【ニュージーランドトロフィー2020予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、ニュージーランドトロフィーに出走を予定しているアブソルティスモ、オーロラフラッシュ、ペールエールの最終追い切りに関する記事を。

今週末は海外競馬に加えて3つ重賞が組まれていますので、追い切りの記事は軽くにしてこの後早めに予想の記事を追記する事にします。

その他桜花賞などの追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【桜花賞追い切り、週末の競馬予想】

予想オッズ

1 オーロラフラッシュ 2.7
2 シーズンズギフト 3.7
3 アブソルティスモ 5.5
4 ルフトシュトローム 6.1
5 ペールエール 9.6

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着

ニュージーランドトロフィー最終追い切り

アブソルティスモ

馬体を併せて最低限の負荷はかけられているが、内容は緩く馬も楽をしすぎている。デビュー前に感じた黒王のような威圧感が薄れてきている点も非常に気になるが、使われる毎に内面を表に出さなくなっている点はおそらく大きなマイナス材料だと思うので、一度休ませて全てをリセットさせるのが正解なのでは。

調教パートナーとの最後の手応えの差も歴然で、今回の追い切りの内容からガラッと一変する姿はあまり想像出来ないが…。個人的には休ませた後の1400m戦を使ったタイミングで分厚い印を打ちたいと思っている。

オーロラフラッシュ

頭が高く頸の可動域が狭い点はマイナスも、この馬はいつもこんな感じなので、ここに関しては多少のマイナスとしておく。行きっぷりが半端ない事もあって抜け出すタイミングも早すぎる感じもするが、それでも最後まで手応えをしっかりと残したまま相手に先着しているので、調子に関しては悪い印象は受けない。

ただ、馬体の素晴らしさは今更触れても仕方がないが、トモの大きさと胴の詰まり具合からすると距離はもう少し短くてもいいと思うので、アブソルティスモ同様に距離を短縮してきたタイミングは見逃さないようにしたい。

ペールエール

もう少し負荷をかけて欲しかったというのが本音ではあるが、美しいフォームと軽い脚捌きが目に付く一頭。馬体の張りは勿論、筋肉量や可動域の広さも目立っており、身体を大きく使って悠々と走る姿はまるで古馬のよう。

脚捌きに軽さがある割には地面を蹴る力も強く、最後まで重心がブレない点や息が全く乱れなかった点からすると久々でも走れる態勢は整ったと思っていいのでは。あくまで次を考えたつくりにはなっているが、前哨戦としての仕上がりで考えると十分すぎるだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第80回 桜花賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2歳女王レシステンシアが前哨戦のチューリップ賞で3着となり連勝がストップ。阪神JFを圧巻のパフォーマンスで制し、「桜花賞は当確」との声も出ていたが、混戦の様相を呈して本番を迎えることになった。

有力視されるチューリップ賞組の他にも、シンザン記念を制したサンクテュエール、阪神JFの1番人気リアアメリア、クイーンCの勝ち馬ミヤマザクラなど多士済々。

去年のグランアレグリア、一昨年のアーモンドアイと、2年続けて休み明けの馬が制したが、今年も有力馬の大半はノーザンファーム生産馬。

“ひと叩き”というローテーションの概念が、外厩制度によって崩れたことは記憶に新しいが、GIでは、今や外厩の思惑や裏事情を掴んでいなければ、馬券の的中に近づくことは容易ではない。

無論、2戦2勝のデアリングタクト、アブレイズなど非ノーザンファームの有力馬も参戦予定。今年の桜花賞は、極めて情報力がモノを言うレースとなるだろう。

トレセンでの取材規制が厳しくなっている現在、一般マスコミは新聞のコメント取りですら難しい状況となっている。“本音”が表に出ることはまずないだろう。

ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一といった元騎手、元調教師の大物関係者が在籍する弊社シンクタンクは、その人脈も業界最高峰、情報ルートたちがあらゆる関係者と親密な関係を築いており、個別に連絡を取って話を聞き出すことができる。

こんな状況下でも、確かな関係者情報を入手してお伝えできる態勢は整えてある。

創業25年以上の弊社シンクタンクは、競馬ファンの方に少しでも競馬を楽しんでもらいたいとの思いから、今週の桜花賞の関係者情報と、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を特別無料公開する。ぜひとも参考にしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第80回 桜花賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク