【オークス2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、オークスに出走を予定しているコントラチェック、シゲルピンクダイヤの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

京王杯スプリングカップ予想結果

1着△タワーオブロンドン
2着△リナーテ
3着△ロジクライ

12着◎ロードクエスト

本命馬は不利があったとはいえ、これといって見せ場なしの競馬。ここは対抗馬が取り消した事で半分以上の馬券が返還になりある意味助かりました。

都大路ステークス予想結果

4着◎ベステンダンク

痛恨の4着ですが、新しい印の付け方で早速結果が出かけた事はちょっと自信になりました。

栗東ステークス予想結果

3着◎キングズガード

ここの馬券は買い方も含めて上手くいきました、と言いたいところですが、3連単は〇▲の頭固定しかもっておらず、☆扱いだった勝ち馬の頭の3連単は一切購入していなかったので、点数を絞りすぎた事で15万馬券を取り逃してしまいました。

ただ、新しい印の付け方が今後もハマりそうな気がするので、まだまだ未完成ではありますが、今後も使えそうな場面があれば使っていこうと思います。

ヴィクトリアマイル予想結果

1着△ノームコア
2着▲プリモシーン
3着△クロコスミア

11着◎レッドオルガ

何かと本命にした馬が不利を受ける事が多いですが、栗東ステークスの3連単を購入していなかった事に比べるとかわいい結果でした。

ずっと目を付けて追いかけていたノームコアがついにG1勝ち。今年は割と狙えそうな立場なので出資馬で久々のG1を勝ちたい。

オークス一週前追い切り

コントラチェック

頭が高いがフォームの乱れや重心はブレない。ほぼ負荷をかけられていない事もあって動きや馬体の張りは目立たないが、もともと内面や間隔を考慮して徐々に仕上げていくというメニューを組まれていたのでこれはこれで想定内という感じ。おそらく最終追い切りではレーンが手綱を取る事になると思うので、ここでどこまで負荷をかけるか、どこまでコンタクトが取れるかが一つの課題となりそう。

シゲルピングダイヤ

フォームは抜群に美しく、良い意味で頸差しの滑らかさがこの産駒らしくないのが大きな特徴。終始馬なりではあったが、追われてからの反応は素晴らしく、調教パートナーを楽に交わすとそのままスピードに乗って止まらずぶっちぎった。脚もよく上がっており、牝馬にしては筋肉量が豊富な点にも好感が持てる。

ただ、これだけ胴が詰まった大きな筋肉を持った馬が2400mを勝ち切るイメージは全く沸いてこないが。調子の良さでどこまでカバーできるか。

予想オッズ

1 クロノジェネシス 3.4
2 ラヴズオンリーユー 3.8
3 ダノンファンタジー 4.9
4 コントラチェック 7.0
5 シゲルピンクダイヤ 8.3

ここは完成度や適性距離など色々と複雑な事が入り混じったレース。追い切りの内容次第ではそれなりに勝負出来そうな感じがします。

最後にオークスの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

その他の追い切り記事は明日更新します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第80回 オークス(G1)

自信の本命馬×とっておき激走穴馬
【◎-穴1点馬券】を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞をレコードで完勝したグランアレグリアはNHKマイルCへと向かったため、今年は桜の女王不在の中でレースが行われる。シゲルピンクダイヤ、クロノジェネシス、ダノンファンタジーなど桜花賞上位組はそのまま顔を揃え、コントラチェック、ウィクトーリア、カレンブーケドール、ラヴズオンリーユーなど、別路線からも有力視される馬が参戦。一見すれば、どこからでも入れるメンバーであり、「混戦ムードが漂う1戦」と言っていいだろう。

しかし、それはあくまで一般的な目で見た話。新聞やネット上の情報など、世間に流れ出る情報を頼りにしているだけでは、いくら考えても“混戦”という結論から抜け出すのは難しい。オークスに潜む、各関係者の真の思惑を把握することこそ、馬券検討において重要なポイントとなる。

一つだけ具体例を挙げるとすれば、『生産界の巨人』ノーザンファームの思惑だ。過去、オークスの好走馬を最も輩出している桜花賞組だが、今年の1~5着の内4頭はノーザンファーム生産馬なのだ。近年、トレセンより充実した調教施設を持つようになった『外厩』の中でも、特にノーザンファーム天栄、しがらきの発言権は強くなり、馬の仕上げからローテーション、ジョッキーまで決めている。今年のオークスにも多数のノーザンファーム生産馬が出走しているだけに、この思惑を知らずして馬券を買うのは、いかがなものかと言わざるを得ない。

だが、『外厩』はトレセンの外部施設であるため、スポーツ紙や専門紙の記者達は取材をすることができず、表向きのコメント取りすらできない。つまり、ほぼノーマークの状況であり、一般マスコミやファンレベルの情報力では、その思惑を知ることはできないのだ。

無論、トレセン内外に情報ルートがいるシンクタンクでは、早くから『外厩』に注目しており、そこから情報を入手できるような態勢が整っている。『外厩』ひとつとってしても、一般マスコミとは一線を画す確かな関係者情報を持っているのだ。

GIになれば、世間に出回る情報は非常に多くなるが、その中でも本当に役に立つものはほんのひと握りしかない。それを頼りに馬券を買っていては、的中から遠ざかったしまうのも無理もない話だ。

そこで、少しでも多くの競馬ファンの方に本物の関係者情報を知って頂くため、今週はオークスの【◎-穴1点馬券】を含めた、関係者情報を特別に無料公開する。この機会にぜひともご確認頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第80回 オークス(G1)

自信の本命馬×とっておき激走穴馬
【◎-穴1点馬券】を無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク