【オークス2018予想オッズ】穴馬一週前追い切り・馬体診断など

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、優駿牝馬に出走を予定している穴馬、パイオニアバイオの馬体診断の記事と先週の予想結果を軽く。なお、明日からは日本ダービーの馬体診断の記事を全頭更新していく予定です。

PR【▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼】

今週の大勝負レース!オークスの予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

京都ハイジャンプ予想結果

1着▲アスターサムソン
2着◎ルペールノエル
3着☆テイエムオベラドン

3連単 3,630円

対抗馬が馬券にならなかったので綺麗な的中ではなかったですが、ここは点数を絞って3連単を的中する事が出来ました。これで障害レースは5戦4勝。海外重賞と同じぐらい得意としているレースなのでまたどこかで爆発出来るように頑張ります。

京王杯スプリングカップ予想結果

1着◎ムーンクエイク
2着△キャンベルジュニア
3着〇サトノアレス

馬連 6,000円 馬単 9,890円

3連複 11,860円 3連単 76,780円

ここは本命、対抗が馬券になって綺麗に的中。サトノアレスの頭ならもう少し重ねた馬券も的中しましたが、ここのボーナスはお預けとなりました。ムーンクエイクに関しては先日の馬体診断でも触れたように、以前から頸が非常にしっかりとしていて決して詰まった馬体とは言えないが、それでもゆとりが全く感じられない胴(悪く言えば中途半端)からすると距離は1400mがベストと思い続けていた馬。よって今回は待望の距離短縮となる、と書いたようにここはかなり狙っていただけに内枠を引けた時点で馬券になる可能性はそれなりに高そうと思い◎を打ちました。

血統や時計と違って馬体は人気に反映されにくいだけに、馬体派の人間はこのような絶好のタイミングで◎を打って高配当を手に入れる事が出来るというのが強みでもあるので、今後も絶好のタイミングだけは逃さないようにしたいです。後は得意の東京コース、それも1400m戦という事もあり、枠順次第では勝負と言っていたレースでしっかりと的中出来た事は相当大きかったですね。

これで今年の東京の重賞は共同通信杯の◎サトノソルタス〇オウケンムーン、フローラステークスの◎ノームコア〇サトノワルキューレ、そして今回の京王杯スプリングカップの◎ムーンクレスト〇サトノアレスと本命対抗での爆発は3度目。これを書いてて気づきましたがサトノの馬にはかなりお世話になっていますね笑

今回は本当に単純に教科書通りの買い方で的中したレースでもありましたが、サトノソルタス、ノームコア、サトノワルキューレ、ムーンクレスト、サトノアレスと馬体メインで的中を重ねれている事に少し成長を感じる事も出来ました。そろそろ馬体メインの馬券の卒業も考えていますが、その前にもう1発大きい馬券を的中させたいものです。

栗東ステークス予想結果

1着…ウインムート
2着…ブラゾンドゥリス
3着…キタサンサジン

9着◎ファッショニスタ

ここは点数を絞って購入しましたが全くダメでした。すみません。

ヴィクトリアマイル予想結果

1着△ジュールポレール
2着☆リスグラシュー
3着△レッドアヴァンセ

10着◎レーヌミノル

ここも予想の入りから間違っていたレースでした。△ジュールポレールと△レッドアヴァンセに関しては出来が抜群だったのでTwitterでも画像をあげましたが◎レーヌミノルとのワイドを直前で買い足しましたが肝心の本命馬が来ず。☆リスグラシューはここがベストの舞台だったので今後G1を勝つのは難しいかもしれませんね…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第79回 オークス(G1)■

競馬セブンでは桜花賞も◎アーモンドアイから的中。オークスも4年連続的中のドル箱GI。今年のオークスも裏づけが取れた確信情報を公開。お見逃しの無いようご注意ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

オークス馬体診断

パイオニアバイオ

新馬戦のパドック

初戦の馬体重は412キロ。数字通り細く貧弱な馬。ルーラーシップ産駒はハーツクライ産駒よりも骨格が太く出る事が多く、成長と共に徐々にトニービンの血が馬体に反映されるというパターンが基本ではあるものの、この馬に関しては全くその点が当てはまらない。

全体的に筋肉量の物足りなさは感じるが、トモの張りは初戦と考えると上々といえ、毛艶などをみても仕上がりの良さを感じた。ただ、身体の使い方や内面はいかにも初戦という感じで、踏み込みは甘いがクッションが良く利いているという印象を受けた程度で、この時何か特別なものを感じたか、というと全く何も感じる事はなかったというのが正直な答え。

フローラステークスのパドック

馬体重428キロ、前走からプラス12キロ。初戦から馬体重は増えているが、それでもかなり小柄な馬で相変わらず線は細い。トモの筋肉量は少し増えた程度ではあるが、確実に成長はしており、上部に薄い筋肉が集中しているタイプなので間違いなく距離が延びて良さが引き出てくるタイプと言える。

初戦から大きく違ってみえる点はやはり踏み込みの深さで、貧弱にみえる馬体ではあるが、それを全てカバー出来る程力強く歩けている点はやはり血統馬という感じ。

馬体は母アニメイトバイオには全く似ておらず、あちらはトモがガツンとした重苦しさすら感じさせる馬体ではあったが、こちらは真逆。使われつつしっかりと馬がつくられていく点は父にも母にも似ているので、まだまだこれから成長して強くなる可能性は十分考えられる。

先ほど距離が延びて良さが引き出てくるタイプと言ったように今回の距離延長は問題なし。勢いのあるレーゲンボーゲンは止まらない可能性もあるだけに前走をフロック視して嫌ってしまうのは危険ではないだろうか。

一週前追い切り

まだ頸の使い方やフォームをみると幼さを感じてしまうが、脚捌きはスムーズで可動域などをみても調子は良さそう。並んでから前の馬をなかなか交わす事が出来なかったが、動きに問題点がある訳ではないので全く気にしなくてもいいだろう。地面を蹴った時の力強さをあまり感じない軽い走りをする馬なので、この日は馬場も堪えた感じもする。

オークスの有力馬の記事に関してはこちら

平安ステークスの記事に関してはこちら

予想オッズ

アーモンドアイ 2.3倍
ラッキーライラック 2.8倍
サトノワルキューレ 4.5倍
リリーノーブル 11倍
マウレア 14

1人気は桜花賞を圧勝したアーモンドアイ。それに続いて桜花賞2着、阪神ジュベナイルフィリーズの勝ち馬ラッキーライラック、フローラステークスが強い勝ち方だったサトノワルキューレが鞍上込みで売れるか。

最後にオークスの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

能力は勿論ですがそれ以上に距離適性、完成度が非常に重要になってくるレース。今年はこの馬が能力、適性、完成度全てを足して考えるとここは上位の存在だと思っています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第79回 オークス(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

牝馬クラシック初戦の桜花賞は、単勝1.8倍と圧倒的支持を集めたラッキーライラックをアーモンドアイが並ぶ間もなく差し切り完勝。当社シンクタンクも、競馬関係者から入手した内部情報より、アーモンドアイを確信の本命馬に指名し、完全的中を掴み獲ることとなった。そしてオークスは「打倒アーモンドアイ」を巡る各陣営の思惑が交錯する1戦となる。

3歳牝馬にとって、東京芝2400mはほぼ初経験となる過酷な条件。アーモンドアイの母はエリザベス女王杯を勝っているフサイチパンドラだが、父は歴史的スプリンターのロードカナロアであり、血統的にも全く死角がないとは断言できないであろう。

実際「あの馬の能力は認めざるを得ないが、絶対に勝つとは限らないのが競馬。○○○○○○○だって底を見せていない。ラッキーライラックを始め、他にも強い馬は出てくるが、一角崩しはもちろん、勝機がないとも思っていない」とは某関係者の談。

当社シンクタンクにとって、オークスは現在4年連続的中をお届けしている『ドル箱GI』の1つ。今年も的中を掴むべく力が入っているが、今週初めてシンクタンクの情報を入手される方に限り、当社の実力を味わって頂くべく、オークスの【◎-穴1点馬券】の情報を特別無料公開させて頂く。入手頂けるのは先着100名様限定。またとないこの機会を是非とも活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第79回 オークス(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク