【日本ダービー2020予想オッズ】追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、日本ダービー(東京優駿)に出走を予定しているアルジャンナ、コントレイル、サリオス、ガロアクリーク、サトノフラッグ、ウインカーネリアン、ディープボンドの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

メイステークス予想結果

7着◎ゴーフォザサミット

平安ステークス予想結果

10着◎ロードレガリス

まさかの1人気と完全に人気の読み間違い。もう少し人気が落ち着くと思っていた☆ヴェンジェンスもそれなりに人気とスタートから全くダメな予想でした。

フリーウェイステークス予想結果

8着◎レノーア

オークス予想結果

15着◎クラヴァシュドール

ここは全くの見せ場なし。ここまで豪快に外すのは本当にどうかしてますね…。ゴールデンウィークの好調が懐かしく感じますが、今年はとにかく好調期が短すぎる。

もう引退かな、とも思ってしまうぐらいの結果ですが、ダービーウィークで引退を強制撤回出来るぐらいの結果を残せば…。

ただ、日本ダービーも3着の◎マイネル何とかからワイドでワンアンドオンリー、イスラボニータの2点に5000円買いした時以降は当たった記憶がありませんので(古すぎる)、あまりイレ込まずにいつものリズムでぼちぼちやっていきます。

東京優駿一週前追い切り

アルジャンナ

前半の動きが確認出来ないので何とも言えないが、脚捌きが鈍く重苦しさの残る追い切り、動きとなっている点は割り引きが必要となる。負荷をかけても伸びきらず、最終的には調教パートナーにも勝負所で突き放されてしまったので、このひと追いである程度馬体が絞れて素軽さが戻らない事には厳しいか…。

前走時の最終追い切りの動きが抜群だったので、その時の動きと比較すると出来は2ランクほどダウンといった感じ。最終追い切りの変わり身に期待したい。

コントレイル

前半大きく馬体がブレてしまう場面は見られたが、その後すぐに立て直すとフォームは安定。相手に並んでから自然に加速出来ている点や、終始自分のリズムを崩さずに走り切った点はそれなりに評価出来るが、今週は負荷をかけられていない事もあって馬体にはまだまだ緩さが残っている。

最後は調教パートナーに差を詰められてしまったが、相手が一杯に追われている事に対してこちらは馬なり。おそらくこちらも負荷をかけていれば相手をぶっちぎっていたと思うので、最後詰められてしまった事や相手との差に関しては全く気にする必要はないだろう。

今週の段階では出来の良し悪しは判断出来ないが、少なくとも皐月賞から大きく変わった様子は感じられないので、最終追い切りで負荷をかければまず仕上がるのでは。

サリオス

動きに力強さがある分、スピード感には欠けるような動きとなっているが、脚捌きは軽く頸を出すリズムも抜群に良く見える。ただ、今回は相手が走りすぎた事もあるが、追われてもすぐに反応出来なかった点はちょっと気になってしまうので、前走同様に最終追い切りに向けての課題は決して少なくないだろう。

それでもトモや肩を見てもかなり緩さが残っているので、このひと追いで馬体が絞れればまた反応やスピード感も違ってくるのでは。今回に関しては最後までビシッと馬体を併せて追われた事を評価しておきたい。

ガロアクリーク

外に刺さったタイミグで追い出された事もあり、反応がワンテンポ遅れてしまったものの、エンジンがかかってからの伸びは素晴らしく、フォームをしっかりと立て直して真っ直ぐ美しく走り切った。もう少し馬体に余裕が欲しかったというのが本音ではあるが、相手に馬体を併せてから一気に前へ出ようとする姿勢にも好感が持てたので、後は馬体に張りが出れば完璧に仕上がってくるだろう。

サトノフラッグ

こちらも直線での動きしか確認出来ないが、脚捌きは軽く動きも軽快。力強さには欠けるような動きだったが、しっかりと付け根から脚を出せている点には好感が持てるので、また馬場が違っていれば動きも変わっていたのではないだろうか。

広い可動域とパンパンに張ったトモからすると前走を使われた上積みは相当大きそうな印象を受けるが、最後まで集中して走り切れていない点は気に入らない。

ウインカーネリアン

前の馬には見向きもせず、終始自分のリズムで走り切る。最後まで弾ける事はなかったものの、フォームや重心のブレは一切なく、全体的な走りにも無駄がない完璧な追い切りとなっているので、最終追い切りでビシッとやればまず出来てくるのでは。

それでも日本ダービーという事を考えるとちょっと地味で物足りない追い切りではあるが、今週は一応高いレベルでの平凡という評価でお茶を濁しておきたい。

ディープボンド

前半から頭が高く、頸と脚を出すリズムも全く合わない。ただ、今回の動きに関しては完全に乗り役との呼吸が合っていない事が全てなので、最終追い切りでは違う乗り役を用意して追い切ってもらいたい。

予想オッズ

1 コントレイル 2.0
2 サリオス 2.8
3 サトノフラッグ 7.4
4 ワーケア 13.8
5 ガロアクリーク 19.4

ここは皐月賞1,2着馬が抜けた人気になりそう。連ベースで見てもほぼ2強のようなオッズになると予想する。ただ、枠順も非常に重要なレースになるので、枠順次第ではガラッと人気も変わってくるのではないだろうか。

最後に日本ダービーの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここはベタに2歳時にダービー馬になると感じた馬を買います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第87回 日本ダービー(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

無敗の2歳王者同士の対決となった皐月賞は、コントレイルがサリオスを半馬身差で下す結果に。3着ガロアクリークは3馬身半も後ろと、この時点では2頭の力が抜けていたことは否めない。

そこから約1ヶ月、その差を埋めることができる馬が存在するのか。はたまた、未対決の新興勢力の台頭があるのか。ダービー攻略の1つのポイントと言えるだろう。

青葉賞を制したオーソリティは戦線離脱、プリンシパルSは皐月賞9着のブラックホールが制し、京都新聞杯も皐月賞10着のディープボンドが制した。この結果からすると、『皐月賞組強し』とも見えるが、前哨戦は前哨戦。結論づけるのは早い。

また、皐月賞から2ハロン延びる距離も、大きなポイントと言えよう。コントレイルにせよサリオスにせよ、2歳時は『距離が延びていい』とのジャッジはされていなかった馬。無論、能力の高さと成長分は考慮すべきだが、気にすべき点ではある。

ダービーを攻略する上で、他にもまだまだポイントとなる点は多いが、昔から『全てのホースマンの夢』と言われる日本ダービーでは、各陣営の思惑や本音が、普段以上に表に出て来なくなることは、想像に難くないだろう。

日本ダービーは世間にも認知されているビッグイベントの1つで注目度が高いゆえ、新聞を売りたい日刊紙などが週頭から集中して取り上げる。他のスポーツがほぼ行われていない現状からすると、より力を入れることになるだろう。

だが、今年は厳しい取材制限、無観客競馬で行われるため、一般マスコミが入手できる情報はどこも同じようなものばかり、建前だけがズラリと並ぶことになる。そんな情報を頼りにしていては、運を天に任せるような行為に等しい。

弊社シンクタンクには、ダービー2勝の鉄人ジョッキー増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二、グリーングラスの安田富男といった元騎手、元調教師だけでなく、数多くの大物関係者が情報ルートとして在籍。

後輩にあたるトレセン内の関係者や、馬主や牧場、エージェントや外厩などといったところまで、電話、メール、LINEなど個別に連絡を取り話を聞くことができる情報網を確立している。

シンクタンクが入手する情報は、一般マスコミとは一線を画する、的中へと繋がる情報なのだ。

今年の日本ダービーも、多くの方々が馬券を買い、競馬を楽しまれることだろう。せっかく馬券を買うのであれば、

『本物の関係者情報を知って欲しい』

そんな思いから、今週の日本ダービーでシンクタンクが掴んでいる関係者情報と馬券候補が一気に絞れる“情報注目馬5選”を、特別に無料公開することが決定。競馬をもっと楽しみたいなら、絶対にオススメだ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第87回 日本ダービー(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク