【オークス2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、オークス(優駿牝馬)に出走を予定しているデアリングタクト、デゼル、クラヴァシュドール、ホウオウピースフル、ウインマリリン、スマイルカナの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着
フライライクバード 2人気8着
モズベッロ 5人気7着
ディープボンド 4人気1着
タイセイビジョン 2人気4着
レッドアンシェル 5人気11着
ラヴズオンリーユー 3人気7着

先週の追い切り注目馬はどちらのレースもダメ。更に馬券もイマイチの週末となってしまったので、地方競馬込みで絶好調だったゴールデンウィークの貯金を少し崩してしまう事に。

ただ、イマイチ勝負したいレースもなかった週末だったので、今週は先週の分まで勝負して大きな一本を出せらたと思っております。

オークス最終追い切り

デアリングタクト

軽くではあるが先週負荷をかけられた事もあって今週はこの馬らしい気の強さが表にしっかりと出てきた。この気性面からくるスピードと素軽さだけはいつ見ても素晴らしく、力強くキビキビと走る姿は先週以上に見栄えしている。

頭の位置が安定しない点やフォームが乱れてしまう点、そして時折脚の出し方にも違和感を感じる点などからするとまだまだ馬が幼く未完成という事になるが、馬体の柔らかみと可動域の広さからすると今回の距離延長がマイナスになるようなタイプではないので、ここは秘める能力の高さだけで他馬を圧倒するような結果になる可能性は十分考えられるだろう。

前走を使った上積みはほぼ感じられないものの、先週の追い切りで書いたように前走を使ったダメージもほぼ感じられないので、この馬に関してはこのダメージがない点が一番のプラス材料になるのでは。

デゼル

身体の使い方がまだまだ下手で今はただ脚だけで走っているという感じになるが、それでもスピードに乗ってからグッと沈むフォームと力強く地面を蹴り上げる姿からは素質の高さを感じさせる。

成長途上という事もあって馬体もこれといって見栄えしないが、ボリュームのあるトモやフットワークの大きさは現時点でもそれなりに目立っているので、後は成長途上の今の段階で一気の相手強化でどこまでやれるかが課題となる。

(一口レビューは別物として)キ甲も抜けていない馬に対して適性を書いてしまうのはどうかと思うが、おそらく今回の東京2400mという舞台に関しては問題なく走ってくると思うので、他馬との経験値の差と完成度の違いをどう判断して、どこまで印に落とし込むか。この辺りは当日のオークスの予想記事で触れる事にする。

クラヴァシュドール

いつも追い切りではそれなりに動く馬ではあるが、今回の追い切りに関しては全体的に緩く、流す程度の追い切りとなっている。ただ、終いだけの動きを見ると最近では一番派手で迫力のある動き、追い切りとなっており、グーンと伸びる飛節、可動域の広さは圧巻で、力強く地面を蹴り上げてガツガツ走る姿は圧巻の一言。

エンジンがかかってからのスピードは案外だったものの、追われてからの反応がかなり良くなっている点からしてもまずここをピークに馬をつくってきた感はかなり強いと言えるだろう。

力強さがある割には牝馬らしい柔軟性も兼ね備えている馬体で、薄い筋肉が身体全体に分布している点や適度に遊びのある馬体からしても距離はまず延びてこその馬。よって当然今回は前走以上の結果に期待が持てるとみる。

ホウオウピースフル

身体を大きく使った動きと安定した美しいフォームは相変わらず素晴らしく、トモと肩の筋肉量、張りを見ると前走を使った上積みは相当大きそう。更に兄弟よりも明らかにスピードがある馬とはいえ、馬体に十分遊びがあるので、距離は明らかに延びた方がいい馬。

案外この血統の割には器用なタイプなのでどちらかといえば癖のあるトリッキーなコースが向く馬なのかもしれないが、東京コースで重賞好走歴があるように、今回の東京2400mという舞台設定に関してはまず合うのではないだろうか。

この産駒の割には内面がおっとりとしている事もあって普段は気持ちを表に出す事はないが、最終追い切りでは珍しく強く気持ちを表に出してスピードに乗って走り切っていたので、馬にも完全にスイッチが入っていると思っていい。まず好調。

ウインマリリン

全体的に馬体が少し寂しく感じる点と力強さに欠けるような走りになっている点はマイナスも、可動域は広くノビノビと走れている点がいかにも長距離向きのタイプ。最低限のスピードもあり、フォームも非常に美しく感じるので、レース間隔は詰まっているが意外にも前走からの上積みにも期待が持てる一頭。

ただ、全体的に馬体が少し寂しい事もあってトモのボリュームはもうひとつのような気もするので、パワーを必要とする馬場、展開になった時にどうかという不安もあるにはあるが…。

血統の関係もあって劇的に目立つ馬体、動きとは言えないものの、これといって大きく割り引くような材料も見当たらないので、今回の舞台であれば上位に食い込んでくる可能性も十分考えられるだろう。少なくとも出来は前走よりも上向いている。

スマイルカナ

適度に沈むフォームと頸の可動域の広さは素晴らしく、脚もよく前へ出せている印象を受けた。内面が活性化している事もあってキビキビとした活気のある動きも目に付いており、スピードに乗ってからの勢いと脚の回転の速さをみると出来はほぼピークまで持ってこれたのではないだろうか。

ただ、胴の詰まった馬体と全体的な硬さからすると距離が延びるのはマイナスに転ぶ可能性が高いので、出来ればスタミナをあまり必要としない馬場で競馬をしたい。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

今回は未知の距離への挑戦という事で久々に馬体中心に書いていきましたが、動き、馬体共に文句なしのこの馬が狙い目とみる。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第81回 オークス(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

1冠目の桜花賞から距離が800mも延びるオークスは、ほとんどの馬にとって初経験の距離となる。この時期の3歳馬であれば、能力だけでこなしてしまうこともあるが、近年はクラシックに3冠にはこだわらず、距離適性を重視したレース選択をする陣営が増えてきた。

今年を例にとっても、2歳女王レシステンシアはオークスに向かわずNHKマイルCを選択した。逆の例も少なくなく、「目標はオークス一本」と桜花賞はハナから頭にない陣営も存在する。

そのため、昔に比べて、オークスで初対戦というケースが増えてきており、力関係の的確なジャッジが求められるようになった。

そのために必要なものは、言うまでもなく確かな関係者情報。

GIともなれば、どの陣営も自分達に不利になるようなコメントは出さず、当たり障りない発言に終始することが常だが、今年は特にコロナの影響で取材規制が厳しく、一般マスコミが入手できる情報は、ますます画一的なものとなる。

しかし、弊社シンクタンクには、各関係者に電話、メール、LINEなど個別に連絡とって話を聞くことができる情報ルートが存在する。この状況下でも確かな関係者情報を入手できるのだ。

そして、今年のオークスにおいて、1つのポイントと見ているのが、ノーザンファームの“異変”だ。

ここ数年、クラシックを席巻してきたノーザンファームだが、今年は桜花賞、皐月賞ともに非ノーザンファームの生産馬が勝利する結果となった。

しかも、桜花賞で掲示板に載った3頭は非ノーザンファーム、フローラSもスイートピーSも非ノーザンファームの馬が勝利するという結果となった。例年に比べると、明らかにラインナップは弱く見えるが、果たして逆転の一手はあるのか。『生産界の巨人』の本音や思惑は、GIであれば把握しておかねばならない。

弊社シンクタンクは、昨年12番人気で2着と激走したカレンブーケドールもしっかりとマークし、2万8240円的中となっているが、何を隠そう、オークスは現在6年連続的中と、しっかりと結果を残し続けている。

こんな状況下だからこそ、少しでも競馬ファンに楽しんでもらうべく、今週はオークスの関係者情報、そして、馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。この絶好の機会をぜひとも活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第81回 オークス(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク