【オークス(優駿牝馬)2018出走予定馬】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日はすっかり投稿するのを忘れていたオークス(優駿牝馬)出走予定馬の一週前追い切りの記事を。遅くなってしまったのでこの記事はお蔵入りという事も考えましたがせっかくなので出します。

サトノワルキューレの追い切りを書く事を忘れていたついでに有力馬であるアーモンドアイ、ラッキーライラック、リリーノーブルなどの一週前追い切りも書いています。最終追い切りの記事もダービーの記事を書くついでに書こうと思っていますので、そちらも完成次第更新します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第79回 オークス(G1)■

競馬セブンでは桜花賞も◎アーモンドアイから的中。オークスも4年連続的中のドル箱GI。今年のオークスも裏づけが取れた確信情報を公開。お見逃しの無いようご注意ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

オークス一週前追い切り

アーモンドアイ

手応えは終始楽。直線では前の馬を追いかける形となるが、軽く促される程度であっさりと前を捉えて交わす。頭の高さとフォームに柔らかみを感じない点は気になるが、スッキリした馬体で動きそのものはスムーズ。歩けば坐骨結節が滑らないが、走らせると案外ストライドも伸びる。

かなりセーブされた調教ではあるが、逆にそれだけ余裕もあるという事。走りに力強さこそ感じないが、本気で追われずにこれだけ加速力がある点は評価せざるを得ない。一週前追い切りとしては当然合格点。

オールフォーラヴ

全体的に動きが硬く脚も上がらず。頭のブレも激しく頸の動きと脚の動きが上手く噛み合っていない。

カンタービレ

外のサトノワルキューレの動きが目立つので比べてしまうと少し劣ったような動きに見えるが、身体全体を使って動けているので内容はそこそこ。ただ、道中のリズムは悪くないが、ステッキが入っても思ったほど弾けず。スピードには欠ける印象。

サトノワルキューレ

一言積まれてるエンジンがまるで違う。加速するまでに少し時間はかかるが、乗った時のスピードも相当。重心が全くブレず絵に描いたような走りをしており、頸の使い方も上手く四肢の可動域も文句無し。非常にパワフルで力強い動き。

トーセンブレス

舌を出しているのは気になるが、雄大な動きとしっかりと頸を使って前へ前へと進んで行く力強いフォームは素晴らしい。手応えにもかなり余裕があり、追えば追うほど延びるような感じ。軸も全くブレない。

ただ、調教パートナーではない馬が外から一気に伸びてくるが、その馬を確認してすぐに追いかけるような仕草をみせる点からして集中力が散漫しているといえ、この熱くなりやすい気性は中、長距離には必要ない。良く言えば負けん気が強い馬とも言えるが‥。どちらにしても動きからして非常に調子は良さそう。

PR【▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼】

今週の大勝負レース!オークスの予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

パイオニアバイオ

まだ頸の使い方やフォームをみると幼さを感じてしまうが、脚捌きはスムーズで可動域などをみても調子は良さそう。並んでから前の馬をなかなか交わす事が出来なかったが、動きに問題点がある訳ではないので全く気にしなくてもいいだろう。地面を蹴った時の力強さをあまり感じない軽い走りをする馬なので、この日は馬場も堪えた感じもする。

ラッキーライラック

馬場が重い事も影響して少しモタつきそうな気配があったが、追われてからの反応は非常に良く、豪快な動きを披露した。地面を蹴った時の力も牝馬とは思えないほど強く、前脚もしっかりと上がっていて動きとしては文句無し。

筋肉量と比例しない柔らかな動きにも好感が持て、とにかくバネが利いている。2400mが大歓迎というタイプではないかもしれないが、これなら距離が延びてもまず対応はしてくるだろう。

リリーノーブル

脚の出し方がバラバラで頸の動きとも全く噛み合わない。息が上がっているような感じはしないが、とにかくフォームの乱れが酷く、一週前追い切りとはいえこれは歓迎出来ない動き。

桜花賞の一週前と比べて動きが全く違うので、もしかすると下を気にしている事が大きく動きに影響している可能性も考えられる。最終追い切りではここに注意して動きを確認したい。

最後に一週前追い切りで一番良くみえた馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

これは文句なし。最終追いでどこまで追ってくるかはわかりませんが、一週前でもそこそこ負荷をかけられているのでまず仕上がりに関しては不安はないでしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第79回 オークス(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

牝馬クラシック初戦の桜花賞は、単勝1.8倍と圧倒的支持を集めたラッキーライラックをアーモンドアイが並ぶ間もなく差し切り完勝。当社シンクタンクも、競馬関係者から入手した内部情報より、アーモンドアイを確信の本命馬に指名し、完全的中を掴み獲ることとなった。そしてオークスは「打倒アーモンドアイ」を巡る各陣営の思惑が交錯する1戦となる。

3歳牝馬にとって、東京芝2400mはほぼ初経験となる過酷な条件。アーモンドアイの母はエリザベス女王杯を勝っているフサイチパンドラだが、父は歴史的スプリンターのロードカナロアであり、血統的にも全く死角がないとは断言できないであろう。

実際「あの馬の能力は認めざるを得ないが、絶対に勝つとは限らないのが競馬。○○○○○○○だって底を見せていない。ラッキーライラックを始め、他にも強い馬は出てくるが、一角崩しはもちろん、勝機がないとも思っていない」とは某関係者の談。

当社シンクタンクにとって、オークスは現在4年連続的中をお届けしている『ドル箱GI』の1つ。今年も的中を掴むべく力が入っているが、今週初めてシンクタンクの情報を入手される方に限り、当社の実力を味わって頂くべく、オークスの【◎-穴1点馬券】の情報を特別無料公開させて頂く。入手頂けるのは先着100名様限定。またとないこの機会を是非とも活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第79回 オークス(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク