【オークス2020予想オッズ】追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、オークス(優駿牝馬)に出走を予定しているデアリングタクト、クラヴァシュドール、リアアメリアの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

都大路ステークス予想結果

12着◎カリビアンゴールド

京王杯スプリングカップ予想結果

7着◎ストーミーシー

青竜ステークス予想結果

10着◎イモータルスモーク

相手本線決着。本命馬は前走に続いて不完全燃焼の競馬。ベタにダノンファストから馬券を組み立てるべきレースでした。

栗東ステークス予想結果

7着◎マルカソレイユ

相手本線決着その2。更に穴で狙っていた馬の着順も4着という事で青竜ステークスと全く同じような結果になってしまいました。

ヴィクトリアマイル予想結果

3着◎ノームコア

単勝、馬単が勝負馬券だったので普通にハズレ。保険の馬連ぐらいは欲しかったですが、それもダメ。2着が消えてトロワゼトワルが粘っていればそれなりに配当も跳ねたとは思いますが、まぁここは仕方なしです。

先々週に比べて買いたいレース、勝負したいレースがかなり少なかった事もあって覚悟はしていましたが、さすがに一本ぐらい爆発が欲しかったです。

ただ、今週はオークスを含めて勝負したいレースが割と揃っていますので、気合溜めした先週の分までぶっこんで行きたいと思います。

オークスの穴馬3頭

オークス(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

オークス(G1)の予想を無料で見る

オークス一週前追い切り

デアリングタクト

今となっては追い切りではあまり動かないエピファネイア産駒代表馬。今回も派手な動きではないが、前走を使ったダメージはほぼ感じられない軽快な走りをしているので、まずその点が一番のプラス材料ではあるか。

頭の位置やフォームの乱れなど気になる点もいくつかあるにはあるが、この馬としては珍しく素軽いスピード感のある動きが目に付いており、気合いを表に出しながら力強くキビキビと走る姿からはG1馬の風格を感じるようになっている。

全体的に良い意味での平凡な追い切りとなっているが、とにかく前走から大きく変わった様子が見られない点からするとここもしっかりと力は出し切ってくると思うので、2冠に向けてまずは好発進といったところか。

クラヴァシュドール

入りからの動画がないので何とも言えないが、脚もとに柔らかみがあって以前よりもスピードを感じられる走りとなっている。頭が高く身体の使い方も決して上手いとは言えないものの、馬体や脚に硬さが残っているという訳ではないので、このひと追いでまた動きがガラッと変わってくるのではないだろうか。こちらもデアリングダクト同様に前走のダメージはほぼ感じられない。

リアアメリア

頭が高くフォームも時折乱れてしまうが、脚捌きはスムーズでほぼ馬なりでの調整の割には回転も非常に速く感じた。相変わらず走りに癖がある点からすると距離が延びていい印象は受けないが、追い切りでは力む事なくゆったりと動く事は出来ているので、折り合いさえ付けば最後まで脚を持たせる事は出来るのではないだろうか。

予想オッズ

1 デアリングタクト 2.1
2 デゼル 5.2
3 クラヴァシュドール 7.1
4 ミヤマザクラ 9.6
5 ウインマリリン 16.0

最後にオークスの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは買いたい馬がはっきりとしているレースなので勝負したい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第81回 オークス(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

1冠目の桜花賞から距離が800mも延びるオークスは、ほとんどの馬にとって初経験の距離となる。この時期の3歳馬であれば、能力だけでこなしてしまうこともあるが、近年はクラシックに3冠にはこだわらず、距離適性を重視したレース選択をする陣営が増えてきた。

今年を例にとっても、2歳女王レシステンシアはオークスに向かわずNHKマイルCを選択した。逆の例も少なくなく、「目標はオークス一本」と桜花賞はハナから頭にない陣営も存在する。

そのため、昔に比べて、オークスで初対戦というケースが増えてきており、力関係の的確なジャッジが求められるようになった。

そのために必要なものは、言うまでもなく確かな関係者情報。

GIともなれば、どの陣営も自分達に不利になるようなコメントは出さず、当たり障りない発言に終始することが常だが、今年は特にコロナの影響で取材規制が厳しく、一般マスコミが入手できる情報は、ますます画一的なものとなる。

しかし、弊社シンクタンクには、各関係者に電話、メール、LINEなど個別に連絡とって話を聞くことができる情報ルートが存在する。この状況下でも確かな関係者情報を入手できるのだ。

そして、今年のオークスにおいて、1つのポイントと見ているのが、ノーザンファームの“異変”だ。

ここ数年、クラシックを席巻してきたノーザンファームだが、今年は桜花賞、皐月賞ともに非ノーザンファームの生産馬が勝利する結果となった。

しかも、桜花賞で掲示板に載った3頭は非ノーザンファーム、フローラSもスイートピーSも非ノーザンファームの馬が勝利するという結果となった。例年に比べると、明らかにラインナップは弱く見えるが、果たして逆転の一手はあるのか。『生産界の巨人』の本音や思惑は、GIであれば把握しておかねばならない。

弊社シンクタンクは、昨年12番人気で2着と激走したカレンブーケドールもしっかりとマークし、2万8240円的中となっているが、何を隠そう、オークスは現在6年連続的中と、しっかりと結果を残し続けている。

こんな状況下だからこそ、少しでも競馬ファンに楽しんでもらうべく、今週はオークスの関係者情報、そして、馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。この絶好の機会をぜひとも活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第81回 オークス(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク