【大井記念2019予想】本命タービランス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は22日の大井メイン、大井記念の予想を。リッカルド、サウンドトゥルー、センチュリオン、タービランス、ヒガシウィルウィンなどが出走するダート2000mのS1レース。

先週行われた川崎マイラーズは◎キャプテンキング〇クリスタルシルバーが馬券になるもまたまた相手抜け。

東京湾カップの☆サクセッサー◎グリードパルフェやかしわ記念の〇ゴールドドリーム◎インティ(ここは相手抜けではないですが、買い方がハマらず)、兵庫チャンピオンシップの〇クリソベリル◎ヴァイトブリック、かきつばた記念の▲ゴールドクイーン◎ヤマニンアンプリメなど、とにかく今年は激しく相手が抜けてしまいます。

ただ、先週は本線的中まであと一歩という感じだったので、変に点数を増やさずにここはハマるまで我慢して購入したいと思います。

週末の日本ダービーに関する記事はこちらから。

大井記念

本命はタービランス

報知グランプリカップ、報知オールスターカップで戦った相手のその後を考えると強気な事は言えないが、この馬はそれ以上に前走の内容を評価したい。

その前走のブリリアントカップは2着に敗れているが、勝ち馬は先日の川崎マイラーズを圧勝したキャプテンキング。その馬とタイム差なしの競馬なら負けて強しといえ、引き続き得意の大井での競馬ならここも無難に走ってくる可能性が高いのでは(3着馬のクリスタルシルバーも好走しているので単純にレベルが高いレースだった)。

問題はまだ一度も勝利した事のない2000mという距離になるが、勢いのあったリッカルド相手の2着や中央馬が相手となる東京大賞典など、ほとんどがレベルの高かったレースでの結果なので、この距離に適性がないという事は考えられない。

その他の有力馬であるリッカルド、ヒガシウィルウィン、サウンドトゥルーなどは近走勝てない競馬が続いているので、今の本馬の勢いを考えると一番勝利に近い存在と言えるのでは。

対抗はヒガシウィルウィン

こちらもレベルが高かった前走ブリリアントカップ組で、キャプテンキング、タービランスには離されてしまったが、3着馬のクリスタルシルバーとは僅か0.1秒差の競馬。今回は久々の2000m戦となるが、東京ダービー、ジャパンダートダービーと連勝した距離、舞台ならここは申し分ない条件と言えるだろう。巻き返し濃厚とみての2番手。

センチュリオン

正直未知な部分が多すぎてどこまで評価するか迷った1頭ではあるが、これまでの経験値や戦ってきた相手のレベルを考えるとここでもモノが違う可能性も十分考えられる。ただ、前走の内容が可もなく不可もなくといった感じなので、ゴリゴリにタフさを求められる展開になると案外見せ場すらつくれないというパターンもありそう。ピンパータイプとしての扱いでとしておく。

リッカルド

4連勝した時は中央馬が相手でも通用するかと思ったが、帝王賞、エルムステークスと後一歩の競馬が続き、その後も勝てずにシーズンを終えた。今回は約半年ぶりの競馬となるが、休ませた事で馬に闘志が戻っていれば、再び強いリッカルドが見られるかもしれない。

◎タービランス
〇ヒガシウィルウィン
▲センチュリオン
☆リッカルド
△モジアナフレイバー
△ヤマノファイト
△ウマノジョー
△ディアデルレイ
△ワンフォーオール

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第86回 日本ダービー>

乗り替りのサートゥルナーリア
は大丈夫!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

牡馬クラシック第一弾・皐月賞は1番人気のサートゥルナーリアが無キズの4連勝で一冠目を奪取。着差は僅かアタマ差であったものの、レース前から複数の他陣営に「あの馬は別格」と評されていただけあって、休み明けでもしっかりと勝ち切る辺りに底知れない地力を感じさせる。

ただ、皐月賞でコンビを組んだルメール騎手が騎乗停止のため、ダービーでは乗り替わりを余儀なくされるアクシデント。短期免許で来日予定のレーン騎手を手配する予定になっているが、さすがに周りのジョッキーたちも「テン乗りで勝たすまい」と包囲網を敷いてくるはず。一度使っての上積みもあるにしろ、皐月賞より厳しい競馬になることが想定される。皐月賞直後は「ダービーもあの馬で仕方ない」といったムードが漂っていたが、この乗り替わりでトレセンの雰囲気も一変した。

当然、皐月賞2着のヴェロックス、3着ダノンキングリー辺りはダービーでの巻き返しを誓うところ。特にヴェロックスの主戦・川田将雅騎手はダノンチェイサーとのコンビで挑んだNHKマイルCで、ルメール騎手のグランアレグリアから悪質なタックルを食らって4着に敗れた。ダービーに向けての執念・意地といった点では、どのジョッキーよりも熱いモノを心に秘めているに違いない。4着ダノンキングリーの主戦・戸崎圭太騎手も昨年のダービーでエポカドーロを駆り、僅差の2着に敗れているだけに、今年こそリベンジしたいと考えているはずだ。

そして何より、2歳時にサートゥルナーリアの主戦を務めたMデムーロ騎手はNHKマイルC終了時点で騎乗馬未定となっているだけに、他陣営からの代打騎乗でサートゥルナーリアを意識した競馬をする可能性もある。今年のダービー、無敗の皐月賞馬を中心に回っていくことは間違いないが、世間の評価とは裏腹に、混戦ムードが漂い始めたのもまた確かな事実である。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日本ダービー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク