【オーシャンステークス2020予想】本命レジーナフォルテ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、オーシャンステークスの予想を。タワーオブロンドン、ダノスマッシュ、ナックビーナス、ハウメア、ダイメイプリンセスなどが出走する芝1200mのG3レース。

先週に引き続き今週も無観客での開催となりました。

こればかりは仕方がないと思いますが、やはりJRAの判断か中途半端過ぎるのは気のせいではないと思うので、このまま1ヵ月ほど無観客での開催を続けるべきだと思いますが…。

なお、今週は土日共に試験的(メモ用)にちょっとした印を残しておきますが、こちらの印は予想ではありませんので今は気にしないでスルーして下さい。

中山

3R★アシャカトライミー

5R★コパノカリブ

12R★デッドアヘッド

阪神

9R★センスオブワンダー

12R★タイセイビルダー

中京

3R★グラナートロート

8R★アヴォンリー

11R★ケワロス

繰り返しになりますがこれは今後のメモ用で残しているだけなので予想ではありません(後々ネタバラシします)。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

オーシャンステークス

本命はレジーナフォルテ

千直がベストの馬なので今回のコースで本命を打つ馬ではないかもしれないが、その千直に次いで福島1200m、そして中山1200m戦を得意としている馬なので、勢いのある今であれば重賞でも面白さがあるのでは。

枠の恩恵はあったにしろ、2走前のルミエールオータムダッシュで千直巧者であるライオンボスを差し切った内容がなかなか優秀だったが、前走のカーバンクルステークスでも外差しが決まる馬場の中を逃げて勝ち馬とは0.1秒差の競馬に持ち込んでいるので、相手が強くなるここでもこの馬のスピードを活かせる展開に持ち込む事が出来ればバタッと止まるような事はないとみる。

この馬の爪の状態や特徴を考えると馬場だけは心配だったものの、当日はどうやら雨の心配はなさそうなので、時計勝負になれば大物食いがあってもいい。一見マイナスになりそうな外枠も不器用なこの馬にとってはプラスに転ぶだろう。

対抗はダノンスマッシュ

香港スプリントは強豪馬が相手だった事もありある意味当然と言える結果ではあるが、勝ち馬から0.4秒差の競馬なら着順以上に評価出来る結果と言えるのでは。

ここまでなかなかG1では結果を出す事が出来ていないが、いつでもタイトルを手に入れる事が出来るだけの能力は秘めている馬なので、前哨戦とはいえ、G3のここなら当然勝ち負けにならないと困るぐらいの存在か。

前走先着を許してしまったタワーオブロンドンが58キロでの競馬に対してこちらは56キロでの競馬ならさすがに今回は遅れを取る訳にはいかない。

ナックビーナス

ベストの舞台設定である中山1200m戦での競馬なら今回も無難に結果を残してきそう。58キロを背負って勝利したラピスラズリステークスの内容が圧巻で、54キロだったハウメアを0.4秒千切っている段階でこの舞台への適性が相当高いとわかるだろう。ここは鞍上込みでそれ相応の印は必要となる。

人気ブログランキングへ

ギリギリまでレジーナフォルテとこの馬のどちらを本命にするか迷ったが、枠や人気を考えてこちらを4番手にする事に。前走は直線でロスがありながらも見せ場たっぷりの競馬に持ち込んでおり、今回はその前走からあらゆる条件が好転する事になるので、3強に割って入る資格は十分にある馬だろう。

◎レジーナフォルテ
〇ダノンスマッシュ
▲ナックビーナス
人気ブログランキングへ
△タワーオブロンドン
△ハウメア

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

案外印は絞れたので、ここは☆からの縦目も少し買ってみたい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第57回 弥生賞(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年亡くなったディープインパクトの功績を讃え、今年より弥生賞ディープインパクト記念と名称が変わったものの、皐月賞のトライアルレースかつ、クラシックを占う上で注目のレースという位置づけはこれまでと同様だ。

しかし、近年は外厩制度の充実で、調教技術の発達が進み、過去のような“王道ローテーション”が失われつつあり、このレースから皐月賞を制したのは2010年のヴィクトワールピサまで遡らねばならない。ココへ出走してくる陣営、特にクラシック戦線に有力馬を多数送り込むことになるであろうノーザンファーム関連馬には注目せねばならない。

無論、ノーザンファーム関連馬が必ずも勝ち負けになるという話ではない。事実、メイショウテンゲン、ダノンプレミアム、カデナと、ここ3年の勝ち馬は全て非ノーザン、非社台グループの馬なのだ。

トライアルの基本的な考え方として、「ココが叩き台」の馬もいれば、「確実に権利を取りたい」と勝負を懸ける馬もいるわけで、表向きの建前コメントでジャッジするには難解なレースになってきている。

弊社シンクタンクは、競馬界の大物関係者を多数情報ルートとして揃え、騎手、厩舎、馬主、エージェント、外厩、牧場などなど、あらゆる人物から建前ではない本音を聞き出せる態勢を整えている。弥生賞に関しても、レースの核心に迫る、的中に繋がる情報を入手することができる。

競馬界には『建前ではない本音の情報』があることを、一人でも多くの競馬ファンの方に知ってもらうべく、シンクタンクが入手した弥生賞の関係者情報と絶対に買うべき【5頭の馬券候補】を無料公開する。ココでしか知ることができない情報をぜひとも見ていただきたい。馬券を買うつもりなら、『マスト』と言っていい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第57回 弥生賞(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク