【オールカマー2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、オールカマーに出走を予定しているウインブライト、エンジニア、クレッシェンドラヴ、グレイル、スティッフェリオ、トニーファイブの最終追い切りに関する記事を。

変則開催後という事もあって水曜追いの馬がいつも以上に少なかったので、有力馬の中で気になる馬がいれば明日追加で更新します。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着

先週の追い切り注目馬はダノンファンタジーが人気で1着。さすがにあそこまであからさまに動いていれば普通に結果は出るでしょう。今週も人気が強そうなレースが続きますが、何とか結果を出せるように頑張ります。

3点勝負買い目を無料公開

オールカマー最終追い切り

ウインブライト

勝負所でもたついた点やフォームの硬さをみるといかにも休み明けといった感じで、脚も思った程前へ出ない点がいかにもという感じ。多少刺さりながら走っている点もマイナスで、結局エンジンのかかりが遅かった事もあって調教パートナーに遅れを取ってしまった。身体にも相当緩さがあり、ひばらのラインやトモの張りをみても完全に次を考えたつくりとなっている。

エンジニア

頭が高くフォームは全く沈まないが、重心のブレや乱れは一切感じない。一応追われた時の反応は良く、エンジンがかかると身体を大きく使ってしっかりと伸びているが、反応が良い割にはスピードに乗り切れていないように見えるので、良くも悪くも平凡な追い切りと言えるだろう。ただ、馬体の張りや地面を蹴る力強さはなかなか見どころがあった。

クレッシェンドラヴ

発汗が目立っている点は気になるが、頸の使い方が非常に上手く、フォームや脚捌き、身体の使い方は先週の追い切りとは動きが一変した。前脚を付け根からしっかりと出せている点にも好感が持て、エンジンがかかると相手を一気に突き放してグイグイと力強く伸びた。先週の動きと総合して考えるとあまり強気な事は言えないが、今週の動きだけ馬をみると普通に良い追い切りを消化出来たと言えるだろう。

グレイル

線が細く動きは軽すぎる印象を受けるが逆に乗った時のスピード感は抜群で、脚を大きく前へ出して楽な手応えで駆け抜けた。内面はまだピリッとしていないが、それでもこれだけの反応や動きを披露出来るという事は、使われた次はもっと動けるという事になるか。少し評価が難しい1頭となるが、今回の動きも決して悪いものではないので、この馬なりに力は出せる出来にあるだろう。

スティッフェリオ

フォームに乱れはないが、脚が大きく外へ流れており、力強さには欠けるような動き。ただ、脚と頸を出すリズムは抜群で、身体を大きく使った走りが目に付いている。調教パートナーとの手応えの差も歴然で、あっと言う間に相手との着差を広げ、軽快に走り切った点は素直に評価出来るだろう。シンプルに良い追い切りを消化出来た。

トニーファイブ

フォームの乱れとリズムの悪さが目に付いており、脚も大きく外へ流れる。その影響でスピードにも全く乗れておらず、こじんまりとした非力な走りが逆に目立っていた。普通に追い切りから買える要素は見当たらない。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

追い切りの動き通りなら面白い一頭でしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第65回 オールカマー(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年の競馬は、外厩制度と仕上げ技術の向上によって、いわゆる王道ローテーションが形骸化しつつある。天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念からなる秋古馬三冠だが、3戦全て出走するような有力馬はホボいなくなった。そこには、有力馬を多数抱える大手生産者グループ、中でも今の競馬界を席巻するノーザンファームの“使い分け”によるところが大きい。

かつて、オールカマーは天皇賞にあまり直結しないステップとして知られていたが、去年の勝ち馬レイデオロはココから始動して本番もキッチリと制覇。2着アルアイン、3着ダンビュライトと、ノーザンファーム生産馬が上位を独占する結果となった。2万0150円的中となったその前年も、ルージュバックとステファノスのノーザンファーム生産馬によるワン・ツー決着と、やはり古馬中長距離路線はノーザンファームの思惑抜きで馬券を考えるのは極めて難しいと言えるだろう。

今年も連覇がかかるレイデオロが参戦。宝塚記念の敗戦からリスタートとなる1戦だが、主戦のルメール騎手は同日の神戸新聞杯のサートゥルナーリアに乗るため、代打として福永騎手が手綱を取ることになった。これまで、騎乗停止以外ではルメール騎手以外が乗ることのなかった馬に、別の騎手が乗るという意図はどこにあるのか。まして、ルメール騎手はノーザンファームの主戦である。この表にまず出ない思惑は重要なポイントとなるだろう。

もちろん、ノーザンファームの思惑だけで的中を掴めるわけではない。中山はトリッキーで適性が大きく影響するコースだけに、「中山なら一発あっていい」「ウチはココ狙い」と大駆けを狙う陣営が例年少なくない。高配当決着の可能性も秘めているレースなのだ。

競馬界の大物OBや大物関係者が情報ルートとして名を連ね、業界最高峰の情報網と自負するシンクタンクには、あらゆる関係者から話を入手することができ、世間一般には公表されないような陣営の思惑、裏ネタなども把握することができる。そうした情報を、我々は公開できる限りでお伝えしている。今週はオールカマーの関係者情報と、【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。毎年、天皇賞、ジャパンカップといったGIにも繋がる情報も少なくないので、チェックしておくことを強くオススメする。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第65回 オールカマー(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク