【日経賞2018予想】本命サクラアンプルール

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

続中山メイン、日経賞の予想を。ガンコ、キセキ、ゼーヴィント、ソールインパクト、トーセンバジル、ノーブルマーズ、ロードヴァンドールなどが出走予定。前走本命馬が5頭と大量出走。ここは印の付け方をかなり迷いましたが最終的に愛を貫く事にしました。

その他の予想に関してはこちら↓

名古屋城ステークス2018予想

PR【▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼】

今週の大勝負レース!高松宮記念の予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

日経賞

本命はサクラアンプルール

前走はあそこから伸びないか、と思ってしまう競馬だったのでここで本命を打つのはなかなか勇気がいるが、少なからずダメージが残ったであろう有馬記念を使った後の競馬で勝ち馬から0.2秒差の4着なら悪いものではない。その有馬記念でも大きな不利があって大敗してしまったが、不利がなければそれなりの着順を拾っていた可能性が高く、3走前の天皇賞秋は8着に敗れてしまったが、残り200mを過ぎてからもしっかりと脚を使って伸びており、内枠をしっかり活かした競馬が出来ていれば3着争いには加われたぐらいの内容で、更にこの日は得意とは言えない重馬場での競馬だった事を考えると負けて強しと言える内容だった。

ここに出走しているライバル馬の目標は先になるがサクラアンプルールに関しては次がない状況。大阪杯を捨てて日経賞を使ってきた時点でここがメイチという事は目に見えており、その点を考えるとここで本命を打たない訳にはいかない。距離は少し長く感じてしまうが、中山コースであれば誤魔化しが利く。当てにいくのも狙いにいくのも競馬ではあるが、愛を貫くのも競馬。人気落ちの今回は十分狙う価値があるだろう。

対抗にロードヴァンドール

前走は想像通りの競馬で2着。馬場の恩恵を大きく受けた事も事実ではあるが、自分の形で競馬が出来ればそう簡単には止まらない事を証明したレースでもあった。前走でも距離は長いと感じたので今回の距離延長はプラスになる事はまずないと思うが、中山コースであれば多少長くとも問題はない。枠順も良いところを引けたここもマイペースならうるさい存在になる。

▲はトーセンバジル

前走の香港でも自信の本命としたが、結果は想像以上に弾けず3着止まり。ただ、勝ち馬はハイランドリールという事を考えると納得も出来る。新潟記念でも致命的な位置やコースから伸びてきており、京都大賞典ではシュヴァルグランに先着するなど力は間違いなくある馬ではあるので、主役級の馬が存在しない今年の長距離路線であれば先週のサトノクロニクル同様に期待が持てる1頭だと思っている。休養明けからいきなり動けるようなタイプでもない事と鞍上の影響もあって必要以上に人気になってしまう事を考えるとこのぐらいの評価が妥当か。

☆にソールインパクト

とにかくツボがわかりやすく、東京の2400m戦などでは切れ負けするような馬で、アルゼンチン共和国杯や前走のダイヤモンドステークスのように少しズレたレースで最後の一押しが利くようなタイプ。よって今回の中山2500m戦はこの馬には合っているだろう。ただ、どちらかと言えば前走のコースの方がこの馬には向いている印象なので、相手が強くなる今回は4番手までの印となった。それでもスワーヴリチャード、セダブリランテスの間に割って入った馬。能力は足りる。

大穴で人気ブログランキングへ※アルター

前走は位置取りが悪くなってしまい参考外のレース。中山コース替わりも歓迎と言え、今の荒れた馬場も味方しそう。人気馬に隙がある今回は流れに乗って競馬が出来れば一発の可能性は十分では。

◎サクラアンプルール
〇ロードヴァンドール
▲トーセンバジル
☆ソールインパクト
△大穴人気ブログランキングへ※アルター
△ノーブルマーズ

大穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは上位5頭の馬券をメインに購入する。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第48回 高松宮記念(GI)

先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の最優秀短距離馬・レッドファルクスに、前年覇者セイウンコウセイ、15年桜花賞馬レッツゴードンキ、17年桜花賞馬レーヌミノルといったGI馬だけでなく、前哨戦を制したファインニードル、ダイアナヘイロー、キングハートといった有力馬達が参戦し、ほぼ国内スプリント路線のベストメンバーが揃った印象だが、そこにスプリンターズSで5着、香港スプリントでも3着と健闘した香港馬・ブリザードが加わり、馬券的には見どころ満載の1戦になることはまず間違いない。

マスコミの報道は“大混戦”を煽り立てることは必定。特にGIでは全く勝負にならないような馬でも「絶好調!」「一発ある!」などという無責任な情報が流布することはよくあることで、そんな情報を頼りに馬券を買っていては、的中に近づけることはできない。まさに“運頼み”としか言いようのない状況となるだろう。

しかし、当社シンクタンクには元調教師・元騎手を筆頭に、競馬界の内部に精通する人物が情報ルートとして在籍。騎手、厩舎はもちろんのこと、馬主、生産者、エージェントといったあらゆる関係者から話を聞き出せる情報網を持っている。嘘か真か不明瞭な情報が錯綜するGI競走において、この情報力の差がもたらす影響は極めて大きいと断言できる。

実際に、昨年のスプリント重賞では、CBC賞で穴馬セカンドテーブル(13番人気2着)の激走情報を掴み馬連1万8380円的中。キーンランドCでは、激走穴馬エポワス(12番人気1着)を本命に指名し3連単11万4130円的中と、当社の情報力が遺憾なく発揮されている。

実は、今年の高松宮記念でも上記のような”激走穴馬”の存在をマーク済み。馬券に絡むようならば、10万馬券オーバーの高配当になる可能性も十分にある。そこで、今週は特別も特別に、当社シンクタンクがお届けする高松宮記念の【3連単勝負馬券】を無料公開する。競馬関係者から、確かな情報を入手できるプロの買い目を、是非とも身をもって体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第48回 高松宮記念(GI)

先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク