【日経賞2020予想】+毎日杯

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、日経賞の予想を。ウインイクシード、エタリオウ、サトノクロニクル、スティッフェリオ、ミッキースワローなどが出走する芝2500mのG2レース。

まずは頭数が揃いませんでしたが、一応重賞という事で阪神メインの毎日杯の予想を軽く。

毎日杯

人気ブログランキングへ

相手に穴アーヴィンドや穴メイショウダジンなどを絡めてプチ波乱を狙いたい。

以下メモ用。

本来であればドバイの週なのでこの辺りでプロトタイプを解体してのネタバラシの予定でしたが、タイミングが最悪すぎるのでしばらくはこのままスルーします。

中山

2R◆ジャストチョウサン

7R★ユウヒノプリンス

8R▽ゲンパチカナ

10R★レーヌブランシュ

12R★ロジヒューズ

阪神

3R★テーオーコロンブス

6R★アイスヴィスタ

7R★メイショウコミチ、★ファイナライズ

8R★メイショウイフウ

10R▽ヘブンリーデイズ

12R★タガノコルソ

中京

1R★ユースフルラブ

2R★アイガーテソーロ、★マコトイスカンダル

3R★ホープブロッサム、★イトシキオモイ

7R★ショーマノキセキ

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第50回 高松宮記念(GI)

有力ジョッキー不在で今年も大波乱!?

今年も自信の◎宣言!

仮に高松宮記念が的中しなければ1日1鞍渾身の予想を4/26まで完全無料配信!

高松宮記念注目すべき穴馬を無料で教えます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日経賞

本命はモズベッロ

前走の日経新春杯に続いての本命となるが、相手が緩かったとはいえ、直線外から楽々突き抜けたのは力があってこその競馬で、やはり長距離路線であればそれなりのレベルまで行ける馬なのは間違いないだろう。

特別器用さがあるタイプではないので正直今回のコース替わりはプラスとは言えないが、同じ条件で行われた2前走のグレイトフルステークスでは前が残る展開の中をただ1頭後方から強烈な脚を使って4着まで追い上げてくる強い競馬で掲示板を確保しており、更に決して上手く乗られたとは言えない中での結果なので、まともな鞍上で臨む今回はさすがにあの時のような事にはならないのでは。

それでも大幅なハンデ増、相手強化と前走ほど楽な競馬にはならないと思うが、サクラアンプルールやナックビーナスのように目を付けた(お気に入り)馬は飽きるまでとことん追いかけるというのが自分のマイルールでもあるので、ここも当然のようにこの馬から馬券を組み立てるのがセオリーと言えるか。

対抗は人気ブログランキングへ

前走は不利な条件ばかり揃っていた事に加え、途中不利を受けてちぐはぐなレースになりながらも直線では見せ場たっぷりの競馬。あの競馬を見る感じではまだ終わった馬ではないと思うので、あらゆる条件が好転する今回は大幅な変わり身に期待が持てるのでは。

これまで相手にしてきた馬のレベルを考えると今回の相手なら格上と言える存在なので、まだまだ人気が地味っぽいここは絶好と狙い目と言えるか。仮にここがダメならドツボの条件である小倉2000m戦で分厚い◎を用意する。

▲にエタリオウ

去年の日経賞以降は馬券に絡む事が出来ていないが、相手関係や道中の位置取りが悪いなど言い訳の出来る敗戦が多い事も事実なので、相手ダウンのG2ならそろそろ出番があるのでは。

今回の乗り替わりやローテも悪くは感じないので、ここらでこの馬らしい着順(2着)を拾ってきそうな気も。

☆にミッキースワロー

格下の馬に印を打って事故を待つ事も考えたが、このぐらいのレベルのレースになると無難に格がモノをいう事が多いので、4番手もベタに印を打つ事に。

前走のアメリカジョッキークラブカップは勝負所で故障馬のあおりを受けてしまい万事休す。それでも4着まで追い上げてきた辺りがこの馬の能力の高さと言えるので、今回はスムーズならしっかりと巻き返してくるのでは。

距離に関してはやってみないと分からないが、非根幹距離を得意としている馬なので、このコースであれば極端にマイナスになる事はないだろう。

◎モズベッロ
人気ブログランキングへ
▲エタリオウ
☆ミッキースワロー
△レッドレオン
△スティッフェリオ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第50回 高松宮記念(G1)>

春のスプリント王決定戦に
激走穴馬出走!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、1人気で優勝したのはビックアーサー、ロードカナロア、キンシャサノキセキの3頭のみ。短距離界の王者が人気に応えているが1人気が人気を裏切るケースも多く、荒れるGIレースでもある。上位人気馬が総崩れする事はないが過去10年でも、セイウンコウセイ(19年12人気2着)・ショウナンアンセム(19年17人気3着)、ナックビーナス(18年10人気3着)、ハクサンムーン(13年10人気3着)、アーバニティ(11年11人気3着)などの二桁人気馬の伏兵が馬券圏内に好走し波乱の立役者となっている。

前哨戦、オーシャンS上位組からはダノンシュマッシュ、タワーオブロンドン、ナックビーナス、シルクロードS組ではアウィルアウェイ、モズスーパーフレア、ナランフレグ、セイウンコウセイ、阪急杯組ではダイアトニック、ステルヴィオ。阪神Cで他馬をぶっち切ったグランアレグリア、昨年のヴィクトリアマイルの覇者ノームコアやデビューから7戦連対率100%のアイラブテーラーなどが参戦。昨年のスプリンターズSを制したタワーオブロンドなど今年はGI馬5頭がスタンバイ。

直近5年で3度的中の高松宮記念だが競馬セブンではとある陣営の勝負情報を独占入手!昨年も馬連だけで375万3000円を獲得したGI勝負だが、競馬セブンがGI勝負に強い理由は各専門分野「騎手情報」「馬主情報」「馬産地情報」「栗東情報」「美浦情報」など専門分野に特化した馬券情報・関係者情報を入手しています。こういった競馬セブンだからこそ入手可能な馬券情報が、GI勝負においても決め手となるのです。春競馬GIシリーズ第一弾となる高松宮記念も、競馬セブンの関係者情報に大きくご期待ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『高松宮記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク