【オーバルスプリント2020予想】本命ベストマッチョ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は火曜の浦和メイン、オーバルスプリントの予想を。ノブワイルド、サクセスエナジー、サヴィ、トップウイナーなどが出走するダート1400mのJPN3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

長い長い4連休でした。

無難に当てにいったセントライト記念は◎サトノフラッグがある意味読み通り無難に2着。

中央での大爆発は少しお預けが続いていますので、最後は絶好調の地方で気持ちよくドカンと当てておきたいところ。

オーバルスプリント

本命はベストマッチョ

地方移籍初戦となった2走前の浦和スプリントオープンではブルドッグボスには完全に力負けしてしまったものの、差し馬が台頭する厳しい展開の中でギリギリまで粘り勝ち馬とは0.1秒差の競馬。不透明な部分が多かった事や3着以下を大きく突き放していた事を考えると負けて強しと言える内容で、これまで中央で相手にしてきた馬のレベルを物差しにすればあれぐらいやれて当然なのかもしれないが、特殊なコースの浦和でいきなりから結果を残してきたのはやはり力あってこそと言える。

前走のプラチナカップでもかなり相手には恵まれていた印象を受けるが、ハンデ58キロを背負っていた事や勝ち時計を考えると相当強い競馬をしており、最後の他馬との手応えの差などを含めると今であれば中央馬が相手であっても力は重賞でも十分通用するのではないだろうか。

今回は交流重賞とはいえ、中央勢はイマイチパッとしないメンバー構成となっており、その他の地方馬もそれなりに不安を抱えての出走となる一戦なので、ここはいきなりから勝ち負け争いに加わってくる可能性が高いのでは。正直枠はもう少し外が欲しかったが、少頭数なのでゲートさえ決めてしまえばあまり気にする必要はないだろう。

対抗は人気ブログランキングへ

前走後に距離延長のタイミングで狙いたいと思っていた一頭なので、今回は予定通りそれなりの印を用意した。おそらく派手な人気にはならないと思うので、人気が地味ならこの馬を本命にしてもよかったが、引き当てた枠がかなり微妙なだけにこれ以上印を上げる事は出来なかった。

ただ、過去に1400m戦で見せたパフォーマンスの高さを考えると今回の相手であれば圧勝まであってもいい気もするが…。

▲にサヴィ

本来であれば△ぐらいの印でお茶を濁したいタイプではあるが、さすがにここまで相手が弱ければある程度の評価は必要となるか。前走もそれなりに強力な相手を全く寄せ付ける事なく逃げ切っているので、ここに来て相当力を付けているのは間違いない。

☆にノブワイルド

距離延長は歓迎とはいえないが、2走前のさきたま杯ではブルドッグボスと0.2秒差の競馬に持ち込んでいるので、勢いのある今であればこのぐらいの距離でも案外走ってきそう。よって距離延長が嫌われて少しでも人気を落とすようなら逆に買いたい一頭と言えるか。

◎ベストマッチョ
人気ブログランキングへ
▲サヴィ
☆ノブワイルド
△サクセスエナジー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第66回 オールカマー(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつて、オールカマーは秋の天皇賞に直結しないステップとして知られ、毎日王冠や京都大賞典に比べると、やや格落ち感が否めないメンバーで行われる年も少なくなかった。

だが、一昨年はレイデオロがココを制して本番を勝利し、2015年には同年のジャパンカップを勝つショウナンパンドラなど、秋のGI戦線で主役級ともなる馬の参戦が増えつつある。

その理由の最たるものは、大手生産者グループやクラブ馬主による“使い分け”に他ならない。

中でも、近年のオールカマーへ有力馬を参戦させているのがノーザンFだ。

去年は2着馬ミッキースワローのみにとどまったが、一昨年は1着レイデオロ、2着アルアイン、3着ダンビュライトと上位を独占し、2万0150円的中となった2017年も、ルージュバックとステファノスのノーザンF生産馬によるワン・ツー決着。

今年もノーザンFからはGI3勝のフィエールマンが参戦を予定しているが、その思惑が重要なポイントとなることはまず間違いないだろう。

無論、ノーザンFの思惑を掴むだけで馬券が取れるわけではない。中山芝2200mはトリッキーで、コース適性が能力を凌駕するシーンもなかったわけではない。

まして前哨戦、仕上がり途上の実績馬を、「ココ狙いでしっかり仕上げた。中山なら勝負になる!」と、一発を虎視眈々と狙う勝負懸かりの穴馬も存在する。

紛れて高配当決着になる要素が十分に揃っているレースと言えよう。

やはり、オールカマーでも馬券的中に必要となるのは、本物の関係者情報だ。競馬界の大物関係者が情報ルートとして在籍し、業界最高峰の情報網と自負する弊社シンクタンクは、世間一般には公表されない本音や裏事情といった本物の関係者情報を入手することできる。

今回は特別に、オールカマーの関係者情報だけではなく、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を無料公開する。秋のGIへと繋がるレースだけに、弊社の情報をチェックしておくことをぜひオススメする。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第66回 オールカマー(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク