【オーシャンステークス2018予想】本命ビップライブリー

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は中山メイン、オーシャンステークスの予想を。フミノムーン、アルティマブラッド、ジューヌエコール、キングハート、ネロ、ダイメイフジ、スノードラゴン、ナックビーナス、レーヌミノル、ロードクエストなどが出走予定。

やはり土曜は買いたいレースが全くないという状況なので、今週は普通に重賞の記事を更新する事にしました。明日は買いたいレースがかなりありますが、あまり地味なレースを更新するのもどうかと思うのでおそらく阪神メインあたりを更新する事になると思います。では本題の予想へ。

―【PR】―――――――――――――――

凝縮された濃厚な情報公開まで…残り僅か!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

競馬は「実益」になる!

少しでも多くの方へ
的中する喜びを届けたい!

鉄板級とも言える極秘情報を無料でお届け!

今週は【弥生賞】

の、濃厚な情報を公開決定!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■最近の的中実績の一部がこちら!

02/25・小倉12R  11万8900円的中
02/25・中山01R  187万5200円的中
02/12・東京09R  1万1200円的中
02/12・東京04R  39万6200円的中
01/28・京都12R  80万6600円的中
01/28・東京04R  23万300円的中
01/28・東京04R  23万300円的中

濃厚な極秘情報を受取る

━━━━━━━━━━━━━━━━━

オーシャンステークス

本命はビップライブリー

前走の阪神カップでは10人気ながら骨っぽい相手に5着と健闘。4着のモズアスコットが先日の阪急杯で2着に好走しており、その時の上位入線馬であるイスラボニータ、ダンスディレクター、サングレーザーも不在の今回は相当相手が楽になる印象で、ゴール前の手応えこそ違えどモズアスコットと0.1秒差と差のない競馬をしたこの馬も能力は重賞で勝ち負け出来るレベルだろう。

馬場や展開、枠順の恩恵があったにしても3走前のスワンステークスではレッツゴードンキとタイム差無しの競馬をしており、2走前の京阪杯でも最後はしぶとく伸びて2着。1200m戦は意外にも京阪杯の1戦のみではあるが、あのレースをみる限り特に問題があるようにも思えず、むしろ1400mの重賞で一押し足りない分、今回の距離短縮が良い刺激になる可能性も考えられる。坂があるコースで実績がある馬なので初の中山コースもおそらく大丈夫。理想的な枠を引けたここは上位争いになるだろう。

対抗は穴人気ブログランキングへ

近走は見せ場無しの競馬が続いているが、決して力負けではなく枠や馬場などが影響していてのもので、過去の成績をみても好枠を引けたと言える今回は久々の好走がみられても。終わりそうで終わらない血統なだけに条件が好転するここは思い切って狙う価値はあるだろう。激走があるなら相手が楽になる今回とみる。

▲はスノードラゴン

今回と同じ舞台の去年のスプリンターズステークスでは最下位人気ながら4着に好走。前走もダートではあるがしっかりと連を確保しており、10歳とはいえ得意の中山コースであればまだまだやれる力はある。さすがに上積みには期待は持てないが、差しが決まりやすいこのレースであれば一発があっても。

狙い所は完全に前走だっただけにここで評価するのはどうかと思うが、好枠を引けた☆フミノムーンを4番手としておく。

◎ビップライブリー
〇穴人気ブログランキングへ
▲スノードラゴン
☆フミノムーン
△ナックビーナス
△ダイメイフジ
△キングハート
△ロードクエスト
△レーヌミノル
△ネロ
△アルティマブラッド

穴対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第55回 弥生賞(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
弥生賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

牡馬クラシック第一弾・皐月賞の前哨戦となる弥生賞。コースや距離も同条件となり本番前の重要なトライアルレースとなる。過去の勝ち馬には名馬揃い。3冠馬ディープインパクトを筆頭にクラシック路線での活躍馬や古馬でもGI戦線で中心になっていた馬が多く出世レースでもある。弥生賞を勝てば将来の出世は約束されたものになる。

過去20年の弥生賞で成績上位の騎手では武豊(5勝2着4回)、福永祐一(3勝2着1回)、横山典弘(1勝2着4回)と3人が弥生賞での連対が多い。過去10年、中山2000Mでの騎手の成績(20回以上騎乗)、ベスト5はC.ルメール[14.7.5.23]連対率42.9%、M.デムーロ[4.9.1.23]連対率35.1%、川田将雅[6.4.2.21]連対率30.3%、戸崎圭太[28.26.17.119]連対率28.4%、福永祐一[6.9.7.32]連対率27.8%。美浦所属で騎乗回数の多い戸崎の連対率の高さが目立つ。

90年以降、無敗で弥生賞を制したのはフジキセキ、アグネスタキオン、ディープインパクト、ロジユニヴァース、サトノクラウン、マカヒキの6頭。今年は朝日杯FSを制した2歳王者ダノンプレミアム(3戦無敗)、東スポ杯2歳Sの勝ち馬ワグネリアン(3戦無敗)、オブセッション(2戦無敗)、ホープフルS2着馬ジャンダルム(3戦2勝)などの素質馬が激突。無敗馬3頭の対決にも注目が集まるが、前哨戦を制するのは果たして!?

競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済ですので週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『弥生賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク