【オールカマー2018出走馬】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、オールカマーに出走を予定しているアルアイン、ガンコ、ゴールドアクター、ダンビュライト、マイネルフロスト、マイネルミラノ、ミライヘノツバサの最終追い切りに関する記事を。

神戸新聞杯の最終追い切りに関する記事はこちら

オールカマー最終追い切り

アルアイン

少し硬さがあるもリズムは取れていて非常に力強い走り。体幹がしっかりとした馬なので全体的にフォームが乱れる事もなく、安定して駆け上がってきた。調教パートナーに遅れはしたが、脚の上がり方、手応えからするとまだまだ余裕があるのであまり気にする必要はないだろう。一週前に負荷はかかっているので、仕上がりとしてはまずまず。

ガンコ

非常に軽快な動きで自分のリズムを崩す事なくリラックスして走れている。非力さは感じるものの、馬体の張りは上々でフォームも安定している。手応えは終始楽だったが、手応え以上に大きく、そしてよく伸びた。脚もしっかりと上がっており、可動域もそれなりに広いので、休み明けの仕上がりとしては十分すぎる。

ゴールドアクター

一週前の追い切りでは少し物足りなさを感じたが、最終追い切りではその点をしっかりと修正してきた。脚の回転は相変わらず速く、今回はその回転に比例した伸びをみせる。ただ、ここでもさほど力強さは感じられず、薄い走りなのは変わりなし。それでも馬体に柔らかさが出た点、活気が出てきた点はそれなりに評価しておきたいので、ギリギリでは、あるが一応走れる状態はつくってきたか。

ダンビュライト

フォームは乱れず、頸の使い方も良く見える。脚を出すリズムも合っており、全体的にバランスの取れた走り。追われてからの反応も良く、乗ってからのスピードも抜群だった。手応え以上のものは感じられないが、それでもしっかりと追われた分だけ動けた事は評価したい。前半からしっかりと負荷をかけられたので最後は脚が前へ出なくなるが、気は最後まで抜かずに走れているので、ここは少しだけの減点としておきたい。

マイネルフロスト

頭が高く、フォームが沈まない。前走時に感じたパワフルさも感じられず、脚捌きは鈍い。やや硬さもあり、スピードにも乗れない点は当然割り引きたい。トモの張りをみても好調とは思えず、完全に仕上がり途上の段階では。動きからは買う気になれない。

マイネルミラノ

動きは大きいがその割には伸びてこない。ただ、可動域の広さや脚の上がり方は抜群で、リズム良く走れている点を考えると調子は良いのだろう。スピードを感じさせる走りの割には素軽さはないが、もっさりとした動きではないのでこの辺りは年齢的なものかもしれない。少しピリッとした面が出ているので前走を使った(内面的な)上積みはありそう。

ミライヘノツバサ

頸を使えていないのでフォームは美しいとは言えないが、脚は上がっていて地面をかき込むような力強い走りが出来ている点には好感が持てる。少し癖が強い馬ではあるが、その点を理解した上で馬を確認すると、全てが水準以上。追われた時の反応、動きも悪い印象はなくまだまだ余力がありそうな点を考えると好調と言えるのではないだろうか。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

さすがにメンバーが揃っているだけあってどの馬もある程度良く見えるが、その中でも本馬の動きが頭一つリードしている印象。この動きであれば好勝負になる。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第64回 オールカマー(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

天皇賞・秋、ジャパンカップ、ジャパンカップといった秋の王道路線を目指す馬たちが徐々に動き始めるのが9月。中山芝2200mの条件で行われる前哨戦がオールカマーだ。今年は17年ダービー馬・レイデオロを始め、皐月賞馬・アルアイン、グランプリホース・ゴールドアクターといったGI馬たちが、このレースで秋の始動戦を迎える。

ただ、実力通りに決まるとは限らないのが前哨戦。GI馬たちは本番に向けて賞金的にも余裕があるだけに「8分くらいのデキ」で出走することも珍しくなく「GIじゃ足りないからココで勝っておきたい」といった思惑を持って出走する陣営も。また、賞金的にボーダーラインにいる馬であれば「GI戦線へ向けて、最悪でも賞金加算はしなきゃアカン」と前哨戦でメイチ勝負を掛けてくる馬もいる。

しかし、こういった本音を表に出しても、陣営にとってはマイナスしかならない。そのため、ほとんどの新聞やマスコミ報道では、当たり障りないコメントばかりが並ぶことになるのだ。一方、業界最高峰とも言われる情報網をトレセン内外に持つ当社シンクタンクは、各陣営の勝負度合いから馬の仕上がり具合などあらゆる情報を入手し、どの馬が“買い”なのかを的確にジャッジすることが可能だ。

実際に当社は、昨年のオールカマーも、重賞特捜部が入手した内部情報から◎○▲の大本線3頭で【3連単2万0150円的中】をお届けしている。注目馬が集結する一戦とあって、今年も早くから有力情報を多数舞い込んでいる状況だが、今週は特別にオールカマーの【3連単勝負馬券】の情報を特別無料公開。今年も万馬券を仕留めたい方は、是非とも当社の情報を見て有効活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第64回 オールカマー(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク