【オークス2021予想】本命ステラリア

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、オークスの予想を。ソダシ、ユーバーレーベン、クールキャット、アカイトリノムスメ、ファインルージュ、スライリーなどが出走する芝2400mのG1レース。

なお、オークスの買い目、勝負度付きフル予想や日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【フリーウェイステークス2021予想他】5月23日勝負レース

土曜は勝負レースの本命馬の複勝率は100%でしたが、相手に人気がきてしまうなど、全体的に配当面などに恵まれず。

ただ、馬場や傾向は掴めているので、後はここに配当面がついてこれば。

高尾特別予想結果

2着◎セイウンパワフル

頭数が頭数だったので勝負度を少し落として印3点の公開でしたが、結果は◎▲が2,3着で最低限。ある程度頭数が揃っていれば面白かったかもしれませんね。

平安ステーク予想結果

1着◎オーヴェルニュ
2着▲アメリカンシード
3着△マルシュロレーヌ

3連複 1,490円

3連単 7,670円

相手はともかく本命は迷いなしだったので、ここはド本線でぶっ刺したかった。3着にもう少し変な馬が来てくれればよかったのですが、ここは気合を入れた割には安い。

メイステークス予想結果

1着△アブレイズ
2着△フランツ
3着◎アトミックフォース

相手が紛れる予想で馬券を組み立てましたが、結果ガチガチ。

それでもやはり傾向は掴めていますので、日曜は予定通り東京と新潟を中心に攻めたいと思います。

【フリーウェイステークス2021予想他】5月23日勝負レース

日曜は得意の東京芝1400m戦で行われるフリーウェイステークスを筆頭に非常に面白そうなレースが揃いましたので、ここは先週の土曜以上の一撃が出てもいいのでは。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在7年連続的中!超ドル箱G1オークス!

今年も当然自信アリの◎!

【オークス注目穴馬】

NHKマイルC注目馬5選

ルークズネスト
バスラットレオン
グレナディアガーズ(1人気)→3着
ソングライン(7人気)→2着
シュネルマイスター(2人気)→1着

桜花賞注目馬5選

ファインルージュ(8人気)→3着
ソダシ(2人気)→1着
アールドヴィーヴル
ソングライン
サトノレイナス(1人気)→2着

フラワーカップ注目馬5選

ホウオウイクセル(5人気)→1着
エンスージアズム(2人気)→2着
ルース
ユーバーレーベン(1人気)→3着
イズンシーラブリー

フィリーズR注目馬5選

エルカスティージョ
シゲルピンクルビー(8人気)→1着
ヨカヨカ(2人気)→2着
ララクリスティーヌ
オパールムーン

【オークス注目穴馬】

優駿牝馬

ステラリア

これまで何度も本命を打っている今年注目の3歳馬牝馬で、距離を延ばした時にパフォーマンスを上げている点からすると今回の400mの距離延長もプラスに転ぶ可能性が高いだけに、他馬との単純なコース適性の比較になれば最上位クラスのタイプとみて今年のオークスの馬券はここから入りたい。

普通に走ればアッサリと思っていた前走の忘れな草賞では直線でエンジンがかかると一気に前を捉え、最後も手応えを十分に残したまま楽々フィニッシュ。この時のメンバーレベルはお世辞にも高いとは言えないものの、距離を延ばして良さが引き出てきたゴリゴリのオークス向きのタイプというのは間違いないので、素直に余力を残して勝ち切れた事を評価しておきたいレース。

2走前のクイーンカップは馬券に絡む事は出来なかったが、スタートで後手を踏んでしまい後方からの競馬になった事に加え、直線ではかなり外を回しての結果なので、着順などは全くアテにならないレースといえ、むしろ敗れはしたが最後に上り最速の脚を使って勝ち馬から0.3秒差の競馬に持ち込めたのは能力あってこその芸当と言えるのでは。

もともと早い段階で牡馬を相手に互角以上の戦いに持ち込んでいた実力馬で、桁違いの脚を使って他馬を圧倒した未勝利戦の内容を見ても能力が重賞級なのは間違いないだけに、ここで一気の頂点があっても何ら驚けない存在と言えるだろう。

中距離を経験出来ている点は勿論だが、年齢や性別を考えると現時点で輸送を2度経験出来ている点も非常に心強いので、距離適性などが未知な馬が人気を集めるようなら当然買いたいのはこちらという事になる。

ソダシ

※対抗馬のコメントなどはnote内で公開しています。

ユーバーレーベン

脚質を考えると信頼度の高い人気馬ではないかもしれないが、毎年差し、追い込み馬が台頭するレースでもあるので、今回の条件なら本馬の決め手が活きる可能性が高そう。

前走のフローラステークスも直線伸びない外を通って勝ち馬から0.2秒差の3着まで詰め寄っており、その前走の内容を見る限り能力的には今回のメンバーの中に入っても間違いなく上位と言える存在。

更にこれまで距離を延ばしてパフォーマンスを上げている点からしても前走から400m距離が延びるのは歓迎だと思うので、早い段階から無理せずオークス一本に絞った事が吉と出るのでは。

☆穴人気ブログランキングへ

完全に本格化するのは秋以降の馬だと思うが、前走も直線で通ったコースを考えるとなかなか強い競馬をしていたので、ここまで人気が落ちるようなら買いでいいだろう。

中距離実績が豊富な点も心強く、ユーバーレーベン同様に決め手勝負になりやすい今回のコースも間違いなく合っていると思うので、後は減りやすい馬体を当日どこまで維持出来るか。

◎ステラリア
〇ソダシ
▲ユーバーレーベン
☆穴人気ブログランキングへ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、オークスの買い目、勝負度付きフル予想や日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【フリーウェイステークス2021予想他】5月23日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第82回 オークス(GI)>

桜花賞馬ソダシ陣営が恐れる
隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

1993年以降の優勝馬では、ダンスパートナー(G1・2勝)、エアグルーヴ(G1・2勝)、メジロドーベル(G1・5勝-2冠馬)、スティルインラブ(G1・3勝‐3冠馬)、シーザリオ(G1・2勝)、カワカミプリンセス(G1・2勝-2冠馬)、ブエナビスタ(G1・6勝-2冠馬)、アパパネ(G1・5勝-3冠馬)、ジェンティルドンナ(G1・7勝-3冠馬)、アーモンドアイ(GⅠ・5勝-3冠馬)、デアリングタクト(G1・3勝-3冠馬)などの名牝が名を連ねる。

過去10年、桜花賞組から11頭が連対、内7頭が優勝。忘れな草賞組からはラヴズオンリーユー、ミッキークイーン、エリンコート3頭の優勝馬が出ている。

過去10年、桜花賞馬がオークスを制したのはデアリングタクト、アーモンドアイ、ジェンティルドンナの3頭。その3頭は秋華賞も制し3冠馬になっている。

また、桜花賞で掲示板外からオークスで馬券圏に巻き返したのは17年アドマイヤミヤビ(桜花賞12着→オークス3着)、15年ルージュバック(桜花賞9着→オークス2着)、13年メイショウマンボ(桜花賞10着→オークス1着)の3頭。

過去10年の人気別の成績では、1人気[5.2.1.2]、2人気[1.2.4.3]、3人気[2.0.0.8]と上位人気馬が安定した成績を残している。1人気は5年連続優勝、7年連続で連対、馬券圏を外したのは2度のみと信頼できる軸馬。また、13年メイショウマンボ(9人気1着)、11年エリンコート(7人気1着)などの伏兵が優勝。二桁人気の伏兵馬は20年ウインマイティ(13人気3着)、19年カレンブーケドール(12人気2着)の2頭が馬券圏に好走。

平均配当では、馬連8980円、3連複1万2370円、3連単10万1390円。3連単では10万馬券以上が3度、最高配当では11年の54万馬券が出ている。

今年は5戦無敗で桜花賞を制したソダシが出走。桜花賞2着馬サトノレイナスはダービーに向かうため不在だが、桜花賞上位組からはファインルージュ、アカイトリノムスメ、アールドヴィーヴル、ククナ、忘れな草賞優勝馬ステラリア、フローラS組からクールキャット、スライリー、ユーヴァーレーベン、スイートピーS優勝馬タガノパッションなどがスタンバイ!
競馬セブンは人気薄確実な「隠れ穴馬」の激走情報を独占スクープ!ソダシら有力馬陣営が恐れる「隠れ穴馬」の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オークス・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第82回 オークス(GI)>

桜花賞馬ソダシ陣営が恐れる
隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

スポンサーリンク