【ニューイヤーカップ2020予想 浦和】本命グリーンロード

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は15日の浦和メイン、ニューイヤーカップの予想を。グリーンロード、ファルコンウィング、チョウライリン、マンガン、ピアノマンなどが出走するダート1600mS3レース。

まだまだ体調は戻り切りませんがとりあえずレースがあるので予想優先で記事を作成しました。

先週の船橋記念は本命と3番手評価の馬が好走するも相手抜け。年明けから相手抜けが続きますが、今年は大きな事故がありそうなレース以外はある程度絞っていくつもりなので、これはこれである意味想定内の結果です。

週末の重賞に関する記事はこちらから。

【日経新春杯2020追い切り評価】

ニューイヤーカップ

本命はグリーンロード

あまりアテにならない血統なので人気で狙うようなタイプではないかもしれないが、左回りで今回の相手ならここは逆らう必要はないだろう。

トリッキーな浦和への適性だけは未知ではあるものの、好枠を引き当てた事ですんなりと先行出来そうなので、楽に行ききってしまえばそう簡単に止まる事はないか。

ファルコンウィングが競りかけてきた時や雨の影響で足抜きの良い馬場になった時にどうかという不安はあるが、終わってみれば今回も圧勝というパターンが濃厚とみる。ここは相手探し。

対抗は人気ブログランキングへ

前走は勝ち馬には完敗も、スタートが決まらなかった事や他馬とハンデ差があった事を考えると悲観するような内容でもないので、今回の条件であればグリーンロード、ファルコンウィングが相手でも好勝負に持ち込む事が出来るのでは。

ピアノマン

好枠を引き当てたというだけて印を打ちたい馬だが、グリーンロード、ファルコンウィングが飛ばすような展開になれば普通に流れ込みがありそうな感じも。外伸び馬場になれば厳しいかもしれないが、このコースらしい結果になるなら上位争いに加わってくるか。

ファルコンウィング

この馬に関しては展開次第といった感じも、能力通りであれば当然勝ち負けになる。ただ、仮に揉まれるような形になれば大敗もありそうなタイプなので、この人気なら少し嫌ってみるのが面白そうな気も。

◎グリーンロード
人気ブログランキングへ
▲ピアノマン
☆ファルコンウィング
△マンガン

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第67回 日経新春杯(G2)>

正月開催の超目玉
大人のお年玉馬券

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

直近6年の勝ち馬グローリーヴェイズ(菊花賞5着)、ミッキーロケット(皐月賞13着・菊花賞5着)、レーヴミノル(ダービー5着)、アドマイヤゼウス(皐月賞9着・ダービー7着)、サトノノブレス(菊花賞2着)は前年のクラシック路線に出走していたように、クラシック出走馬の活躍が目立つ。今年はレッドジェニアル(ダービー8着・菊花賞6着)が参戦予定。

ここ10年、人気馬の成績では、1人気[4.4.1.1]、2人気[4.1.0.5]、3人気[0.2.1.7]と1.2人気で8勝(14連対)の好成績だが、15年フーラブライド(10人気2着)、13年カポーティスター(10人気1着)、10年レッドアゲート(12人気3着)などニ桁人気馬が好走。平均配当では、馬連2090円、3連複8610円、3連単4万2980円。ヒモ荒れのケースが多い。

昨年もお年玉馬券として公開した日経新春杯は◎ルックトゥワイスから馬連1320円・3連複2640円・3連単1万0530円のパーフェクト的中!

今年はアルゼンチン共和国杯2着タイセイトレイル、アルゼンチン共和国杯3着のアフリカンゴールド、中日新聞杯の勝ち馬サトノガーネット、京都大賞典の勝ち馬ドレッドノータス、京都新聞杯の勝ち馬レッドジェニアルなどがスタンバイ!

競馬セブンでは早くから「正月開催のお年玉情報」と関係者から大ヤリ情報を独占入手!ここ目標の確勝級情報馬のヤリ話は超必見!さらに人気薄確実な穴馬の激走情報も極秘入手!◎-穴での決着なら馬連でも好配当確実!正月開催の目玉となるお年玉情報『日経新春杯』は絶対にお見逃しの無い様にご注意下さい。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日経新春杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク