【オーバルスプリント2021予想】+α

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は23日の浦和メイン、テレ玉杯オーバルスプリントの予想を。ラプタス、ベストマッチョ、サクセスエナジー、アンティノウス、ティーズダンク、アランバローズ、テイエムサウスダンなどが出走するダート1400mのJPN3レース。

超豪華メンバーとなった事で人気と実力が比例しない分、波乱度も非常に高そうな一戦。

毎年のように地方馬が台頭するレースでもありますので、ちょっとしたズレに地方馬の台頭が加われば今年も大きな配当が飛び出しても驚けないでしょう。

なお、こちらのオーバルスプリントの予想や本日金沢で行われる白山大賞典の予想はnoteで公開しています。

【白山大賞典,オーバルスプリント2021予想】

先日行われたゴールドジュニアは難しすぎてさすがに勝負レースには指定出来ませんでしたが、上位評価した穴馬が揃いも揃って善戦止まりで話にならず。

ゴールドジュニア予想結果

1着〇ママママカロニ
2着△コパノミッキー
3着△コーミズアムール

6着◎グロリアスセプター

ベタに〇ママママカロニから馬券を組めばよかったレースでしたが、穴馬の台頭もあるレースだと思っていたので、どちらにしても2列目が難しかった。

人気のなかった▲カプティフ、☆ナックファルコンもそれなりの競馬は出来ていたのですが、ここは勝ち馬があまりにも強すぎました。

ただ、この2頭はまだ今後もどこかで狙えそうなタイミングがあると思いますので、勝ち馬を含めてゴールドジュニア組の出し入れは面白いかもしれません。

今回のオーバルスプリントも一見すると簡単なレースに見えますが、枠、ハンデ、ローテ、そして実力のある地方馬の存在が予想をかなり難しくしている超混戦、超豪華レースですので、過去のレース傾向(何故か力のある1人気が過去10年0勝と全く勝てないレースで、本来浦和で求められる適性とは真逆の適性が求められるレース)からしても今年は波乱がありそうです。

では、今日もブログで地方競馬の予想を一本。

今回もいつものように門別から。23日の最終、ウポポイオータムスプリント(ミッキーアイル賞)の予想を。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大勝負レースオールカマー!

【オールカマー注目穴馬】

使い方は自由自在!
競争馬のプロが教える馬券候補5頭

宝塚記念(GI)情報注目馬5選

①ユニコーンライオン(7人気)→2着
②レイパパレ(2人気)→3着
⑦クロノジェネシス(1人気)→1着
⑨アリストテレス
⑩カレンブーケドール

例えば、この5頭をまとめて買った場合…

馬連 2780円
3連複 2200円
3連単 1万3340円

アナタ使い方次第で高配当も狙える!

【オールカマー注目穴馬】

ウポポイオータムスプリント(ミッキーアイル賞)

アザワク

前走のロードカナロアプレミアムではハンデ55キロを背負い、差し馬が台頭する流れの中で自ら主導権を握る形に持ち込みながらも2着馬に3馬身差をつけて快勝。

その2着馬であるフジノパンサーの能力の高さを考えても相当価値のある結果と言えるので、力をつけた今、それも引き続き実績のある門別1200mでの競馬であれば去年以上の結果に期待が持てそう。

おそらく今回も先手を主張する事になると思うが、前走よりも楽に行き切れそうなメンバー構成、それも相手のレベルもそこまで高くないレースなので、紅一点、ハンデ55キロという条件であっても主役の座は譲らないだろう。

前走の結果が結果なので馬券的な旨味はなくなってしまったかもしれないが、それでもこれといって嫌う材料は見当たらないここは無難に印を打つ形で問題ないのでは。

最強ブログランキングへ

今回は馬場がひとつのポイントになりそうだが、今回のメンバー、そして引き当てた枠を考えるとここ2走のような競馬に持ち込める可能性が高いレースなので、直線入口付近で先頭集団に並びかけるような形に持ち込めば上位争いに加わってくる一頭と言える。

前走はさて置き、2走前に相手にした馬のレベルはそれなりに高いので、同じぐらい走ってしまえばアザワクが相手でもお釣りが来る計算になる。

◎アザワク
最強ブログランキングへ
△イダペガサス
△メイショウアイアン
△ソルサリエンテ
△ウワサノコウタロウ
△ジャスパーシャイン

一応対抗馬に依存する形で馬券を組むが、伏兵多数という事で相手は絞らず広げてみる。

なお、オーバルスプリントの予想や本日金沢で行われる白山大賞典の予想はnoteで公開しています。

【白山大賞典,オーバルスプリント2021予想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第67回 オールカマー(G2)>

レイパパレが
エルザベス女王杯に向け始動!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

GI実績馬が秋緒戦として出走することも多く毎年好メンバーが揃う[オールカマー]。また、同レース優勝馬には天皇賞(秋)への優先出走権が与えられるため、賞金面で天皇賞(秋)への出走が微妙な馬たちにはノドから手が出るほど欲しい出走権利。

過去10年の平均配当は馬連2450円、3連複9460円、3連単4万8810円。馬連3桁配当は2度、3連単10万馬券以上は1度、3連単最高配当では25万5930円が出ている。二桁人気の伏兵馬では14年クリールカイザー(12人気3着)の1頭のみと人気薄の好走は少なく波乱のないレース。

過去10年の上位人気別の成績は1人気[3-2-1-4]・2人気[2-2-2-4]・3人気[1-3-2-4]。上位人気馬が6勝(2着7回)。上位人気馬が揃って馬券圏を外したことはなく、12人気が3着に入った14年(25万馬券)以外、波乱はない。

16年の優勝馬ゴールドアクターは有馬記念の勝ち鞍もあり中山コースは[3-1-0-1]と好相性でもあり中山巧者。同レースを3連覇したマツリダゴッホも中山での成績は[8.1.1.3]と、全10勝中8勝を中山コースで挙げており、同馬も有馬記念を勝利している得意の舞台であった。トリッキーな中山コースに相性のいい馬にも要注意。

今年は大阪杯で初G1制覇、前走の宝塚記念(3着)で初めて敗れたレイパパレが出走。秋緒戦はールカマーから始動し次走はエリザベス女王杯でG1・2勝目を狙う。秋初戦の始動戦は注目。その他では前走、海外遠征のQE2世C(G1)で2着しグローリーヴェイズやヴィクトリアM(2着)ランブリングアレー、20年オークス(2着)ウインマリリンなどが参戦。秋のGI戦線に向け重要なレース。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オールカマー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第67回 オールカマー(G2)>

レイパパレが
エルザベス女王杯に向け始動!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク