC)・ルーラーシップ(12年香港)・ヒルノダムール(11年天皇賞春)など5頭が居るように出世レースでもある。

過去10年、上位人気馬の成績は、1人気[4.3.1.2]、2人気[4.1.0.5]、3人気[0.2.1.7]と1.2人気で8勝(12連対)の好成績だが20年エーティーラッセル(11人気3着)、15年フーラブライド(10人気2着)、13年カポーティスター(10人気1着)などニ桁人気馬が好走。ヒモ荒れのケースが多い。

19年もお年玉馬券として公開した日経新春杯は◎ルックトゥワイスから馬連1320円・3連複2640円・3連単1万0530円のパーフェクト的中!

競馬セブンでは早くから「正月開催のお年玉情報」と関係者から大ヤリネタを独占入手!ここ目標の確勝級情報馬のヤリ話は超必見!さらに人気薄確実な隠れ穴馬の激走情報も極秘入手!正月開催の目玉となるお年玉情報『日経新春杯』は絶対にお見逃しの無い様にご注意下さい。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日経新春杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第68回 日経新春杯(G2)>

正月開催の超目玉
大人のお年玉馬券

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク